レターパックの受け取り方!ポストに届く?郵便局やコンビニで受け取れるのかなど詳しく紹介

レターパックの受け取り方としてレターパックプラスなら対面受け取り、ライトならポストに届くとそれぞれ違いがあります。

また受け取り先を郵便局にして送ることも可能となっており、送り方も簡単です。

今回の記事では、レターパックを受け取りを拒否した場合や、受け取り先の変更方法・置き配ができるかなども紹介していきます。

レターパックの受け取り方、ポストに届くの?

レターパックの受け取り方、ポストに届くの?

レターパックはプラスなら対面受け取り・ライトならポストに投函されます。

プラスの場合はサインか受領印が受け取り時に必要なので、原則対面受け取りです。

ライトの場合は、基本がポスト投函なので、ポストに投函されます。

ちなみにレターパックライトでポストが無い&不在の場合は持ち帰りになります。

逆にプラスの場合は対面受け取りが原則なので、ポストがあっても不在であれば持ち帰りになるので、二つの違いは覚えておいておきましょう。

レターパックの置き配はできるのか

レターパックの置き配はできるのか

レターパックの中でもプラスのみ条件付きで置き配をすることができます。

ちなみにレターパックライトは宅配ボックスがあってもポスト投函される仕様のようです。

レターパックプラスを置き配にする方法は

  1. 「指定場所配達に関する依頼書」を郵便局からもらうか、ホームページから印刷して窓口へ提出すること
  2. もしくは住所欄などに『不在時宅配ボックスへ』などと記入しておきましょう。

2については公式の方法ではないので、配達員の判断になりますがほとんどの場合が宅配ボックスに入れてくれるようです。

ただし、前提として宅配ボックスが施錠ができ、受領証発行機能がついた宅配ボックスの場合に限りますので注意してください。

受け取り場所を郵便局やコンビニにできる?

受け取り場所を郵便局やコンビニにできる?

受け取り場所は郵便局での受け取りは出来ますが、コンビニでの受け取りは出来ません。

郵便局で受け取りたい場合は局留め依頼をして送ることで、郵便局でにレターパックを送ることができます。

受け取り場所を郵送にすることで、受け取り側に以下のメリットがあります。

  1. 受け取り荷物を家族などにバレずに受け取ることが出来る。
  2. 出張先などや旅行先など外出中でもで受け取ることが出来る
  3. 住所がバレないので、女性の一人暮らしの方で住所を教えるのが不安な方が安心して荷物を受け取れる。

以上のメリットがあるので、フリマアプリなどの利用で受け取り側から局留め指定があった場合は、下記の手順で局留めで送ってあげましょう。

レターパックを局留めで送る方法

STEP
依頼人から局留め依頼を受ける

この時かならず受け取り希望の郵便局を聞きましょう

STEP
宛名を指定された郵便局&受取人の名前を書いて投函する

郵便番号と住所も指定された郵便局のものを記載してください。

以上のステップで郵便局当てにレターパックを送ることが出来ます。

依頼人(受取人)に追跡番号も必ず伝えておきましょう。

受け取り拒否したらどうなる

受け取り拒否したらどうなる

レターパックを何らかの原因で受け取り拒否したら、差出人の元へ返送されます。

その場合は復路の代金などはかかりませんが、相手側には受けとり拒否されたことは伝わります。

レターパックプラスとライトでは受け取り方法が違うため、受け取り拒否の方法も変わってきますので、それぞれ説明していきます。

レターパックプラスの受け取り拒否方法

1 あらかじめメモや付箋などに『受け取り拒否』の記入と署名か押し印もしておきます。

※レターパックにすぐに張り付けれるようにセロテープも貼っておくとなお良し

2 配達員が来た時に受け取り拒否したい旨を伝えましょう。

レターパックプラスはサインをしてしまうとそれが受け取った証となるため、必ずサインや印鑑を押さないようにしましょう。

ポイントとして、出来ればインターホン越しに受け取り拒否したい旨を先に伝えておくと、配達員が配達証を剝がしてしまう可能性を防げるので、すぐに伝えることです

レターパックライトの受け取り拒否方法

1 『受け取り拒絶』と書いたメモなどに押し印か署名をしましょう。それをレターパックに張り付けます。

2 そのレターパックをポスト投函するか窓口に持って行けば差出人へ返送されます。

※開封したものは返送できないため、受け取り拒否した場合は開けないようにしましょう。

レターパック受け取り場所の変更方法

レターパック受け取り場所の変更方法

レターパックは宛名変更請求か取り戻し請求をすることで、受け取り先を変更出来る場合があります。

まず、宛名変更請求とは郵便物が配達される前であれば、宛先の情報を変えることが出来るものです。

以下で詳しく説明していきます。

宛名変更請求方法

場所:郵便局窓口・ゆうゆう窓口で行える
必要なもの:本人確認ができる書類(運転免許証など)

〈手数料〉

・郵便物が集配を行う局を出ておらず、その集配局に宛名変更を請求する場合→無料

・郵便物が差出地の集配局を出た後に郵便物の配達担当する郵便局に宛名変更を請求する場合→410円

・そのほかの郵便局に請求する場合→570円

※宛名変更請求は早い方が手数料がかからずに済む場合があるので、宛名変更を行う場合はすぐに請求しましょう。

次に、取戻し請求とは配達を中止してもらい、郵便物を差出人へ返却させるものです。

これにより、一度戻ってくることで改めて送りなおすことが出来るようになります。

方法も宛名変更請求と同じ方法で行うことが出来ます。

ですが、実は2つの方法以外に日本郵便のお客様センターへ電話をすることで、事情によっては配達中止や配達先住所の変更をしてもらうことが出来ます。

例えば宛先の住所の記入間違いや記載漏れがある場合は、お客様センターへその旨を伝えると配達員が宛先の修正・追記をしてくれて正しい宛先へ送ってもらえる場合もあります。

なので受け取り先が変わった場合や、宛先の住所の記載ミスに気が付いた場合はまず郵便局のお客様センターへ一度相談してみましょう。

いかがでしたでしょうか。レターパックを置き配にした場合や受け取り先の変更や拒否をした場合などはぜひご参考にしてくださいね。