Amazonで再配達できないときの対処法まとめ|daから始まる追跡番号や12桁の数字を確認する方法など

Amazonで再配達できないときの対処法は2つあります。

  1. Amazonのカスタマーサービスに問い合わせする
  2. 不在連絡票から再配達受付する

それぞれ詳しく説明していきますね。

daから始まる追跡番号を確認する方法は、不在連絡票に記載してあるトラッキングIDで確認できますよ。

12桁の数字を確認する方法は、注文した商品の配達状況で確認しましょう。

本記事では、「不在票がなしでも再配達はできないの?」「Amazonの配送業者であるデリバリープロバイダについて」も紹介していきますね。

Amazonで再配達できないときの対処法まずはこれ

Amazonで再配達できないときの対処法まずはこれ

対処法は2つありますので、それぞれ紹介していきますね。

①Amazonのカスタマーサービスに問い合わせしてみましょう。

Amazon公式サイトのカスタマーサービスをクリックすると、配送業者の連絡先が表示されます。

配送業者の連絡先から、荷物の追跡や再配達の依頼ができますよ。

Amazonが配送業者の場合は、Amazonのデリバリープロバイダが直接発送しています。

デリバリープロバイダとは、大手の配送業者ではなくAmazonが直接配送しています。

また、配達状況を確認したい場合は、注文履歴のページで確認しましょう。

②不在連絡票から再配達受付をしましょう。

Amazonは、ヤマト運送や佐川運送など大手の配送業者と提携して荷物を発送しています。

荷物の受け取りができなかった場合には、大手の配送業者だとポストに不在連絡票が入れてあります。

その場合は、不在連絡票から再配達依頼をしましょう。

daから始まる追跡番号はどこにある

daから始まる追跡番号はどこにある

daから始まる12桁の追跡番号は不在連絡票に記載されてありますよ。

Amazonでは、トラッキングIDと記載されているのが追跡番号になります。

注文した商品の追跡をしたい時に、問い合わせ番号が見つからない時はトラッキングIDの番号を確認しましょう。

また、記載されていない場合や読めない場合は、Amazonの注文履歴から確認して下さいね。

daから始まる追跡番号の配送業者は?

daまたは99から始まる追跡番号の配送業者は、Amazonが直接配送しているデリバリープロバイダです。

Amazonデリバリープロバイダは頭文字をとって「ADP」とも呼ばれています。

ADPが配送業者に指定される可能性が高い場合は、忙しい時期の注文や予約商品などの時です。

再配達が来ない場合は、ADPの場合が高いので注意しましょう。

お問い合わせ番号の12桁を確認する方法

お問い合わせ番号の12桁を確認する方法

お問い合わせ番号の12桁は、トラッキングIDと記載されているものです。

確認する方法は、注文した商品の配達状況で確認することができますよ。

また、配達状況はAmazonの注文履歴から確認しましょう。

配達状況を確認する他の方法とは?

お問い合わせ番号が分かっていれば、グーグルの検索ボックスに12桁の番号を入力しても配達状況を簡単に確認することが出来ますよ。

やり方を紹介していきますね。

まず、検索ボックスに「お問い合わせ番号12桁」を入力しましょう。

次にヤマト運送・日本郵便・佐川急便の3つから自分の配送業者を選択して下さい。

すると、配達状況が確認できるため便利ですよ。

自動音声で再配達できないケース

自動音声で再配達できないケース

自動音声で再配達できないケースは、Amazonの配達業者のADPですね。

ADPの再配達依頼電話番号である0120-899-068にお問い合わせしても、再配達できないという不具合が起きているそうです。

記事の前半でもお伝えしましたが、ADPはヤマト運送や佐川急便などの大手配送業者ではありません。

ADPは地域限定の中小配送業者で、人で不足のため大手の配送業者だけではAmazonの荷物配送が間に合わなくなり、依頼するようになりました。

Amazonが提携している地域限定の配送業者とは?

現在、AmazonがADPとして提携している配送業者は次の9つです。

  1. SBS即配サポート
  2. TMG
  3. 遠州トラック
  4. ギオンデリバリーサービス
  5. 札幌通運
  6. ヒップスタイル
  7. 丸和運輸機関
  8. ロジネットジャパン西日本
  9. 若葉ネットワーク

以上が地域限定の配送業者になります。

不在票なしで再配達はできない?

不在票なしで再配達はできない?

不在票なしでも再配達はできますよ。

ただし、配送業者がAmazonの時に限るので注意しましょう。

方法は2つありますので、それぞれ紹介していきますね。

①Amazonアプリを利用する

Amazonアプリは、アプリ画面の人型アイコンから「注文履歴」を選択し再配達依頼を行いましょう。

②Amazonサイトを利用する

  1. サイト画面右上にある自分のアカウント名から注文履歴をクリックしましょう。
  2. 注文履歴から再配達依頼で、荷物を配達する日時と時間を指定する
  3. 「注文が正常に再スケジュールされました」したら完了

この2つの方法で再配達して下さい。

最後に、ADPの配送業者に回避する方法を紹介していきますね。

Amazonで配送業者ADPを回避する方法は?

荷物の配送でトラブルを避けるためには、配送業者ADPをなるべく回避する必要があります。

ほとんどのADPは、荷物の発送が自宅配送なので指定が可能であればコンビニ受け取りをおすすめします!

コンビニの受け取りであれば、日本郵便は「ローソン」・ヤマト運送は「ファミリーマート」とそれぞれのコンビニによって配送業者が決まっているからです。

ADPを避けたいという人は、コンビニで荷物の受け取りを指定しましょう。

まとめ

今回は、Amazonで再配達できないときの対処法を紹介しました。

対処法は、「Amazon公式サイトのカスタマーサービスにアクセスする」「不在連絡票から再配達受付する」があります。

本記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。