食べ物・グルメ

フライパンで揚げ物をするコツまとめ|テフロン・IHでもできる?油の温度から油処理まで

フライパンで揚げ物をするコツまとめ|テフロン・IHでもできる?油の温度から油処理まで

天ぷら鍋やフライヤーがなくてもフライパンで揚げ物ってできるんですよ!

 

揚げ物ってたくさんの油を使うから処理とか温度管理が大変だし油跳ねも怖いし・・・、なかなかハードルが高いですよね。

 

でもフライパンだと少ない油で済んだり手軽に揚げ物ができちゃうんです。

 

今回は揚げ物向きのフライパンや揚げる時の注意点、残った油の処理の仕方などフライパンで揚げ物をする際のあれこれにお答えしていきます。

 

ぜひこの記事を参考にフライパンで揚げ物をするコツを掴んじゃってくださいね!

 

テフロンのフライパンで揚げ物ってできる?

テフロンのフライパンで揚げ物ってできる?

テフロンのフライパンでも揚げ物はできますが正直あまりおすすめはできないんです。

 

揚げ物って油の温度がかなり上がるし、食材によっては揚げ終わるまでに時間がかかったりしますよね?

 

高温の状態が続くとテフロンの加工が劣化して剥がれてしまい、フライパンがダメになってしまうんです。

 

フライパンで揚げ物をする時は鉄製のフライパンを使うといいですよ!

 

テフロンしかないけどどうしても揚げ物がしたい!って方は高温の状態が長く続くような揚げ方は避けて、あまり頻繁に揚げ物調理をしないように気をつけてくださいね。

 

あまり高温の状態が続くと発火する恐れもあるので、なるべく鉄のフライパンを使うようにしてください。

温度が何度かの目安は?どうやって計る?IHでもやり方は同じ

温度が何度かの目安は?どうやって計る?IHでもやり方は同じ

揚げ物は温度がとっても重要です!

 

適切な温度で揚げないと周りは焦げそうなのに中まで火が通っていない!なんてことも・・・

 

揚げ物用の温度計があればすぐに温度が計れるけどわざわざ買うほどでもないし。という方もたくさんいると思います。

 

そんな方たちに温度計を使わず油の温度を確認する方法として

 

・菜箸を使って確認する

 

・衣を落として確認する

 

・パン粉を落として確認する

 

の3通りの方法をご説明していきますね。

 

 

菜箸を使って確認する

まずは菜箸を使って確認する方法です。

 

菜箸は一度濡らしてからしっかりと水分を拭き取ってください。

 

水分が残ってると油がはねて危険ですよ!

 

しっかりと拭き取った菜箸を油の中に入れてみてください。

 

低温(150℃〜160℃)の場合・・・菜箸の先から静かに細かい泡がでてきます。

 

中温(170℃〜180℃)の場合・・・菜箸の油に入れてる部分全体から細かい泡がでてきます。

 

高温(180℃〜190℃)の場合・・・菜箸の油に入れてる部分全体から勢いよく泡がでてきます。

 

 

衣を落として確認する

次は揚げ物につける衣を油に落として確認する方法です。

 

少量の衣を油に落としてみてください。

 

低温(150℃〜160℃)の場合・・・衣が底まで沈んでからゆっくり浮いてきます。

 

中温(170℃〜180℃)の場合・・・衣が底まで沈まず途中で浮かび上がってきます。

 

高温(180℃〜190℃)の場合・・・衣が途中まで沈んですぐに浮かび上がってきます。

 

 

パン粉を落として確認する

最後にパン粉を落として確認する方法です。

 

乾燥パン粉を使う場合は少しだけ湿らせておいてくださいね。

 

パン粉を油に少量落としてみてください。

 

低温(150℃〜160℃)の場合・・・落としたパン粉がゆっくりと広がっていきます。

 

中温(170℃〜180℃)の場合・・・落としたパン粉が全体にゆっくりと広がります。

 

高温(180℃〜190℃)の場合・・・落としたパン粉が全体に勢いよく広がります。

 

 

以上のやり方は全てIHでも同じですよ!

 

IHならセンサーが付いてるので温度管理ができますが、なにかの原因でセンサーが正しく作動しない場合があるかもしれないので、これらの方法を知っておくと安心ですね。

 

油の温度は食材にあわせて調整しましょう。

 

一度に揚げる量を少なくするのが温度のカラっと揚げるコツです。

 

温度の低下を防げて熱が均等に入りますよ。

 

油の後処理はどうする?

油の後処理はどうする?

揚げ物をすると面倒なのが使い終わった油の処理ですよね。

 

そのままシンクの排水溝に流すことだけは絶対にしないでくださいね!

 

排水管が詰まる原因にっちゃいますし、環境汚染に繋がる場合もありますからね!

 

じゃあ油の処理ってどうしたらいいの?

 

ここでは使用した油を

 

・捨てる場合

 

・保存する場合

 

に分けてそれぞれの処理の仕方をご紹介します。

 

 

捨てる場合

大量の油を処理する場合最も安全なのは市販の凝固剤を使うことです。

 

凝固剤ごとの使用方法や注意に従って使用してくださいね。

 

固まった油は可燃ごみとして捨てましょう。

 

 

油を固めず捨てる方法として牛乳パックを使うやり方があります。

 

使用済みの牛乳パックに新聞紙などの紙を詰め油を吸わせながら入れます。

 

入れ終わったら牛乳パックの口をテープでしっかりとめて油が漏れないようにして可燃ごみに出せばOKです。

 

同様に牛乳パックではなくビニール袋に新聞紙を入れ油を捨てる方法もありますが、牛乳パックより強度が弱いので牛乳パックの方がおすすめです。

 

もしビニール袋を使う場合はビニールを2重にするなど強化してください。

 

どちらの場合の自然発火を起こさないように濡らした新聞紙を使ってくださいね。

 

 

フライパン揚げ物をした場合、少量の油しか残らないことがありますがその場合も排水溝に流さずにキッチンペーパーに吸わせて捨てましょうね。

 

 

保存する場合

一度しか使用していない油を捨てるのはもったいない・・・、そんな場合正しく保管すれば繰り返し使用できますよ。

 

まずは油から揚げカスをしっかし取り除きます。

 

網じゃくですくってからザルやキッチンペーパーなどを使って濾せばしっかり取り除くことができますよ。

 

濾した油は保存容器き入れて保管します。

 

専用のオイルポットなどの容器をお持ちの方はそれを使ってください。

 

お持ちでない方はビンでも代用できますが必ず耐熱性のあるビンを使用してくださいね。

 

ペットボトルでも保存できますが耐熱性がないので油をしっかり冷ましてから移しましょう。

 

ビンやペットボトルを使用する場合、光が当たると油が酸化してしまうので容器の周りにアルミホイルを巻いて光を遮断するといいですよ。

 

容器に移した油は冷蔵庫で保存できます。

 

冷蔵庫に入れたくない場合は湿度い冷暗所で保存しましょう。

 

一度使用した油は2〜3週間の内に使い切るようにしてくださいね。

 

酸化した油は体に良くないのです。

 

匂いが気になったり濁っている油は使わないようにしましょう!

フライパンだと危険なことはある?

フライパンだと危険なことはある?

フライパンは天ぷら鍋よりも底が平らで火にあたる面が多いので油の温度が上がりやすいです。

 

使用する油の量が少なくすむのがフライパンの魅力でもありますが、こちらも油の温度が上がりやすい要因です。

 

先ほどもお話しましたが、油の温度が高い状態が続くと発火する可能性があるんです。

 

なので温度確認を怠らず、くれぐれも家事を起こさないようにしてくださいね。

 

あまり浅いフライパンを使うと食材を入れた時に油がこぼれてしまう危険があるので、なるべく深めのフライパンを使うといいですよ。

 

まとめ

フライパンで上手に揚げ物をするコツは温度管理でしたね!

 

油の温度が高すぎると上手に揚がらないのはもちろんですが、フライパンがダメになったり家事の危険性もあります。

 

低すぎても上手く揚がりませんよ!

 

揚げ物は揚げたてが一番美味しいですよね?

 

今回ご紹介した内容を参考にお家でいろんな食材を美味しく揚げて楽しいお食事タイムを過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

-食べ物・グルメ

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.