料理

手作りガトーショコラの日持ちは何日?賞味期限をのばす保存方法はこれ

一般的に、手作りガトーショコラの日持ちは冷蔵保存で約5日と言われています。

 

バレンタインなどの行事ごとなど、人にプレゼントすることも多いガトーショコラ。

 

できることなら少しでも長くガトーショコラの賞味期限をのばしたいですよね。

 

今回は手作りガトーショコラの日持ちや、賞味期限ののばし方、食べごろや、美味しく作るコツ等をご紹介します。

 

 

手作りガトーショコラの日持ちは?何日くらいもつ?

手作りガトーショコラの日持ちは?何日くらいもつ?

通常、手作りガトーショコラの日持ちは冷蔵庫で4~5日です。

 

ガトーショコラは焼き菓子であるため、生クリームなどのデコレーションがされている他のケーキに比べると比較的長持ちします。

 

しかし、生クリームや卵、バターなどの傷みやすい材料を含んでいることから、あまり長期保存には向かない傾向にあります。

 

また、出来立てのものよりも一日置いた方が、味が馴染んでしっとりと濃厚なガトーショコラになります。

 

そのため、作った翌日に食べる方も多く、できるだけ日持ちさせたいと思っていることでしょう。

 

バレンタインなどに作って渡す場合も、相手に早く食べてもらわなければいけないという状況になりかねません。

 

とはいえ、「五日以内に食べきれない」、「作り置きしておいて食べたいと思ったときのためにとっておきたい」と思っていた方もまだ諦めないでください!

 

『長期保存ができる』かつ『出来立てのように美味しい』ガトーショコラを食べられる方法もあります。

 

 

賞味期限を伸ばすには?保存方法と容器について

賞味期限を伸ばすには?保存方法と容器について

消費・賞味期限を延ばすには冷凍保存しましょう。

 

冷凍庫で保存すると一か月ほど日持ちさせることができます。

 

また、常温保存では2日ほどしか日持ちしないので、なるべく粗熱が取れたら早めに冷蔵庫か冷凍庫に入れるようにしましょう。

 

特に夏場は悪くなりやすいので、粗熱をとる際は日差しの当たらない風通しの良い場所に置くようにしてください。

 

ここでポイントになるのが、焼き上がった後に十分粗熱をとることです。

 

十分粗熱が取れていない状態で冷蔵庫などにしまうと、湿気でべたべたになり衛生的にも良くありません。

 

保存する際は食べやすい大きさに切り分け、空気が入らないように一つずつラップで包み、密封できる袋や容器に入れてください。

 

長時間空気に触れていると風味が落ち、乾燥することにもつながるので注意しましょう。

 

密封すると庫内でのにおい移りや冷凍焼け等も防止することができます。

 

また、トッピングを先にしてしまうと持ちが悪くなってしまうことがあるので、粉糖などは食べるタイミングでつけるようにしてください。

 

子供が食べる場合は気を付けなければいけませんが、ラム酒を入れることでも持ちを良くすることができます。

 

 

ガトーショコラの食べごろはいつ?

ガトーショコラの食べごろはいつ?

ガトーショコラの食べごろは作った翌日です。

 

作りたてよりもしっとりと味がまとまっていて美味しいので、「すぐに食べたい!」とはやる気持ちを抑えて一晩寝かせるようにしましょう。

 

また、冷凍していたガトーショコラを食べる際には一度冷蔵庫に移してゆっくり解凍するようにしましょう。

 

いきなり常温に出してしまうと急激な温度変化によってガトーショコラの水分が表面に出てきてしまい食感や風味を損なう原因になります。

 

電子レンジでの解凍も同様の理由があるため、避けるようにしましょう。

 

冷蔵庫で4~6時間かけて解凍した後、軽くトースターで温めると、焼きたてのような香りや味わいになってより美味しくなります。

 

ガトーショコラ好きの方は是非試してみてくださいね。

 

 

手作りガトーショコラを1ランクアップさせるコツ

手作りガトーショコラを1ランクアップさせるコツ

美味しく見た目の良いガトーショコラを作るコツをいくつかご紹介します。

 

 

1.材料の温度を近づけて均一に乳化させる

基本、ガトーショコラには生クリーム、バター、チョコレートを入れますよね。

 

上手く乳化させるには、この三つの材料の温度が重要になってきます。

 

それぞれの温度を約50度にそろえることで均一に乳化させやすくなり、出来上がりの口どけがよくなります。

 

またチョコレート生地の温度を50度以上にすることで、混ぜるときに気泡がつぶれにくくなり、生地の膨らみも良くなります。

 

材料を混ぜるときは一気に合わせずに、少しずつ加えて丁寧に混ぜるようにしましょう。

 

 

2.メレンゲは泡立てすぎない

メレンゲの固さは食感や見た目に関わるため、とても重要になってきます。

 

メレンゲは泡立てすぎず、泡だて器で持ち上げた時にメレンゲが流れていかない程度で緩めに立てるようにしましょう。

 

固くしてしまうとチョコレート生地と混ざりにくくなってしまい、良く混ぜようとして、ついつい混ぜすぎになってしまいがちです。

 

混ぜすぎるとずっしりと重たく固めに仕上がり、混ぜが不十分で緩すぎても、焼いたときに生地が膨らみにくく中に空洞ができて崩れやすくなってしまうので注意が必要です。

 

適度に混ぜることでふんわりとした高さのある見た目も食感もよいガトーショコラを作ることができます。

 

 

3.チョコレートやカカオパウダーを正しく保存する

大半の方がチョコレートを冷蔵庫で保存してしまいがちですが、本来は直射日光の当たらず風通しの良い涼しい場所で保存するのがよいです。

 

冷蔵庫内はとても乾燥しやすいため、非常に乾燥に弱いチョコレートの保存には適していません。

 

また、冷蔵保存してしまうとチョコの香りが薄くなり、味も落ちてしまいます。

 

それに比べて、常温保存のチョコレートは香りがよく、口の中いっぱいにチョコの存在感が広がります。

 

チョコレートを正しく保存することで、口当たりのまろやかな風味のよいガトーショコラを作ることができます。

 

トッピングに粉糖をかけたり、生クリームを添えたりするとより美味しくなるのでおススメです。チョコレートを用いたお菓子を作るときは、つい安価な準チョコレートを買ってしまいがちですが、なるべく製菓用のチョコレートを選ぶようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

・基本的に手作りのガトーショコラは冷蔵保存で5日程度、冷凍保存で1か月であること

 

・保存するときは粗熱をしっかりとり、切り分けてからしっかりと密封すること

 

・ガトーショコラは作った翌日が一番食べごろであること

 

・生クリーム、バター、チョコレートなどの材料の温度を約50度にそろえる

 

・メレンゲは泡立てすぎないこと

 

・チョコレートは冷蔵庫ではなく、直射日光の当たらない風通しの良い涼しいところで保存すること 等

 

ご紹介しました。

 

最近は少ない材料で、生クリームやバター無しでも美味しいガトーショコラを作れるレシピも紹介されているので調べてみるとよいでしょう。

 

ラム酒入りガトーショコラは日持ちもよくなり、リッチな味わいが楽しめるのでおススメです。

 

スポンサーリンク

-料理

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.