iphoneが充電できない「充電マークがすぐ消える」を解決!一瞬だけつくのはなぜ?など詳しく紹介

iphoneが充電できない、充電マークがすぐ消える原因は、充電器やケーブルに問題があるかもしれません。

これは充電器やケーブルが劣化している可能性があります。

もしくは接触不良かもしれないので、ちゃんとささっているか確認しましょう。

差し込みに問題ないようなら、iphone本体に不具合があるかもしれません。

iphoneのバッテリーに寿命がきている場合、いくら充電してもフルになることはないでしょう。

そこで本記事では充電できない時の対処法や修理に出す時の値段を調べてみました。

是非最後までご覧ください。

iphoneが充電できない・充電マークがすぐ消えるときの対処法

iphoneが充電できない・充電マークがすぐ消えるときの対処法

iphoneが充電できない、または充電マークがすぐ消えるときの対処法として下記を試してみましょう。

  • 充電器やケーブルを変えてみる
  • iphone本体のlightning(ライトニング)ケーブル差込口をきれいにする
  • iphoneが熱くなっていたら冷やす

充電器やケーブルが劣化しているとなかなか充電できません。

買って何年も経っていたり、どこか破損していそうな場合は新しいものに取り替えましょう。

さらに、充電ケーブルがAppleの純正品でない場合うまく充電できない可能性があります。

非純正品は品質が良くないものもあるため、純正品もしくは認定されているものを選ぶことをオススメします。

また、iphone本体のlightningケーブル差込口にホコリや汚れが詰まっているのも充電できない原因の一つ。

ホコリや汚れが邪魔して通電できなくなってしまうんですね。

楊枝など使って優しく取り除いてみましょう。

最後に、iphone本体が熱くなっている場合は温度を下げる必要があります。

負荷がかかりすぎると本体が熱くなり、充電できなくなるんです。

ただし急激に冷やすことはNGなので、涼しい場所に置いておくか、弱い風をあてるといった対処をしてくださいね。

その他、iphone本体の故障やバッテリーの劣化なども考えられますが、まずは初期段階として上記の対処法を試してみてください。

ついたり消えたりする原因はケーブル?

ついたり消えたりする原因はケーブル?

充電マークがついたり消えたりする原因は、ケーブルの破損や非純正品を使っていることが考えられます。

充電ケーブルは引っ張ったり誤って踏んでしまうなどが続くと負荷がかかって断線してしまうことが…

外側から見て異常がなくても、内側で断線している可能性があるので気をつけましょう。

また非純正品は品質が悪く、破損や劣化ではないのに充電できないもしくはついたり消えたりするなど、異常な動きをすることもあるんです。

アクセサリはできるだけApple純正品や公式に認定されているものを選ぶようにしましょうね。

ケーブル自体に問題がなくても、iphone本体差込口にホコリや汚れがたまっていることでうまく充電できない場合もあります。

楊枝の先にティッシュを巻いて優しく拭き取ったり、専用のエアーダスターをかけてみるなど試してみましょう。

充電が一瞬だけついてすぐ消える原因

充電が一瞬だけついてすぐ消える原因

充電が一瞬だけついてすぐに消えてしまう原因は充電ケーブルだけでなく、本体のバッテリーが劣化していることも考えられます。

充電ケーブルに問題がある場合はケーブルが断線しているなどの可能性がありますが、ケーブルに問題がなさそうならiphone本体に問題がないか確認してみましょう。

バッテリーの寿命かもしれません。

スマホに搭載されているリチウムイオンバッテリーは、劣化が進むと充電がすぐに減ってしまったり、充電できなくなってしまうことも…

iphoneのバッテリー寿命は3年が目安とされています。

もちろん環境や使い方によって寿命は異なりますが、充電してもすぐに充電マークが消えてしまう場合は原因の一つとして覚えておくと良いですよ。

水に濡れたら充電できないのか

水に濡れたら充電できないのか

lightningケーブルが水に濡れてしまったら、充電することはできません。

濡れた状態でlightningポート(差込口)に入れてしまうと、「液体が検出された」という警告が出て充電ができないんです。

水に濡れることで損傷や腐食の原因になったりアクセサリの接続不良になってしまいます。

そのため、水分には反応するようにできているんですね。

もし警告が出たらすぐにlightningケーブルを外して、しっかり乾かしましょう。

この時、人工的な風を当てたり熱を加えて乾かすのはNG!

Apple公式サイトには下記のように記載されてあります。

iPhoneを風通しのよい乾いた場所に丸一日置いて自然乾燥させてください。その後、充電またはLigtningアクセサリの接続をあらためて試してください。完全に乾かすには、最長で24時間かかる場合があります。

iPhoneで液体検出の警告が表示された場合

ただ、どうしても今すぐ充電しなくてはいけない場合もありますよね。

そんな時はワイヤレス充電をオススメします。

ワイヤレス充電器は置くだけで簡単に充電できるスグレモノで、lightningポートに差し込む動作がないことから負荷がかかりません。

Apple storeやApple純正品を取り扱っているお店で購入すれば間違いありません。

いざというときに両方持っておくと便利ですね。

修理したら値段はどれくらい?(ソフトバンク・ドコモ・au)

修理したら値段はどれくらい?(ソフトバンク・ドコモ・au)

修理する値段はいくらくらいか?大手携帯会社3社の値段を調べてみました。

ソフトバンク

ソフトバンクの「あんしん保証パック」に加入していると、3,700円〜12,900円で修理ができます。

また、水濡れや全損は5500円で修理できちゃうんです。

あんしん保証パックは月額500円かかりますが、何かあったときにとっても安心できるサービス。

いざという時のために加入するのをオススメします。

ドコモ

Appleのメーカー1年保証適用の場合は無料で修理できます。

保証適用外だと本体交換修理料金は37,400円〜107,800円、本体バッテリー交換だと7,500円〜14,900円。

iPhoneの機種によって修理料金が異なるので、詳細はドコモショップに問い合わせてみましょう。

au

故障紛失サポートに加入していれば0円〜12,900円で修理・交換することができます。

状況別に金額が異なるので、まずはいくらくらいになるか問い合わせてみると良いです。

いかがでしたか?携帯会社のサービスによって修理代金は大きく異なります。

何か起こったときに慌てないよう、事前に保証サービスに加入しておくのも安心ですよ。