料理

シフォンケーキでグラニュー糖に代用できるものまとめ|砂糖不使用でも作れる?

ご自宅でシフォンケーキを作るとき、うっかりグラニュー糖を切らしていた経験はありませんか?

 

そんな時グラニュー糖の代用になるものには、上白糖やきび砂糖、てんさい糖、三温糖などが挙げられます。

 

グラニュー糖は様々なお菓子作りに使うため、気づくと残りが思っていた以上に少なくなっていることもありますよね。

 

私もシフォンケーキをよく作るのですが、グラニュー糖が足りず、考え抜いた結果コーヒーシュガーがグラニュー糖と気づき、それを使ったこともありました。

 

今回は、シフォンケーキでグラニュー糖に代用できるものや、代用したときの違い、砂糖を使わないとどうなるのか、などを詳しく説明していこうと思います。

シフォンケーキ作りでグラニュー糖の代用になるもの

シフォンケーキでグラニュー糖に代用できるものには

 

・上白糖

・きび砂糖

・てんさい糖

・三温糖

 

以上のような種類のものが挙げられます。

 

それぞれ、代用して作ってみると、どんな違いがあるのか見ていきましょう。

 

 

上白糖

上白糖は、シフォンケーキを作るとき、グラニュー糖に代用できるものの中で一番使われているのではないでしょうか。

 

砂糖の中でも料理に使うことも多いものなので、ご自宅に必ずあることが多く、また、色も白く味もクセがないため代用しやすいですよね。

 

上白糖を使ってシフォンケーキを焼いても、ほとんど違いはありません。

 

違いがあるとすれば、甘みの感じ方と焼き色と言えるでしょう。

 

その理由は、上白糖を作るとき、上白糖を少ししっとりさせるために使う糖類が、他のものより甘味が強いからと言われています。

 

上白糖を使ってシフォンケーキを焼くときは、少し焦げやすい傾向にありますので、焼き時間の最後の方はアルミホイル等をかぶせても良いかもしれませんね。

 

ただし、あまり早い段階でオーブンを開けてしまうとシフォンケーキが膨らまなくなってしまうこともありますので要注意です。

 

 

きび砂糖

きび砂糖を使ってシフォンケーキを焼いても、こちらもほとんど違いはありません。

 

違いがあるとすれば、生地にきび砂糖の色味が加わることと、味に少しコクが出ることが挙げられます。

 

きび砂糖は基本的に上白糖と同じように使っても問題がない砂糖ですが、色味が少しあり、サトウキビのコクも感じられます。

 

それが気にならなければ、きび砂糖でシフォンケーキを焼くのは個人的にはおすすめです。

 

 

てんさい糖

てんさい糖を使ってシフォンケーキを焼くと、少しキメが整いにくく感じるかもしれません。

 

てんさい糖は、他の砂糖に比べると粒が大きいものが多く、泡立てるのに少し時間がかかったりキメが整いにくかったりすることがあります。

 

そんな時には、いつもより泡立てる時間を長くしてみたり、ハンドミキサーを使われる方は、泡立ての最後に低速で1~2分ゆっくりと泡立てたりすることでキメが整いやすくなりますよ。

 

 

三温糖

三温糖は、代用できるものの中で一番違いがある砂糖と言えます。

 

三温糖を使ってシフォンケーキを焼くと、少し香ばしい風味を感じられる一方、膨らみにくいことが挙げられます。

 

その理由は、三温糖がほかの砂糖とは違い、煮詰めて作られた砂糖だからです。

 

三温糖は、しっかりと煮詰められることによりカラメルのような色味になり、味は香ばくなりますが、溶けにくさが加わてしまいます。

 

そのため、メレンゲを作るときに三温糖が溶けにくく泡立てが不十分になりやすいことがあるようです。

 

泡立てる時間を長くしたり、ベーキングパウダーを少し加えたりしてみると良いと思います。

 

 

 

シフォンケーキにグラニュー糖を使う理由

シフォンケーキにグラニュー糖が使われるのは、砂糖の中で一番混ざりやすく、きれいなメレンゲを作りやすいからと言われています。

 

グラニュー糖って、他の砂糖と比べるとかなりサラっとしていますよね。

 

そのおかげで、均等に混ざりやすくなるためムラもできにくく、キメの整ったメレンゲが出来上がります。

 

メレンゲが命のシフォンケーキにグラニュー糖が使われるのも納得できますよね。

きび砂糖は膨らまないってホント?

きび砂糖を使うと膨らまないというのは、ウソです!

 

きび砂糖を使っても、グラニュー糖を使った時とほとんど変わりなく焼き上がります。

 

メレンゲ作りを失敗しないために、砂糖を入れるタイミングに注意して、きび砂糖も使っていただけますよ。

砂糖の量を減らすとどうなる

シフォンケーキを作るとき、分量よりも砂糖を減らすと、焼き上がったときに形が崩れることがあります。

 

砂糖は、甘みを加えるということだけでなく、メレンゲの泡をつぶれにくくする役割も果たしてくれています。

 

なので、甘さ控えめが好きで、少し減らす分には問題ありませんが、極端に減らしてしまうと、形が崩れやすくなってしまうんです。

砂糖なし!不使用でシフォンケーキは作れるのか

結論から言うと、砂糖を使わなくてもシフォンケーキは作れます。

 

ですがやはり、砂糖が入らないと、形が崩れやすく膨らみにくいのでおすすめの作り方とは言えません。

 

ふわふわなシフォンケーキを作りたいときには、きちんとレシピ通りの分量で作るようにしましょう。

 

 

最近では砂糖の代わりに、はちみつや甘酒を使って作るレシピなどもあるようなので、興味があればチャレンジしてみてください。

 

 

 

いかがでしたか?

 

今回は、シフォンケーキでグラニュー糖に代用できるものや、代用したときの違い、砂糖を使わないとどうなるのか、などを詳しく説明してきました。

 

・グラニュー糖に代用できるのは、上白糖・きび砂糖・てんさい糖・三温糖などがある

・上白糖・きび砂糖・てんさい糖で作っても、大きな違いはなく作れる

・三温糖はメレンゲの泡立てが不十分になりやすい

・砂糖を分量より極端に減らすと、形が崩れやすい

・砂糖不使用でもシフォンケーキは作れるが、形が崩れやすく膨らみにくい

 

 

ご自宅でシフォンケーキを作るとき、基本的にはグラニュー糖で作られると思いますが、あえて砂糖の違いを楽しんでみるのも面白いかもしれませんね。

 

その中から、自分好みの組み合わせを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

-料理

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.