コンビニにコンタクト保存液は売ってる?(セブン・ファミマ・ローソン)

セブン・ファミマ・ローソンなどのコンビニではコンタクト保存液を買うことができます。

1回使い切りからミニボトルまで、使う用途に合わせて選べますよ。

使い切りタイプの保存液でも、洗浄・すすぎ・消毒・保存といった一通りのケアができちゃうんです。

急なお泊りになった時コンビニで買えるのは便利ですよね。

それではコンビニで買える保存液の値段から、コンビニ以外で手に入れる方法まで詳しく見ていきましょう。

コンビニにコンタクト保存液は売ってる?(セブン・ファミマ・ローソン)

コンビニにコンタクト保存液は売ってる?(セブン・ファミマ・ローソン)

セブン・ファミマ・ローソンなどのコンビニでは、『コンビニエピカ』や『サクラプチケア』といったコンタクト保存液を買うことができます。

急なお泊りになってしまっても、24時間営業しているコンビニで買えたらとても便利ですよね。

コンビニエピカは1回分の使い切りで、洗浄・すすぎ・消毒・保存といったひと通りのケアが可能、サクラプチケアは洗浄・保存の機能があります。

どちらにもコンタクトケースがついているのが嬉しいポイント!

ケースのくぼみに保存液を入れて蓋を閉めれば、ホコリが入ることなく清潔に保たれます。

急なお泊りの時だけでなく、目をリフレッシュさせたい時やプールに入る時にさっと外して保存しておくなど、用途は様々。

1回分だからかさばらないのも嬉しいポイントですよね。

コンビニに売っていることを知っていれば、いざという時に焦らなくてすみます。

ただ、コンビニ店舗によっては取り扱いがない場合もあるので、見つからない場合は何件か回ってみることをオススメします。

使い切りタイプやミニボトルはあるのか

使い切りタイプやミニボトルはあるのか

コンビニには使い切りタイプやミニボトルのコンタクト保存液が置いてあります。

店舗によっては取り扱いがないので、気になる方は事前に問い合わせするか、他の店舗に行ってみましょう。

コンビニで買えるのは、1回分使い切りのコンビニエピカや、ミニボトルタイプ。

使い切りタイプの保存液は専用ケースもついていて、1回分だけ必要!という時に最適です。

ミニボトルタイプだとメーカーによって内容量が異なりますが、だいたい50ml〜100mlのものが多いです。

このタイプもだいたい専用ケースがついていますが、ついていないものもあるのでよく確認してくださいね。

またハード用かソフト用なのかも間違えないようにしましょう。

ミニボトルはだいたい1週間前後もちます。

長めの旅行や出張に持っていくなら、1回使い切りよりもミニボトルのほうが良いかもしれませんね。

ちなみにコンビニでは360ml入り通常ボトルはほとんど置いていません。

大きいボトルを求めるなら、ドラッグストアやディスカウントショップに行って手に入れましょう。

各コンビニの値段を比較

各コンビニの値段を比較

各コンビニで手に入るコンタクト保存液の値段を比較してみましょう。

コンビニエピカ

▷価格141円(税込み)

ソフトコンタクトの洗浄・すすぎ・消毒・保存が1本でできる使い切りタイプ 。

コンパクトなので旅行や出張にも便利です。

サクラプチケア

▷価格105円(税込み)

こちらは全てのハード・ソフトコンタクトに使えるのが嬉しいポイント。

液は1回使い切りで洗浄・保存となっており、すすぎや消毒効果の記載はありません。

ソフトワン moist~1回分使い切りタイプ~

▷価格133円(税込み)

ロート製薬から出ているCキューブソフトワンからも1回分使い切りタイプが。

こすり洗い・すすぎ・消毒・保存の4つの機能あり。

ソフトワン moist

▷価格627円(税込み)

ロートCキューブソフトワンのミニボトルタイプで100ml入り。

機内持ち込みOKなので海外旅行にも嬉しいサイズです。

コンビニ店舗によって、取り扱いがなかったり置いてある商品が異なる場合があります。

「できれば普段使っているメーカーのものが良い!」場合は何店舗か回ってみることをオススメします。

コンビニ以外で保存液が買える場所100均やドンキは?

コンビニ以外で保存液が買える場所100均やドンキは?

コンビニ以外でコンタクト液が買えるのは、100均、ドンキ、ドラッグストアなど。

なんとダイソーやセリアなどの100均ショップでも手に入れることができるんです。

ダイソーではオリジナルブランドのコンタクト液があり、消毒・洗浄・すすぎ・保存のトータルケアができて税込み110円。

セリアなどで手に入るのは、メニコンネクトから出ている『ソフトコンタクトレンズケア』で、こちらも洗浄から保存までの一通りのケアができちゃいます。

こちらも税込み110円です。

ドンキではミニボトルから通常サイズまで、ドラッグストア並みの種類が置いてあることが多いです。

ドンキでコンタクト液を買う一番のメリットは、遅い時間までお店が開いていること。

夜中12時まで開店している店舗や、渋谷などの大型店は24時間営業となっています。

また、一番取り扱い種類が豊富なのはドラッグストアでしょう。

1回だけ使い切りで十分なら100均ショップ、時間が遅い時はドンキ、たくさんの種類から選びたいならドラッグストアというように使い分けると良いかもしれません。

コンタクト保存液の代用になるものある?

コンタクト保存液の代用になるものある?

結論から言うとコンタクト保存液の代用になるものはありません。

水も目薬も代用できませんので注意しましょう。

水道水には微生物などが含まれており、そのままレンズを着用すると目の病気を引き起こすことがあります。

また目薬も一見代用できそうですが、目薬には洗浄効果がなかったり、含まれている成分がレンズと化学反応を起こしてしまうことも。

そうなるとコンタクトレンズがダメになってしまうんです。

そのため保存液の代用はどんなものでもできません。

どうしても保存液が必要になったら、コンビニ・ドラッグストア・ドンキなどに行って手に入れましょう。

コンビニだったら1回使い切りタイプがありますし、24時間いつでも手に入るのが嬉しいところ。

目の健康を考えてきちんとした商品を使いましょうね。