料理

キャベツの黒い斑点はカビじゃない!ポツポツ・つぶつぶの正体と食べれるのか問題

 

キャベツをめくったらよく現れる黒い斑点・・。

 

これはカビでもなく、虫でもなく、虫のフンでもありません。

 

黒い斑点の正体は、ポリフェノールなので生食でも安心して食べられるものです。

 

ではこのカビのように見える黒い斑点は、なぜ現れるのでしょうか?

 

こちらでは、キャベツに現れるカビのような黒い斑点の正体を詳しく解説していきます。

 

また、最後にはキャベツを2週間長持ちさせるとっておきの保存方法を紹介するので、じっくり読んでみてください。

 

 

黒い斑点(ポツポツ・つぶつぶ)この黒ずみの正体はポリフェノール

 

黒い斑点(ポツポツ・つぶつぶ)この黒ずみの正体はポリフェノール

 

キャベツの黒い斑点は、一見カビのように見えますが、カビではありません。

 

黒い斑点の正体は”ポリフェノール”で、バナナが黒くなっても食べられるのと同じような成分です。

 

なのでキャベツを剥いだときに、黒い斑点がたくさんついていたとしても問題なく食べられますよ。

 

ちなみにこの黒い斑点が出ることを、”内部黒変症状”なんていうふに言われています。

 

名前の通りで黒い斑点が出る場所は、キャベツの葉っぱの外側ではなく内側に出ることが多いです。

 

どうして内部黒変症状がでるの?

 

内部黒変症状がでるのは、急激な温度変化のせいだと言われています。

 

キャベツの内側には、水滴がついていることが多くありますが、この水滴が凍害の原因です。

 

冬場の寒い時期に育ち、収穫して出荷するときにキャベツは屋外から室内に移動します。

 

その大きな気温の変化と、ついていた水滴が合わさって黒いポリフェノール斑点を作り出すのです。

 

なぜ気温の急激な変化が黒い斑点を作り出してしまうのかは、いまだに分かっていません。

 

ただ、どんなに新鮮なキャベツにも黒い斑点がついてしまう可能性は、理解しておきましょう。

 

 

黒い葉や黒い筋も食べれる?

 

黒い葉や黒い筋も食べれる?

 

黒い小さな斑点ではなく、そこそこ大きなシミができているキャベツもあります。

 

これはカビではないのですが、内部黒変症状でもありません。

 

キャベツに傷がついて、そこから細菌感染したことによる”腐敗状態”のひとつです。

 

腐敗状態というと、ニオイやぬめりが出てくるのが定番ですよね。

 

この黒いシミに関しては、それらが全く出ないこともありますので、食べてしまわないよう気を付けましょう。

 

また腐敗しているとはいえ、全て食べられないわけではないです。

 

黒くなっている部分を除けば食べられます。

 

あとは茎の部分に黒い筋が入ってるものがありますが、これはキャベツの生育過程で起こる現象なので、腐っているわけではありません。

 

キャベツのようなアブラナ科によくあるようで、カルシウムをうまく吸収できなかったりすると黒い筋が入ります。

 

これは生食しても全く問題ないのでご安心ください。

 

 

切り口が黒いのはカビ?

 

切り口が黒いのはカビ?

 

カットキャベツなど、キャベツの切り口が時間が経つと黒くなるのがカビのように見えますよね。

 

これもカビではなく、キャベツ内のポリフェノールが酸化して黒くなっているだけです。

 

見た目はあまりよくないですが、特に切り取らなくても食べられます。

 

キャベツが腐ると見た目はどうなる?

キャベツが腐ると見た目はどうなる?

 

キャベツが腐ると、部分的にではなく全体的に黒ずんでしぼんできます。

 

そしてどの食材でもそうですが、腐敗が進むとぬめり気がでてきて、異臭を放ちます。

 

ひどくなってくると、汁気を帯びて葉が溶けていてとても食べる気にならない見た目になっていきます。

 

そこまでいってしまったら、腐ってる部分だけ切り取って食べるのもやめた方がいいです。

 

ニオイもすごいと思うので、そうなる前に使い切ってしまうのが無難ですね・・。

 

 

キャベツを長持ちさせる保存方法

キャベツを長持ちさせる保存方法

 

キャベツを長持ちさせる方法はいろいろ言われていますが、1玉保存で一番簡単なのは、爪楊枝を3本差す方法です。

 

キャベツの茎部分に爪楊枝を3本差します。

 

先2㎝くらい刺されば大丈夫です。

 

それをそのままポリ袋に入れて、野菜室に保管すると2週間程度持ちます。

 

とても簡単ですよね。

 

茎部分に爪楊枝を指すことで、キャベツの成長を止めることができるので、腐敗が進みづらくなるようです。

 

いっとき100円ショップの商品で、キャベツの茎部分に指すと長持ちする!というものが流行っていましたが、それと同じ要領です。

 

 

まとめ

 

最後に内容をまとめていきます。

 

・キャベツの黒い斑点はカビではなく、ポリフェノールが原因で起こる内部黒変症状といい食べられる

 

・内部黒変症状は、急激な温度変化で起こるので、新鮮なキャベツでも起こりうる

 

・斑点状ではない黒くなっているキャベツは、細菌感染しているから取り除いて食べないようにする

 

・茎に黒い筋があるのは、キャベツがカルシウムの吸収不良による生理現象なので、食べられる

 

・ぬめりやニオイがきつく、全体的に黒ずんでいるキャベツは腐っているので捨てる

 

・1玉キャベツは、茎部分に爪楊枝を3本差してポリ袋に入れると長持ちする

 

キャベツは和洋中どんなレシピにも使いやすくて、栄養満点の万能野菜なので、たくさん食べましょう!

スポンサーリンク

-料理

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.