食べ物・グルメ

人参から芽がでたけど食べられる?大丈夫だし育てても楽しい件

冷蔵庫に入れていた人参から芽が出てきた!ってことありませんか?

 

芽や根が出てきた人参は食べれるのか気になりますよね、、((+_+))

 

人参から出てきた芽や根っこに毒はないので食べることができます。

 

しかし、芽や根っこはおいしくないので取り除いて使用しましょう!

 

今回は人参から芽が出てきたときの対処法などを詳しく説明していきますね(^^♪

人参から芽がでた!食べられるの?

冷蔵庫に入れている間に芽が出てしまった人参を見たことありますか?

 

先ほど説明した通り、芽が出てしまった人参でも食べることができます。

芽が出た人参を使うときは普段と違う?

人参から芽が出てしまっても芽の部分を切り落としてしまえば普段通りに使うことができます。

 

しかし購入から日にちが経っているということなので普段よりも味は落ちてしまいます。

 

人参そのものの食感や味を楽しむ煮物やグラッセのような料理は避けた方がいいでしょう!

 

芽が出た人参のヘタを育てるのもあり

 

人参の芽の部分は育てることも可能です(^_-)-☆

 

野菜の切れ端を使ってまた野菜を育てることを「リボべジ」といいます。

 

リボーンベジタブルの略で「再生野菜」という意味です。

 

人参の場合切り落としたヘタの部分を育てると人参の葉が出てきます(^_-)-☆

 

切り落とした人参のヘタの切り口部分を下に向けて小さなお皿に水を張ってつけておきます。

 

なるべく風通しのいい場所でこまめに水を変えましょう。

 

すると一週間から十日後に緑の葉が出てきます(^^♪

 

にんじんの葉はパセリなどの代わりに料理の飾りに使えますよ♬

 

心者にもとても簡単に育てられるので試してみてください(*^^)v

 

人参に「す」が入るって何?

 

「にんじんにすが入る」って聞いたことはありますか?

 

保存していた人参を切ってみたら中に空洞ができていたことはありませんか?

 

実はその空洞が開いてしまった状態が「すが入った」状態なのです。

 

人参にすが入る理由は収穫期間の遅れと保存期間が長すぎることが挙げられます。

 

買ってきた人参に収穫期間の遅れで、すが入っていることは稀です。

 

冷蔵庫で長期間保存している場合や、葉のついたまま放置していた人参は水分が抜けてしまってすが入ってしまいます。

 

ちなみに、すが入った人参を食べることはできます(^^;)

 

しかし水分が抜けてスカスカで固くなってしまっているのでおいしいとは言えません。

 

すが入った人参を食べるならみじん切りにして何かに混ぜ込んだりする食べ方をおすすめします(^_-)-☆

 

そもそも人参はどれくらい日持ちするのか

人参の賞味期限は常温で一週間、冷蔵で2~3週間のくらいです。

 

しかし、収穫から購入までの期間がわからないため厳密な賞味期限はわかりません。

 

時間がたつとしわしわになってきたり、柔らかくなってきたりします。

 

しかしそれくらいであれば食べることは可能です。

 

先ほど説明した「す」が入った状態になってしまったらおいしくないので工夫して食べましょう(^^♪

 

人参の芽が育たない保存方法

にんじんの芽を出にくくするめにヘタの部分を切り落としてしまいましょう。

 

ヘタから芽が出てくるのでヘタを切り落としてしまえば芽が出てくることはありません。

 

購入したらすぐにヘタの部分を切り落として、保存したら日持ちする期間がかなり長くなります(*^^)v

 

試してみてくださいね♪

 

まとめ

いかがでしたか?

 

芽が出てしまった人参も毒があるわけではないので食べることはできます。

 

人参に芽が出てくると味や食感が落ちてきているので工夫しながら早く使い切りましょう(*^^)v

 

長期間の保存で「す」が入ってしまうことがあります!

 

すが入った人参は固くてスカスカになってしまっているのでみじん切りなどにして料理に使いましょう♪

 

人参をおいしく長期間保存するために、買ってきた人参はすぐにヘタを切り落としましょう!

 

人参のヘタの部分から人参の葉を育てるのはとても簡単です(*^^*)

 

にょきにょきと葉が育つととても楽しいですよ(^^♪

 

どうせ捨ててしまうヘタなら一度リボべジに挑戦してみてくださいね(^_-)-☆

スポンサーリンク

-食べ物・グルメ

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.