郵便・宅配

郵便の転送届延長は何回まで?手続き方法を解説|忘れたらどうなる?

郵便局の転送届には、回数の制限は今の時点ではありません。

 

手続き方法は、インターネットでの申し込みや、郵便局窓口、ポスト投函の3種類の方法があります。

 

延長の手続きを忘れてしまうと、転送期限の1年を過ぎたら旧住所に送られてしまいます。

 

当たり前の話ですが、転送届を忘れた場合も旧住所に荷物が送られてしましますので注意が必要です

 

転送届について、詳しく説明していきますね。

郵便の転送届 延長は何回まで可能?

転送届の延長の回数は、今の時点では制限はないんです

 

引越しなどで転送届を出すと、1年間は旧住所に届いた郵便物が新しい住所に転送されます。

 

延長した転送期間が過ぎる前に延長の手続きを行えば、また1年と転送サービスを受けることができます。

 

延長の回数に制限もないので、転送期間が終わる前に延長手続きを続けると何年も転送してもらう事はできます。

 

転送届を出し忘れた場合は、当然のことながら旧住所の郵便物は旧住所に届きます。

 

旧住所へお届けしても本人は不在のため、まずは郵便局で保管になります。

 

保管期限7日過ぎれば、差出人の元へ返送されてしまいます。

 

なので、転送届はしっかり行いましょう!!

 

また、初回の期間が終了してしばらく年数が経過し間が空いていても、、転送を再開させることができます。

転送延長の手続き方法と必要なもの

転送延長の手続きは、最初に行った転送手続きと同様の方法になります

 

手続きの方法には、以下の3種類の方法があります

  • インタネットからの申し込み
  • 郵便局の窓口での申し込み
  • 郵便局に出す転居をポストに投函する

1つづつ詳しく紹介していきますね。

 

インターネットからの申し込み

 

日本郵便のウェブサイト「e転居」から申し込みができます。

 

e転居は、日本郵便株式会社で行っている、インターネットで転居届を受け付けるサービスです。

 

パソコン、携帯電話(PHSも可)、スマートフォンから申し込めます。

 

e転居での転送届申し込みはこちらから⇒https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/

 

画面に必要事項を入力して、手続き画面に出てくる「転居届受付確認センター」に電話すれば手続き完了になります。

 

郵便局の窓口での申し込み

 

郵便局に用意されている「転居届」に必要事項を記入して提出します。

 

申し込みの際は本人確認ができる書類旧住所が確認できる書類が必要となりますので忘れずに持っていきましょう!

 

郵便局に出す転居届をポストに投函する

 

上記の「転居届」に必要事項を記載し、ポストに投函して終了です。

 

切手も必要ありません。

 

ただし転居届は郵便局に行って受け取らなければなりません。

 

どうせ郵便局へ行くのであれば、郵便局に行った時に記入して申し込みを窓口で済ませる方が簡単だと思います

手続きは家族や代理人でもできる?

転送手続きは代理人でも、家族でも可能です。

 

 

 

 

 

インターネットも本人確認書類など必要ないので、簡単に代理で行うことが可能ですよ

再延長はいつまでに手続きすればOK?

遅くても1週間前には手続きを済ませた方がいいですね

 

延長や再延長、どちらにしても手続きが完了するまでに時間がかかります。

 

3〜7営業日ほどで手続きは完了しますので手続きは遅くても1週間前には済ませておくのがいいですね

 

延長の届出は、延長をしたい日の2ヶ月前から受け付けてもらえます
手続き忘れを防ぐために、早めに手続きしておくのもいいと思いますよ。

手続きを忘れたらどうなる

延長手続きを忘れてしまった場合は、そのまま転送期間が終了になります。

 

転送期間が過ぎた郵便物は転送されません。

 

差出人に返送されてしまいます

 

過ぎてしまった場合も手続きは可能ですが、転送されない期間が発生してしまうので注意してくださいね

 

また、転送手続きを行い転送されるものは、郵便局が配達している郵便物に限ります

 

宅配会社の荷物は、対象外になるので気を付けてくださいね。

 

【転送不要】と記載された郵便物も対象外になりますので注意してくださいね

 

まとめ

転送は、期限が切れる前に申し込みをすることで、繰り返し延長が可能という事がわかりましたね。

 

  • 転送期間は1年
  • 期限が切れたり、転送の手続きを忘れた場合は、転送されずに旧住所に送られる
  • 転送期間を延長する時も、手続き方法は変わらない
  • 遅くても引っ越す1週間前には手続きう(延長手続きも同じ)
  • 代理人が手続する際は、家族以外は委任状が必要になる
  • 転送できる荷物は、郵便局が配達してる郵便物に限ります

引っ越しする際は早めに転送届を申し込みするようにしましょうね

スポンサーリンク

-郵便・宅配

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.