きゅうりに白いカビ!食べれる?腐ったキュウリの見分け方や保存方法をまるっと解説

きゅうりに白カビが生えていたら食べられません。

ただし、白いものが付いていても捨てるのはちょっとまて!!

それ、本当に白カビですか?

今回はカビの有無やきゅうりの見分け方、日が経っても美味しいきゅうりを食べられる適切な保存方法をご紹介します。

きゅうりに白いカビ・これって食べられる?

きゅうりに白いカビ・これって食べられる?

きゅうりに白いカビが生えていたら食べないようにしましょう。

きゅうりの表面の水気をそのままにしてしまったり、土などで汚れたまま置いておくと白カビが生えてしまう可能性があります。

表面にしかカビが生えていないからと言って食べると体調を悪くしてしまう場合もあるので、「きれいに洗えば大丈夫」と思わずすぐに処分してください。

表面が少しでもカビていたら、目に見えない菌が中身で増殖している可能性が高いです。

また、直接きゅうりにカビが生えていなくても、包装されていた袋の中にカビがついているのを見つけたら、そのきゅうりは食べないようにしましょう。

しかし、きゅうりの表面に白い粉が付いているからと言って、白カビだと判断して捨ててしまわないようにしてください。

実はきゅうりにはブルームきゅうりとブルームレスきゅうりという二つの品種があり、ブルームきゅうりの場合は表面に白い粉のようなものがついているのです。

そのため、ブルームきゅうりの場合はブルームがついているだけなのか、白カビが生えてしまっているのか判別する必要があります。

ただ、最近の主流はブルームレスの方なのであまりブルームを見かけることもないかと思います。

買ったときは白くなかったのに使おうと思ったら白い綿のようなものが付いていたとなればそれは白カビなので迷わず廃棄しましょう。

漬物にもカビが生える?

きゅうりの漬物に白いぷつぷつしたものが付いているのを見かけたことがありますよね。

これはカビではなく、『産膜酵母』と呼ばれるものです。

漬物だけでなく味噌や醤油などにも発生することがあります。

産膜酵母は白カビと間違えられやすく捨ててしまう方もいるようですが、実は身体には全く影響がありません。

むしろ適度に繁殖させていれば善玉菌として働いてくれます。

ただし、繁殖させすぎると風味が落ちたり、シンナーのような臭いのもととなったりするので注意しましょう。

少量であれば混ぜ合わせることで風味がよくなります。

キュウリが腐るとどうなる?見分け方は

キュウリが腐るとどうなる?見分け方は

きゅうりが腐ったと判断するポイントがいくつかあるのでご紹介します。

まず、きゅうりは鮮度が落ちると断面が白色に変化したり、水分が抜けて中身が空洞になったりします。

この状態であればまだ食べられるのでなるべく早めに食べることをお勧めします。

また、しなびて苦味のあるきゅうりなども質が悪化した状態で美味しくないので食べない方がよいでしょう。

特に小さな子供やお腹の弱い方は避けるのが無難です。

白カビが生えるだけではなく、柔らかくしなびたり、ぬめりのある白い液体が出てきて糸を引いたりします。

また、腐敗が進行すると、白カビが生えるだけではなく、断面が黄・茶色に変化し、柔らかくしなびたり、ぬめりのある白い液体が出てきて糸を引いたりします。

一番わかりやすいのが臭いで、腐ってくると異様にツンとした酸っぱい臭いがします。

きゅうりは生で食べることも多いため、腐敗したきゅうりを食べると食中毒につながる危険性もあります。

腐ってしまったものはすぐに処分しましょう。

きゅうりを選ぶ時のポイント

きゅうりを選ぶ時のポイント

美味しい新鮮なきゅうりを選ぶ時のポイントは以下の3つです。

・全体の太さが均一で、ハリつやのあるもの。

・なるべくイボが尖っていてしっかりしたもの。

・深い緑色で重量感のあるもの。

きゅうりの水分は両端から抜けやすいので、選ぶ際に両端を触ると新鮮かどうかが分かります。

多少曲がっていても問題ないので、なるべくヘタの切り口が瑞々しく両端にハリのある硬いきゅうりを選ぶようにしてください。

最近はイボの無い品種も出回っていますが、イボのあるキュウリは尖ったものを選ぶとよいです。

また、きゅうりは5~8月が旬なので旬の美味しいきゅうりを食べるのがおススメです。

購入時に新鮮なきゅうりを買っておくことで、少しでも美味しいきゅうりを食べられるようにしましょう。

賞味期限と長持ちさせる保存方法

賞味期限と長持ちさせる保存方法

賞味期限は保存の仕方によって長くも短くもなります。

それぞれの用途によって適切な保存方法を身につけましょう。

常温による保存

常温保存をするなら冬場が適しています。冬場ではないときの常温保存はなるべくしないように心がけましょう。

常温保存する際には気温が10~20度の範囲でしてください。

この場合の賞味期限は約3日です。

新鮮なうちに早めに食べる方がよいでしょう。

また、冬場での常温保存は風通しの良い廊下などがおススメです。

冷蔵庫での保存

通常、冷凍庫で保存した場合の賞味期限の目安は4日程度です。

「え、それだけ?」と感じたと思われますが、実は保存の仕方を工夫するだけでもっと期限を延ばすことができてしまうんです。

冷蔵庫で保存するときにはきゅうりの表皮についている水気をキッチンペーパーなどでふき取り、「ヘタの切り口を上に向けて」立てておきましょう。

また冷蔵庫で水気のある他の野菜と一緒に保管する際は、カビの防止にもなるので、きゅうりを吸水性のある紙(キッチンペーパーや新聞紙)などで一本ずつ包むようにしてください。

こうすることでより鮮度を保つことができ、賞味期限が9~10日になります。

これだけで倍以上日持ちするなんてびっくりですね。

冷凍庫での保存

きゅうりは下ごしらえすることで冷凍保存もできます。

酢の物を作る要領できゅうりを薄切りにして塩を振り、水分が出てくるまで5~10分待ちます。

水気を切ったら密閉できる袋に入れて冷凍庫に入れましょう。

このように保存することで約1か月長持ちさせることができます。

沢山きゅうりがあるときはこの方法で保存してしまえば腐らせずに済みます。

是非、試してみてくださいね。

まとめ

どうでしたか?

・きゅうりにカビが生えていたら食べないこと。

・漬物にみられる白いものは善玉菌であるため、食べられること。

・きゅうりが腐ると色や臭い、ハリつや、硬さなどに異変が起こること。

・きゅうりを選ぶときはヘタの切り口を確認するとよいこと。

・常温での保存は避け、冷蔵保存する場合は水気をふき取り立てて保存す  ること。

・冷凍保存が一番長持ちすること。等

きゅうりに関する知っておくと役に立つ情報をご紹介しました。

きゅうりはそのままにしておくと悪くなってしまいやすいので、すぐに食べない場合は漬物にするか、紹介した冷凍保存の方法を取り入れてみてください。