生活

クローゼットは開けっぱなしが正解?服の湿気対策まとめ

クローゼットは開けっ放しにしておくと湿気が逃げていくので湿気対策としてはアリです。

 

でもずっと開けっ放しにするのはオススメできません。

 

クローゼットを開けるとなんとなく空気が湿っていると感じることってありませんか?

 

湿気対策をしていても収納してある衣類が湿気を含んでいたりして、クローゼットの中って湿気がたまりやすかったりするんです。

 

クローゼットの開けっ放しは換気にもなりますが実はデメリットもあるんですよ。

 

大切なお洋服を綺麗に保管しておくためにはどうしたら良いのか、いろいろまとめてみたのでご参考にしてくださいね。

クローゼットは開けっ放しがいいの?

クローゼットは開けっ放しがいいの?

クローゼットは定期的に開けっ放しにする時間を作るのが良いでしょう。

 

そうすることで溜まっていた湿気を外に追い出すことができますよ。

 

でも雨が降っていたり湿度の高い日に開けっ放しにするのは逆効果です。

 

開けっ放しにするのはカラッと晴れた日にするといいですよ。

 

梅雨時などはエアコンや除湿機などで部屋の湿度を下げてからクローゼットを開けましょう。

 

でもずっと開けっ放しにするのはやめてくださいね。

 

開けっ放しにしておくとホコリや塵がクローゼットに入り込んでしまったり、虫が侵入して気づいたら大切なお洋服に穴が!なんて事にもなりかねません。

 

また、日当たりが良い場所にあるクローゼットは開けっ放しにしておくとお洋服が日焼けしてしまうことまあります。

 

湿気が溜まったままのクローゼットではお洋服にカビが生えてしまうこともあります。

 

お掃除の一貫として、定期的に開けっ放しの時間を作って換気してあげるようにしましょうね。

 

開けっぱなしでも除湿剤を置く?

開けっぱなしでも除湿剤を置く?

クローゼットを開けっ放しにしているなら換気はできているし除湿剤は必要ないのでは?と思いますよね。

 

うん、あまり必要ないです。

 

むしろ開けっ放しにして除湿剤を置くと部屋の湿気まで吸ってしまうので除湿剤の効果が低くなってしまうんです。

 

効果の薄いものをわざわざ買ってきて置いておくのは不経済ですよね。

 

開けっ放しにしておくなら除湿剤を置くよりも除湿機をつけたり、部屋の換気をしっかりするようにしましょう。

 

服の湿気対策はこれでOK

服の湿気対策はこれでOK

先程除湿剤はあまり必要ないと言いましたが、それは開けっ放しにしておくなら。

 

扉を閉めたクローゼット内では除湿剤が効果大です。

 

除湿剤の置き場所やお洋服の収納の仕方でクローゼットの湿気はかなり抑えられるんですよ。

 

有効な湿気対策をいくつかご紹介しますね。

 

除湿剤は隅っこの床に置く

湿気は下に溜まります。

 

なので棚の上やポールに掛けるより床に置くのが効果的ですよ。

 

更に湿気は隅へ隅へと溜まっていくんです。

 

除湿剤はクローゼットの四隅の床に置くようにしてくださいね。

 

収納はゆとりをもって

ぎゅうぎゅうに詰め込んだお洋服の間では換気をしても湿気の逃げ場がありません。

 

ハンガーに掛けた衣類はなるべく間隔をあけて収納するようにしましょう。

 

お洋服の間に手を差し込めるくらいスペースがあるのが理想的ですが、そんな広いクローゼットじゃないよ!なんて方も少し意識して間隔をあけるようにしてみてください。

 

ほんの少しのスペースでも湿気対策になりますからね。

よく乾かしてからの収納する

濡れたままの衣類をそのまま仕舞う人はいないと思いますが、濡れていなくても一度身につけた衣類は汗などで湿気を含んでいるんです。

 

コートなどは脱いですぐに仕舞うのではなく、一晩室内で干してからクローゼットに仕舞うようにするといいですよ。

 

洗濯した衣類は完全に乾ききるまで干してから仕舞うようにしてくださいね。

 

クローゼットの開けっぱなし・風水ではどう?

クローゼットの開けっぱなし・風水ではどう?

風水的にはクローゼットの開けっ放しは良くありません。

 

開けっ放しにすることで部屋の気が乱れたり、空間が歪んでしまうんです。

 

更にクローゼットの中の良くない気が部屋に流れ込んでしまうので風水的に開けっ放しはオススメ出来ません。

 

また、ぎゅうぎゅうに詰め込んだクローゼットも運気が入ってこなくなってしまうのでNGですよ。

 

まとめ

クローゼットの開けっ放しは換気の面ではとても良いのですが、ホコリや虫がつく原因でもあります。

 

ずっと開けっ放しにするのではなく、定期的に開けっ放しにする時間を作りクローゼット内に溜まった湿気を外に出すようにしましょうね。

 

梅雨時はもちろんですが冬場や乾燥している季節でも衣類は湿気を含みます。

 

収納はきちんと乾燥させてからスペースにゆとりを持ちましょう。

 

オシャレはクローゼットから始まってますよ!

 

くれぐれも大事なお洋服にカビが!なんてことにならないように注意してくださいね。

 

 

スポンサーリンク

-生活

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.