調べる

ディープフェイクの無料アプリまとめ(iphone・android)作り方の解説動画なども紹介

 

一時期話題になったディープフェイクは、実は誰でもアプリで簡単に作れてしまうのです。

 

しかしiPhoneやandroidで対応しているアプリが異なるものもあります。

 

そこで、ディープフェイクを作るのにおすすめなアプリを紹介!

 

iPhone・androidをはじめ、macやWindowsで作る場合と、その解説動画も載せているので参考にしてみてください。

 

 

ディープフェイクのおすすめアプリ

ディープフェイクのおすすめアプリ

 

さっそく簡単に作れるものから、上級者向けのものを紹介します。

 

 iphone対応のアプリ

 

■Avatarify, Inc.

 

→https://apps.apple.com/jp/developer/avatarify-inc/id1527298971

 

こちらは、Applestoreでもっともダウンロード数が多く、評価も高いアプリです。

 

ただ基本的に英語表記となるため、英語が全く分からないと操作が難航します。

 

実際に口コミでも、画像がアップロードできないなどの声が見られます。

 

クオリティの高い仕上がりに定評があるので、アプリ操作さえできれば良いディープフェイク動画が作れそうですね!

 

 android対応のアプリ

 

■Reface: 自分の写真をビデオやミームの中で顔交換できるフェイススワップアプリ

 

→https://play.google.com/store/apps/details?id=video.reface.app

 

こちらはandroidとiPhoneのどちらも使えるアプリです。

 

Refaceだと日本語対応してくれるので、うまくつくれた!面白いという口コミでいっぱいです。

 

顔が不自然に変わってしまうという声もちらほらありますが、ダウンロード数の多さに対して評価が高いです。

 

使いやすくて楽しく遊べるので、ディープフェイク初心者におすすめです。

 

 windowsで使えるものはある?

 

Windowsで使えるものだと、Faceswapが有名です。

 

公式サイトからアクセスし、ダウンロードして使います。

 

Faceswapは表示が英語であることに加え、自分で編集しなければならないため、操作が少々複雑です。

 

そしてスマートフォンのアプリと比べる所要時間がかかります。

 

翻訳と操作の複雑さから、上級者向けといえます。

 

 macで使えるものはある?

 

macもWindows同様のFaceswapで作ることができます。

 

しかしmacのほうが、ディープフェイクを作るために使うAIの学習機能に最適なバージョンではないため少し時間がかかるようです。

 

ディープフェイク映像の作り方

ディープフェイク映像の作り方

 

ディープフェイクの作り方は簡単です。

 

アプリからカメラを起動し、自分の顔を撮ります。

 

そのデータをアプリが用意しているテンプレートを選択するだけで作れてしまいます。

 

テンプレート以外でも自分が用意した動画を選ぶことができるアプリもあるので、いろいろ試してみるといいでしょう。

 

 

 

こちらの動画では、アプリを使わずにグーグルドライブを使った作成方法も紹介しています。

 

グーグルドライブで作成する場合は、Faceswapと同様にPC環境が整ってる必要がありますね。

 

 

 

中国の人気ディープフェイクアプリ「Zao」が炎上?

中国の人気ディープフェイクアプリ「Zao」が炎上?

 

中国では、ディープフェイクの技術がとても進んでいます。

 

その中で有名な「Zao」というディープフェイクアプリのがあります。

 

ディープフェイクアプリの中でもかなり精度が高く、一時期サーバーに負荷がかかるほどの人気が出ました。

 

にも関わらず、大炎上したのは「Zao」が提示していた利用規約です。

 

その内容は、”ユーザーが作成したデータの使用権限は永久的に「Zao」が持つ”というものです。

 

データの使用権原を「Zao」が持つことで、顔認証決済など自身の顔が悪用される懸念が大きく浮上されました。

 

現在は大炎上したこともあり、問題の規約部分は削除されています。

 

 

そもそもディープフェイクとは?

そもそもディープフェイクとは?

 

そもそも「ディープフェイク」は、どういう意味でしょうか?

 

語源は、”深層学習(Deep learning)”と”偽物(fake)”を組み合わせてつくられたといわれています。

 

”深層学習”はAIの学習機能のうちの1つです。

 

ディープフェイクを使うと、画像や動画に自分の顔などを当てはめることができます。

 

有名映画の主人公に自分の顔を当てはめれば、まるでその世界にいるような映像が作れて楽しいですよね。

 

このように、ディープフェイクは個人で楽しむツールです。

 

他人の顔を使って本人の許可もなく、ネットにアップロードすることは違反とされています。

 

正しく使って、ディープフェイクを楽しみましょう。

 

 

まとめ

 

最後に内容をまとめます。

 

・iPhone対応できれいな仕上がりのディープフェイクアプリ

 

→Avatarify, Inc.(英語のみ)

 

・androidとiPhone両方対応で、使いやすい初心者向けディープフェイクアプリ

 

→Reface(日本語あり)

 

・Windowsとmacで上級者向けディープフェイクソフト

 

→Faceswap(英語のみ)

 

ディープフェイクで作ったデータは、本人の承諾無くネットにアップロードすることは禁止されています。

 

正しく使って楽しみましょう。

 

スポンサーリンク

-調べる

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.