調べる

10kはいくら?円やドルなどお金、フォロワーの人数まで「k」という単位について解説

 

”10K”という数の表記の仕方があります。

 

”K”は”1,000”を略した表記で、”10K”=10,000という数になります。

 

”K"の意味が分かったところで、この”K”という表記が円やドルという単位の違いでいくらになるか変わるのでしょうか?

 

また、インスタなどのフォロワー数でも”K"という表記を見たことがあると思います。

 

そこでの”10K”だと、何人になるのでしょうか?

 

こちらでは、そんなわかるようで分からない!今さら聞けない!”K"の表記について解説していきます。

 

ドルや円などの単位を使っていくらになるのか、分かりやすく丁寧に解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

 

 

10kはいくら?円やドルなどお金の単位に使われる場合

10kはいくら?円やドルなどお金の単位に使われる場合

 

生活している中で、3Kだとか10Kだとかの数字の単位表記を目にしたことがありませんか?

 

あまり多く使われる単位ではありませんが、皆さん一度は見たことがあるのではないでしょうか。

 

冒頭分で明記したとおり、”K”は、”1,000”を表します。

 

それでは、”10K”を具体的に円やドルで例えてみましょう。

 

”10K円”は”10×1,000”で、10,000円となります。

 

”10Kドル”も同じで、”10×1,000”で、10,000ドルとなるので、日本円だと約100万円です。

 

(※1ドル100円で考えた場合)

 

つまり”K”は外貨であろうと、日本円であろうと同じ”1,000”という数字を略した表記となります。

 

 

インスタやTiktokのフォロワー、10kは何人?

インスタやTiktokのフォロワー、10kは何人?

 

インスタグラムや、Tiktokでもよく”10K”などの単位でフォロワー数が表示されています。

 

こちらも、先ほどとと同じで”K”=”1,000”です。

 

なので10Kだと、フォロワー数は1万ということになります。

 

なぜKという表記を使う?

 

なぜ、わざわざ”K”という単位にしているのでしょうか?

 

答えは単純で、数字が大きくなればなるほど羅列が長くなるので、簡潔に表記することができます。

 

例えば、インスタのフォロワー数が最も多いアカウントはインスタ自身の公式アカウントです。

 

(※2021年2月時点)

 

その数は、3.8億人となるのですが、380,000,000人と書かれてもパッと見て何人なのか、わかりにくいですよね。

 

日本でも、”百””千””万””億””兆”と単位を作ることで、大きい数字になっても、身近に感じられます。

 

これを世界共通の単位として使っているのが、”K”という表記なのです。

 

この「k」今更だけど何て読む?

この「k」今更だけど何て読む?

 

自分から頻繁に使うことはない単位なだけに、読み方が分からない!という方もいると思います。

 

ですが、読み方はそのままで”ケー”と読みます。

 

例えば、”1K”は”イチケー”です。

 

拍子抜けするくらいそのままですね。

 

これからは胸を張って”イチケー”と言いましょう。

 

Kに続く「M」「G」の大きさは?

 

”M”はミリオンの略で、1,000,000という数字です。

 

"10K"と同じように換算すると、”10M”は10,000,000になります。

 

”G”はギガの略で、1,000,000,000という数字です。

 

"10K"と同じように換算すると、”10G”は10,000,000,000になります。

 

これだけ見ていると、ものすごい大きな数字に感じて、まったく頭に入ってこないですね。

 

数字に使われるkと、コンピューター用語のkは違う

数字に使われるkと、コンピューター用語のkは違う

 

さて、これまでに”K”や”M"の単位について説明しました。

 

実は一般的に使う”K”以外でも、コンピューターの業界用語として使う場合があります。

 

まず、”K”読み方は”ケー”ではなくなり、”イチキロ”です。

 

そしてこちらは、コンピューター用語では”1K”=10の3乗という数式で考えるようです。

 

10の3乗を数式に直すと、10×10×10なので、”1,000”という最終的な数字は一緒です。

 

ちなみにK””より上の単位は、

 

”1M(イチメガ)”=10の6乗(1,000,000)

 

”1G(イチギガ)”=10の9乗(1,000,000,000)

 

”1T(イチテラ)”=10の12乗(1000,000,000,000)

 

のように表現します。

 

1000倍表記であることは同じですが、データ通信の規格として使われる業界特有の単位として存在します。

 

スマホのデータ量などで、1MB(メガバイト)や1GB(ギガバイト)と表すのは、IT業界用語の一つだったのですね!

 

 

まとめ

 

最後に、解説内容のおさらいをしましょう。

 

・”K”は”1,000”の略で、”10K”=10,000

 

・円やドル、インスタのフォロワーでも数え方は同じ

 

・読み方は”ケー”でそのまんま

 

・”K"の上は”M”(ミリオン)、”G”(ギガ)とあるが、いずれも1,000の倍数の略

 

・コンピューター用語では、同じ数字ではあるが、”K”=10の3乗(1,000)というふうに数式で考える

 

以上、今さら聞きにくい・・”K"の単位の解説でした!

 

スポンサーリンク

-調べる

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.