郵便・宅配

らくらくメルカリ便の送料はいつ払う?購入者負担と出品者負担をそれぞれ紹介

らくらくメルカリ便の送料は、購入者負担の場合と出品者負担の場合で支払い方が違います。

 

購入者負担のときは着払い、出品者負担のときは売上から差し引かれるようになっています。

 

メルカリはよく利用したことがあっても、送料など細かいことまでは知らない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、らくらくメルカリ便の送料はいつ払うの?コンビニから発送した場合は?送料が赤字になったら?

 

など、らくらくメルカリ便を利用するメリットも含め、盛りだくさんご紹介していきたいと思います。

 

らくらくメルカリ便の送料はいつ払う?購入者負担の場合

 

らくらくメルカリ便の送料が購入者負担の場合、着払いになるため、購入者は荷物を受け取る際に配送業者へ送料を支払わなければなりません

 

送料が購入者負担の着払いの設定になっているときに注意をしたいのが商品の値段です。

 

着払いの場合、出品されている商品の値段は送料が含まれていない価格になっているため注意をしましょう。

 

そのため、着払いの商品を購入したら支払いは商品の価格+送料の合計金額となりますので覚えておきましょう。

 

らくらくメルカリ便の送料はいつ払う?出品者負担の場合

 

らくらくメルカリ便の送料が出品者負担の場合、取引完了をしたら販売利益から自動的に差し引かれるようになっています

 

出品者負担のときには、商品の値段に送料も含まれた値段で出品されており、別途購入者の負担はありません。

 

そのため、購入者は商品の代金の支払いだけでいいので分かりやすく、出品者は出品する際に送料を含めた金額で出品する必要があります。

 

 

出品者は商品を出品する際に、”着払い”か”送料込み”なのかをあらかじめ設定できますので、どちらかを設定しましょう。

 

着払い・送料込みを後から変更できる?

 

商品を出品した後でも、着払いや送料込みの設定は変更できます。

 

変更の仕方は、”商品の編集”→”配送料の負担”でいつでも変更可能です。

 

ですが、商品が購入された後では設定の変更が出来ないため気を付けてください。

 

 

万が一購入者希望者とのコメントのやりとりで設定の変更をしたい場合、必ず購入前に、相手との合意をしたうえで設定を変えるようにしましょう。

 

送料出品者負担でコンビニ発送の場合はどこで払う?

 

らくらくメルカリ便をコンビニで発送した場合も、送料は取引完了後に売上金から自動的に差し引かれるようになっています

 

そのため、コンビニで荷物を発送する際に送料の支払いは必要なく、受付だけしてもらえばいいのでとっても手軽なんです。

 

 

コンビニ以外にどこから発送できるの?

らくらくメルカリ便はコンビニ(セブンイレブンまたはファミリーマート)から発送出来るだけではありません。

 

他にもヤマト運輸の営業所、宅配便ロッカーPUDOのいずれかに商品を持ち込んで発送するか、集荷してもらい自宅から発送することができるんです。

 

らくらくメルカリ便は「メルカリ」と「ヤマト運輸」が提携した独自の配送サービスで、全国41.000以上の拠点から商品を発送できるのが大きな魅力です。

 

はじめてメルカリを利用し不安がある方でも、近くのコンビニから気軽に発送できるなら、出かけたついでに商品を発送するなど、グッとハードルが下がりますよね。

 

もし、小さい子供がいてなかなか外に出られない方や、荷物が大きくて持ち込むのが大変という方は、集荷を選択すると自宅から商品を発送できるため、ぜひ利用してみましょう。

 

送料が足りない!?送料負担で赤字になったら?

 

らくらくメルカリ便で送った商品の送料が売上金を上回り赤字になってしまった場合、メルカリが不足分を立て替えてくれるため、取引が完了するまでわかりません

 

メルカリが立て替えた赤字は、後に売上金から回収されるか、売上金がない場合は、全額補填してくれるようです。

 

ですが、この場合は当然メルカリから警告文が届き、何度も繰り返すと悪質と捉えられ、メルカリの利用停止処分になりますので注意をしましょう。

 

送料が足りないってどんな時?

 

送料が足りなくなってしまうのは、「商品の値段ー手数料10%」よりも送料が上回ってしまった場合です。

 

 

例えば300円で出品した商品が売れたとします。

 

その300円から手数料10%の30円を引いた270円が売上となります。

 

そして送料を175円として設定をした場合、売上金は270円ー175円=95円となります。

 

 

ですが、設定のサイズよりも実際のサイズがオーバーしており、送料が380円かかってしまったらどうでしょう?

 

売上の270円ー送料の380円=ー110円の赤字となり送料が足りなかったということになります。

 

 

設定よりも荷物のサイズが大きく、サイズアップが必要なときは業者が自動的に対応してくれます。

 

ですが、その場合自動的に送り状番号も変更され、荷物の追跡もできなくなってしまいますので気を付けましょう。

 

らくらくメルカリ便の出品者負担は匿名性がメリット

 

らくらくメルカリ便を利用して商品を発送するときの1番のメリットは匿名配送です。

 

 

商品を発送する際に発送用のバーコードが発行され、自分や相手の住所や名前を書く手間を省くことができます

 

 

そのため、出品者と購入者間で個人情報のやり取りをする必要がなく、プライバシーを守りながら安心して取引することができます。

 

 

匿名配送以外のメリットは?

 

らくらくメルカリ便の匿名配送ができる以外のメリットは下記の2つ。

 

・荷物の配送状況を確認できる。

・荷物の補償サービスがある。

 

らくらくメルカリ便を利用した場合、メルカリアプリからいつでも商品の配送状況を確認できるのも大きなメリットの一つです。

 

その際、面倒な追跡番号を入力する必要はなく、自動的にアプリに反映されるのでとても便利なんです。

 

 

さらにらくらくメルカリ便は、あんしん配送サポートという商品の補償サービスにも対応しています。

 

万が一、配送中に商品の紛失や破損などがあっても、メルカリが補償をしてれるため、安心して配送しやすいという点もメリットです。

 

 

はじめてメルカリで出品をするとき、最初はやり方や仕組みが分からず不安ですよね。

 

ですが、らくらくメルカリ便を利用すればコンビニから簡単に発送できたり、匿名配送できるなどメリットもたくさんあるんです。

 

ぜひメルカリを利用するときにの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-郵便・宅配

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.