食べ物・グルメ

生クリーム開封後の消費期限は何日?賞味期限切れの見分け方(分離する・固まる)

生クリームの開封後の消費期限は、種類によって違いがあります。

 

製品の種類別表示が純生クリームと書いてあるものは開封後2日くらい、ホイップクリームは5日くらいです。

 

原料や添加物によって保存できる期間が違いますが、どちらも開封後はなるべく早く使ったほうが良いようです。

 

未開封の場合でも、純生クリームとホイップクリームでは賞味期限切れ後の保存可能期間が違います。

 

未開封で賞味期限が切れたあとも、純生クリームは1週間、ホイップクリームは1か月くらいは問題なく食べれそうです。

 

あくまで目安なので、状態を確認して分離していたり、固まってないかよく確認してくださいね。

 

それぞれのクリームや消費期限について、具体的に見ていきましょう。

開封後の消費期限は何日ぐらい?

開封後の消費期限は何日ぐらい?

生クリームの開封後は早めに使い切りましょう。

 

開封後の賞味期限は商品に記載がないので困りますよね。

 

生クリームには種類があり、このうち動物性の純生クリームは開封後2日くらい、植物性のホイップクリームでも5日くらいを目安にします。

 

開封後の保存状態によって、これより早く傷んでしまうこともあります。

 

次の点を参考に見極めることで、より安全に生クリームを使うことができます。

 

・黄色っぽく変色していないか

・固形分ができて分離していないか

・液状を保っているか

・酸っぱいにおいがしないか

・なめてみて苦味、酸味がないか

 

開封後すぐに消費できなかった分は、冷凍保存したり、加熱して使うとさらに安心ですね。

 

生クリームは冷蔵庫で保存しないとダメ?

生クリームは冷蔵庫で保存しないとダメ?

種類にかかわらず、生クリームは冷蔵保存しましょう。

 

製品には要冷蔵、10℃以下で保存するように記載があります。

 

常温に放置すると腐ってしまうので、必ず冷蔵庫で保存しましょう。

 

冷蔵庫でも、振動や温度変化の多いドアポケットに保存するのは控えたほうがよさそうです。

 

保存状態が悪いと、賞味期限内であっても変質してしまうかもしれません。

賞味期限切れの見分け方は?

賞味期限切れの見分け方は?

生クリームが賞味期限切れになってしまってもまだ大丈夫です。

 

生クリームには動物性の無添加純生クリームと、植物性の添加物が入っているホイップクリームがあります。

 

クリームの種類によって、賞味期限が切れた後の日持ちが変わってきます。

 

2種類のクリームについて詳しく見ていきましょう。

純生クリーム

動物性脂肪からできている脂肪分18%以上で、添加物の加えられていないものを言います。

 

これを純正生クリームまたは純生クリームと呼びます。

 

動物性の乳脂肪分から出来ていて、添加物も入っていないので変質・劣化しやすいです。

 

表示の賞味期限が過ぎてから1週間くらいまでが目安です。

ホイップクリーム

植物性脂肪から出来ている、植物性脂肪に動物性脂肪が入っている、添加物の入っているものを言います。

 

これをホイップクリームと呼びます。

 

植物性の油脂に乳化剤や保存料を添加しているので、純生クリームより賞味期限が長いです。

 

ホイップクリームは表示の賞味期限を過ぎて1か月くらいまでが目安です。

 

どちらもメーカーの賞味期限は過ぎてしまうと品質が劣ります。

 

使用前にクリームの状態をよく確認してから使いましょう。

 

・黄色っぽく変色していないか

・固まってツブツブができたり分離していないか

・液状を保っているか

・酸っぱいにおいがしないか

・なめてみて苦味、酸味がないか

 

異常があったら使わないようにしてください。

余った生クリームの保存方法、冷凍できる?

余った生クリームの保存方法、冷凍できる?

余った生クリームは冷凍保存もできるんです。

 

冷凍すると風味や食感が少し変わってしまうので、デリケートなお菓子作りには向かないかもしれませんね。

 

液状のものは料理に使ったり、泡立てた生クリームはお菓子やコーヒーのトッピングにも。

 

液状のままでも、泡立てたあとの状態でも冷凍保存ができます。

 

液状の生クリームは、少量ずつ使う場合、製氷皿を利用すると便利ですよ。

 

泡立てたものは、小さく絞り出して凍らせた後、一つずつ包んで保存すると小分けにできて便利です。

 

どちらも凍らせた後に密閉できる袋などに入れて保存します。

 

まとめ

生クリームには原料や添加物の違いによって種類があり、賞味期限もそれぞれ違いがありました。

・純生クリーム

動物性脂肪から作らている、無添加、賞味期限は短い、賞味期限切れ後は1週間まで使える

 

・ホイップクリーム

植物性脂肪が含まれている、添加物が入っている、賞味期限が長い、賞味期限切れ後も1か月くらい使える

 

開封後や賞味期限切れ後に使用する場合は、状態を見て固まったり分離したり異常がないか確認してから使うようにしましょう。

 

お菓子作りや料理でよく余ってしまう生クリームですが、冷凍保存もできるので無駄なく有効に使っていきたいですね。

スポンサーリンク

-食べ物・グルメ

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.