81付き電話番号の書き方は090や080の「0を抜く」(固定電話・携帯電話)意味やかけ方も分かりやすく紹介!

81の付いた電話がかかってきたら、海外から日本にかけてきている国際電話ということになります。

また、81付き電話番号の書き方は先頭の0を抜きましょう。

例えば090から始まる番号の場合「8190」となります。

そのあとは番号を続けてくださいね。

固定電話・携帯電話ともに同じやり方です。

なぜ先頭の0を抜くかというと、0は日本国内にかける国内通話の識別番号だからなんです。

ちなみに81は日本の国番号。

世界共通で国や地域ごとに番号が振り分けられているんですよ。

この記事では、81のついた電話番号の意味や国際電話のかけ方を詳しく解説していきますね。

+81からの電話番号の書き方(固定電話・携帯電話)

「+81」から始まる電話番号を書く時は、頭の「0」を抜いて2つ目の番号から書きましょう。

固定電話・携帯電話ともに同じです。

書き方の例を紹介しますね。

<固定電話>

03−1234−5678なら、+813−1234−5678となります。

<携帯電話>

090−1234−5678なら、+8190−1234−5678となります。

では+81って一体何なのでしょうか?

答えは「国際電話識別番号と日本の国番号」を表しているんです。

「+」は国際電話識別番号を、「81」は日本の国番号となります。

例えば海外旅行に行って日本に電話をかけたい場合、「+81」を押してから頭の0を抜かした番号をプッシュしてください。

81の部分は国によって番号が異なります。

アメリカの国番号は1、フランスは33、台湾は886、といった感じで振り分けられています。

もし海外から日本に電話をかけたい、もしくは日本から海外に国際電話したい場合は、国番号を調べておきましょう。

国番号一覧はのちほど紹介しますね。

認証に国番号81が必要なSNS

SNSを登録する時に、国番号から始まる電話番号認証が必要になるケースがあります。

そのSNSはInstagramTwitterなど。

新規でアカウントを作る時は、携帯電話の番号で本人確認をする「SMS認証」が必要となります。

登録した電話番号にSMSで認証キーが届く仕組みになっています。

InstagramやTwitterはグローバルなSNSなので、登録する電話番号に国番号が必要となるんです。

SMS認証は二段階認証としてよく使われます。

セキュリティ強化のために、手順を重ねて厳しくしているんですね。

InstagramやTwitterで電話番号を入れる時、すでに「JP+81」と表示されていることがあります。

この場合は、頭の0を抜いた携帯電話番号を入力すればOK。

もし国番号を自分で入力しなくてはならない時は、キーパッドの0を長押ししましょう。

+が表示されます。

日本国内にいるとなかなか馴染みの無い入力方法ですが、覚えておくといざとなった時に役立ちますよ。

81のついた電話番号の意味

81のついた電話番号は、海外から日本国内にかけた国際電話を表しています。

日本の国番号は81です。

世界各国で共通の国番号が振り分けられているんですよ。

日本から海外に国際電話をかけたい時は、その国の番号を調べておきましょう。

+81からの着信、実は全てが国際電話というわけではないんです。

日本国内からかかってきた電話でも+81とつく場合があります。

それは「国際ダイヤルアシスト」機能が設定されているから。

国際ダイヤルアシストとは、海外から国内にかける時、頭の「0」を「+81」に自動的に変換してくれる機能です。

この機能がONになっていると、日本国内からかけた電話でも81が表示されるというワケです。

ただ、普段見慣れない番号からかかってくると電話に出るのを躊躇してしまいますよね…

相手をびっくりさせないためにも、日本国内にいる時は国際ダイヤルアシスト機能をOFFにしておくことをオススメします。

国際電話の国番号一覧

主な国の番号一覧です。

国名国番号
アメリカ1
イギリス44
イタリア39
インド91
オーストラリア61
オランダ31
カナダ1
韓国82
スイス41
スペイン34
台湾886
中国86
ドイツ49
香港852
ポルトガル351
マレーシア60

その他の国番号は「国際電話 国番号」で検索するとヒットしますので、調べてみてくださいね。

国番号には衛星電話を使用するときの国番号もあるんですよ。

では、衛星電話とは一体??

衛星電話とは、通信用の人工衛星を経由して通信するサービスなんです。

宇宙に浮かんでいる人工衛星を経由するため、地上の広範囲で通信が可能になります。

広域をカバーしているということは国を超えた国際通信も可能ということに。

通信料が高いので一般向きではないかもしれませんが、ちょっと知っておくと面白いですよね。

なぜ先頭の0を抜く?

国際電話をかける際に先頭の0を抜く理由は、0は国内電話をかけるための識別番号だからなんです。

頭の0は国内電話の識別番号、その次の数字は市外局番を表しています。

例えば東京なら「3」、大阪だと「72」が市外局番となります。

だから国際電話と認識させるために、0を取って+81からかけるんですね。

とは言っても普通に国際電話を使うと、たった数分の電話でもえらい金額になってしまいます。

国内電話でもLINE通話を利用する人が多いのではないでしょうか?

なんてったって無料ですからね。

LINE電話は海外に行っても、Wi-Fiにつなげていれば無料通話が使えるんですよ!

もちろんビデオ通話も無料なので覚えておきましょう。