ドコモのamazonプライムは解約できない?1年後自動更新しない方法

  • URLをコピーしました!

ドコモでは1年間amazonプライムがついてくるプランがありましたが、1年を過ぎた後、不要なら解約することができます

ネットショッピングなどでamazonをよく利用する人にとっては、プライム会員だと翌日に荷物が届いたりとても便利ですよね。

ですが、ドコモのプランでamazonプライムが特典でついてくるから、本当は必要ないけど無料だし利用していた!

という人にとっては、自分で会費を払ってまで・・・という気持ちでしょう。

今回は、ドコモ特典のamazonプライムの解約の仕方や、継続した場合に支払い方法はどうすれば良いのかなどを紹介します

ドコモのamazonプライムは解約できないの?

ドコモのamazonプライムは解約できないの?

ドコモのamazonプライムは解約できます

ドコモのプランに特典で1年間ついてくるamazonプライム。

一年は無料なのでもちろん使うと思いますが、その後必要なければ解約したいですよね。

もしも一年後の有効期限までに解約しなければプライム会員資格が自動更新となり年間4,900円の支払いを自分ですることになります。

会員資格喪失の通知受け取り方法

自動更新しないための方法は後でお伝えしますが、そもそもその更新しないための手続きを忘れてしまいそうですよね・・・。

そんな時のために、会員有効期限の3日前にお知らせメールが届くようにアプリから設定することができます。

【amazonのアプリを開く】

【下のバーの人型をタップ】

【アカウントサービス】

”アカウント設定”の
【プライム会員情報の設定・変更】

【プライム会員情報の管理】

【プライム会員情報】

【更新前にお知らせを受け取る】

これで、資格喪失の三日前にメールを受け取れるので、うっかり解約を忘れてしまいそうという人は設定しておくことをおすすめします!

解約の仕方、電話でも手続きできる?

解約の仕方、電話でも手続きできる?

電話での解約は可能です。

基本的には所定の手続きをして、amazonからの電話を待つか、直接かけることになります。

amazonからかけてもらう場合

まず、amazonから電話をかけてもらうための問い合わせ方法を説明しますね。

【このURLからamazonサイトへログイン】
https://www.amazon.co.jp/gp/css/contact-us-access/

【Amazon.co.jpからお電話致します。必要な方は、この文章をクリックしてください。】をクリックする

①【Kindleコンテンツ、PrimeVideo、ミュージックなど】

②【PrimeVideo】

【PrimeVideoに関する一般的な質問】

【その他のお問合せ】

画面が自動的に切り替わるので、
【電話】を選択

これで、Amazonの方から電話がかかってくるので解約についての問い合わせをしてみてください。

直接連絡する場合

急いでいてどうしても直接かけたい!

という場合は

  • 0120ー999−373(無料)
  • 011−330−3000 (有料)

へ直接かけるのも良いでしょう。

また、Amazonではチャットでのサポートも行っているので、急ぎでなければそちらを利用しても良いかもしれませんね。

自動更新しないようにする方法

自動更新しないようにする方法

自動更新しないためには、無料期間の有効期限前に退会手続きを取らなければいけません

退会の操作方法を紹介します。

【amazonのアプリを開く】

【下のバーにある人型をタップ】

【アカウントサービス】

”アカウント設定”の
【プライム会員情報の設定・変更】

【プライム会員情報の管理】

【プライム会員情報】

”プライム会員資格を終了する”の
【プライム会員資格を終了し、
特典の利用を止める】

【特典と会員資格を終了】

この手順で、プライム会員の解約手続きをすることができますよ!

2年目以降の支払い方法は何?

2年目以降の支払い方法は何?

2年目以降の支払い方法は、amazonで設定している支払い方法となります。

現在設定しているamazonでの支払い方法が何か知りたい場合は

【amazonのアプリを開く】

【下のバーにある人型をタップ】

【アカウントサービス】

”お支払い&住所”の
【お客様のお支払い方法】

で、確認することができます。

ちなみに、決算方法は

  • クレジットまたはデビットカード
  • ペイディ(後払いサービスで、コンビニ・銀行振込か引き落としを選択できる)
  • 携帯決算(d払い・au・ソフトバンク)
  • PayPay

から選択することができます。

解約を忘れたらどうなる

解約を忘れたらどうなる

解約を忘れた場合は自動更新となり、4,900円の年会費がかかります。

ですが、更新されてしまった後でも返金してもらうことが可能です。

自動更新後amazonプライムを利用していない場合

更新後は返金不可と思いがちですが、実は可能です。

更新後にamazonプライムサービスを全く利用していないのであれば、原則全額を返金してもらえるようです。

自動更新後amazonプライムを利用した場合

amazonプライムのサービスを更新後に万が一利用してしまっていても、日割り計算をして返金してもらえます。

返金してもらいたい場合はできるだけ早めに申請をしたほうがよさそうですね。

特典がなくなった後、更新するつもりがないのであれば早めに解約手続きをしたり、会員資格有効期限をしっかりと把握しておきましょう!