ただいま電話に出ることができませんを解決!すぐコールなしで流れるケースや履歴は残るのかなど

ただいま電話に出ることができませんを解決!すぐコールなしで流れるケースや履歴は残るのかなど

ただいま電話に出ることができませんは、相手が通話できない状況を示すものです。

なので「もしかして着信拒否?」と心配する必要はありません。

今回は「ただいま電話に出ることができません」が流れるときの相手の状況別・機種別・キャリア別の各パターンについて詳しく解説します。

あわせて着信拒否されている場合のメッセージなどについてもご紹介したいと思います。

なぜ?「ただいま電話に出ることができません」コールありの場合

なぜ?「ただいま電話に出ることができません」コールありの場合

「ただいま電話に出ることができません」(コールあり)のメッセージが流れるときは、電源が入っていて圏外でもないけど、相手の状況の都合で電話に出られないことを意味します。

・留守番電話に切り替わっている

・着信後に相手が手動で拒否ボタンを押した

(iPhone・アンドロイドの相手の端末が留守番電話サービスの設定になっていると、着信に気づいても通話できない状況にあるときなどは、手動で留守番メッセージに切り替えることができます。)


以上の場合が考えられます。つま「ただいま電話に出ることができません」の意味するところは、電話を受ける人の都合で今は出られないよ、ということなのです。

すぐコールなしで流れるケース 

すぐコールなしで流れるケース 

コールなしですぐに「ただいま電話に出ることができません」のメッセージが流れる場合は、

以下のケースが考えられます。

・相手の端末の電源が切れている

・圏外にいる

・相手の端末が機内モードの設定になっている

いきなりメッセージが流れると思わず不安になることもあるかもしれませんが、着信拒否されているわけではありません。

また、この場合は、掛かってくる電話すべてに対しての通話ができない状態であることを示しています。

なので着信拒否的なニュアンスの心配はいりません。

呼び出し音なしでのいきなり「ただいま電話に出ることができません」は、スマホの状態の都合で通話ができなくなっている、という意味になります。

留守番電話サービスに加入している場合のメッセージ2種類

相手が留守番電話サービスに加入していると、相手の端末の電源が切れていたり、圏外になっていたりしても以下のメッセージが流れます。

・ただいま電話に出ることができません。しばらくたってからおかけ直しください。ご利用ありがとうございました。

・ただいま電話に出ることができません。ピーと言う発信音の後に、お名前ご用件等を、お話しください。

相手に履歴は残るのか

相手に履歴は残るのか

相手に履歴が残るのは以下の場合です。

・相手の端末の電源が入っていて呼び出し音(プルルという音)が鳴った場合

・圏外だったり電源が入っていなかったりしても相手がキャリアで設定できる「着信お知らせ機能」を利用している場合はショートメールなどで着信履歴が相手に届く

なので以下のようなことに注意することをお勧めします。

注意するとよいこと

・相手の電源が入っていて呼び出し音が鳴った場合には、相手が出なくても掛けた回数だけの履歴が蓄積されてしまうこと

・相手が圏外や電源が入っていない状態で、かつ「着信お知らせ機能」を利用していない場合は必要に応じて電話以外の手段(LNE・メールなど)で連絡を試みてみる

ただいま電話に出ることができませんは着信拒否?(iphone・アンドロイド)

ただいま電話に出ることができませんは着信拒否?(iphone・アンドロイド)

「ただいま電話に出ることができません」というフレーズは、iphone・アンドロイド、そしてどのキャリアの着信拒否を示すメッセージにも含まれていません。

アンドロイドに至ってはメッセージすらなく、即、通話が遮断されます。

ちなみに相手がスマホの本体(iPhone・アンドロイド)で着信拒否を設定していると、通話の着信のほか、電話番号を使用するすべての機能(SMS・MMS・FaceTime・iMessage)が拒否されてしまいます。

スマホ本体で着信拒否設定するとこうなる

スマホ本体での着信拒否設定の場合は以下のようになります。

iPhone

拒否設定されている相手からの着信には、「おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません。」というメッセージが流れたあと、通話中の「プープー」という音が鳴ります。

アンドロイド

拒否設定されている相手からの着信には、呼び出しのコール音やメッセージなどは流れずにそのまま通話が切断されます。

もし着信拒否されていたらこんなメッセージが(ソフトバンク・ドコモ・au)

もし着信拒否されていたらこんなメッセージが(ソフトバンク・ドコモ・au)

ここではキャリア別に着信拒否されている場合に流れるメッセージをご紹介します。

相手が使用している機種やサービスごとに少しずつ違いはあるものの、いずれの場合でも「ただいま電話に出ることができません」というフレーズは含まれません。

ドコモ

ドコモの着信拒否メッセージ

「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません。」
https://www.docomo.ne.jp/service/annoyance_stop/index.html

※ドコモの着信拒否サービスは無料です。

au

auの着信拒否メッセージ

「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりおつなぎできません。」
https://www.au.com/mobile/service/meiwaku-gekitai/

※月額100円の「迷惑電話撃退サービス」

ソフトバンク

ソフトバンクの着信拒否メッセージは「お断りガイダンス」の9種類のなかから選択して設定します。

https://www.softbank.jp/support/faq/view/10573


1. こちらはソフトバンクです。お掛けになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。
2. こちらはソフトバンクです。お掛けになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。
3. この電話はお受けできません。
4. この電話はお繋ぎすることができません。
5. この電話はお客さまのご都合によりおつなぎできません。
6. せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。
7. 電話番号をお間違えではないですか?この電話はおつなぎできません。
8. おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりおつなぎできません。
9. This is SoftBank. By the customer’s request, this call can not be completed.

※月額100円の「ナンバーブロック」