食べ物・グルメ

ブロッコリーが変色して黄色い・茶色い、食べられる?を解決|紫っぽい品種があるの?なども詳しく紹介

ブロッコリーが黄色に変色してしまった場合は問題なく食べることはできます。

しかし、茶色に変色してしまった場合は変色した部分を切り落として食べるか、全体的に茶色に変色している時は食べるのを控えたほうがいいでしょう。

 

 

ビタミン豊富でお弁当や食卓の彩りに活躍するブロッコリーですが、買ったけど冷蔵庫に数日放置したら「色が変わってきちゃった!!」なんてことありませんか?

 

結構私は放置しすぎて変色した経験があります・・・。

 

茹でてマヨネーズだけで食べたり、ソテーにしたりとブロッコリーはおいしいですよね。

 

茎の部分も捨ててしまいがちですが、とても甘みがあり、炒め物などにいれてもおいしく食べることができます。

 

 

今回は黄色や茶色に変色したブロッコリーは食べられるのか?変色防止する方法はあるのかを解決していきましょう。

 

変色して黄色、茶色になってるブロッコリーは食べられる?

黄色に変色してしまったブロッコリーは食べても問題はありませんが、できるだけ早めに食べることをオススメします。

 

茶色に変色した場合は変色してしまった部分だけを切り落とでば問題なく食べられますが、全体的に茶色になった場合は食べるのを控えましょう。

 

また、変なにおいやぬるぬるしてきたら処分するのがよいです。

 

 

変色してきたら鮮度も栄養価も落ちてきてしまうのでできるだけ早め食べるようにしましょう。

 

ブロッコリーが黄色や茶色に変色する原因は?

ブロッコリーが黄色や茶色に変色する原因は?

買った時は緑だったのに、数日放置しただけで変色するブロッコリー。

ブロッコリーは緑、黄色、茶色の順番で変色していきます。

ブロッコリーは「花芽野菜(ハナメヤサイ)」や「緑花野菜(ミドリハナヤサイ)」とも呼ばれており、花を食べる野菜なのです!!

フサフサの部分は花のつぼみになっているので、黄色く変色しているのはつぼみが膨らんできたり、開いている状態でさらに鮮度が落ちてくると黄色から茶色へと変色していきます。

 

紫っぽい品種がある?

紫っぽい品種がある?

私はなかなかお目にかかったことがないのですが、スーパーなどにたまに紫のブロッコリーが並んでいる時があります。

紫色のブロッコリーは緑のブロッコリーより、栄養価が高く甘みも強いとされています。

また、なぜ紫色なのか?というとポリフェノールの一種でアントシアニンという成分が表面上に出てきたからなのです。

生の状態だと紫色なのですが、ゆでると元の緑に戻るそうです。

おもしろいブロッコリーですね。

 

変色防止の方法はある?

変色防止の方法はある?

ブロッコリーの変色を防ぐ方法もあります。

生の状態だと変色が進んでしまうので、茹でて加熱が進まないようにしっかり冷やしてあげると変色防止になりますよ。

しかし、栄養価の高いブロッコリーですが、茹でてしまうと栄養素がなくなってしまいます。

そこで、茹でる際に小さじ1ほどの塩をいれてあげると変色はもちろん、栄養価を保ってくれます。

冷ますポイントとしては、冷水で冷ましたり、ザルなどに並べて冷ますといいでしょう。

冷まさず放置していると、茹でた熱で茶色に変色していってしまいますので、冷ますことを忘れずに!!

 

まとめ

今回は変色したブロッコリーは食べられるのか?変色防止する方法はあるのか?をご紹介していきました。

 

・黄色になったブロッコリーは問題なく食べることができるが、茶色はできるだけ食べない方がよい

・変色するのは、つぼみがふくらんできたり、開いてしまうため

・紫のブロッコリーは緑と比べると甘みが強く、栄養価の高い

・変色を防ぐには塩をいれて茹でて、しっかり冷ますこと

 

私もよく放置しすぎて変色させてしまいがちですが、買ったらすぐ茹でて保存していこうと思います。

せっかく栄養価の高いブロッコリーですから、変色してしまう前においしくいただきたいですね。

スポンサーリンク

-食べ物・グルメ

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.