アプリ・スマホ

iphoneのアプリが勝手にインストールされる原因と対処|消したのに再インストール?

iPhoneのアプリが勝手にインストールされることがあります。でも、iPhoneに勝手にアプリをインストールする機能はありません。

 

じゃあ、いつの間にか知らないiPhoneのアプリがインストールされてる、消したのに再インストールされてる事があるのはどうしてなんでしょう?例えば

 

  • 同じAppleIDでログインしている他のデバイスでダウンロードしたアプリがインストールされた
  • 購入時から入っていたアプリ(カメラ、safariなど)
  • バグ等の理由で消したのにアプリが再インストールされた
  • 誤操作などで無意識にダウンロードしていた

 

どれかに当てはまりましたか?

 

今回は、iPhoneのアプリが勝手にインストールされる原因と簡単にできる対処法などを紹介していきます。

 

iPhoneのアプリが勝手にインストールされることってあるの?

iPhoneにアプリが勝手にインストールされることは基本的にはありません。インストールされるには、何かしらの原因があることがほとんどです。

 

  • 同じAppleIDでログインしている他のデバイスでダウンロードしたアプリがインストールされた
  • 購入時から入っていたアプリ(カメラ、safariなど)
  • バグ等の理由で消したのにアプリが再インストールされた
  • 誤操作などで無意識にダウンロードしていた

 

アプリが新しくインストールされるには、必ずAppストア経由でインストールの操作が必要です。

 

いつの間にか知らないアプリがインストールされていたり、消したはずのアプリが再インストールされた時は、大抵の場合どれかに当てはまると思います。

 

他のデバイスでインストールしたアプリがインストールされる?

他のデバイス(iPadや家族のiPhoneなど)でインストールしたアプリが、あなたのiPhoneにインストールされているのかもしれません。

 

Appストアには、インストールしたアプリを、同じAppleIDでログインしている他の端末に自動でインストールできる機能があるんです。

 

何度もインストールする手間がはぶける便利な機能ですが、家族間で同じIDを使っている場合などに「勝手にインストールされた?」と思ってしまいます。

 

インストールしたくない時は、Appストアで「自動ダウンロード」をオフにする設定をしましょう。

 

 

「設定」アプリ→「App Store」をタップ→「App」をオフ

 

これで他のデバイスでインストールしたアプリが自動でインストールされることがなくなります。

 

覚えのないアプリがインストールされると戸惑ってしまいますが、この場合、故障や乗っ取りではないので安心してください。

 

購入時から入っていたアプリかも?

購入時から標準で入っていたアプリかもしれません。

 

iPhoneを購入した時に標準で入っているアプリ(プリインストールアプリ)は思ったよりたくさんあります。

 

インストールした覚えのないアプリがある?と思ったら標準アプリではないか確認してみましょう。

 

他にも、広告などから無意識のうちにアプリをインストールしてしまっていたり、iPhoneのバグなどの原因も考えられます。

 

 

勝手に再インストールされるのは「アップデート」

勝手に再インストールされるのは「アップデート」後のバグの可能性もあります。

 

使わないな、と思って消したはずのアプリが再インストールされた時は、アップデートした事が原因かもしれません。

 

消したはずのアプリが再インストールされたり、一部のアプリが起動しなかったり、すぐに落ちてしまったり。

 

ソフトウェアのアップデート後には、今までに色々なバグが起こっているようです。

 

特に、これまでのメジャーアップデート(新機能の追加など、ios新バージョンへのアップデート)の後には多くのバグが報告されています。

 

アップデートの後、消したはずのアプリが再インストールされてる!と思ったらアップデート後のバグのせいかもしれません。

 

かといって、古いiosを使い続けるのもバグの原因になってしまうので難しいところですね。

 

自動更新の設定を変更する方法

自動更新の設定を変更する方法ですが、簡単に「設定」アプリからiosの自動アップデートをオフにできます。

 

 

「設定アプリ」→「一般」をタップ→「ソフトウェア・アップデート」を選択→「自動アップデート」からダウンロード・インストールのオンオフを切り替えて、自動更新の設定を変更します。

 

設定をオフにして好きなタイミングでソフトウェア・アップデートを行う事ができますが、古いバージョンのiosを使い続けることはオススメできません。

 

最新機能やセキュリティ、発見された不具合の解消などの必要な機能がインストールされていないと、あなたのiPhoneが危険にさらされたり、正常に作動しない原因になってしまいます。

 

一時的なバグなどの不安要素はありますが、新しいバージョンが公開されたら早めにアップデートをしておいた方がいいでしょう。

 

iosダウンロードとインストールの違いって?

iosダウンロードとインストールの違いって何?と思って調べてみました。

 

簡単に説明すると、ダウンロードはアップデートする為のデータをiPhoneに保存をすることで、インストールはアップデートをiPhoneで実行することです。

 

公開されたアップデートデータをダウンロードして、いつでもアップデートができる状態にするのが「ダウンロード」、保存されたデータでiosのアップデートを実行するのが「インストール」です。

 

インストールしなければ、アップデートは実行されないので、バグなどが心配で自動更新をオフに切り替えたい時は、インストールだけをオフにしていつでも手動でアップデートできる状態にしておくのが良いかなと思います。

 

消したアプリが勝手に再インストールされた?

消したアプリが勝手に再インストールされたのは、iCloudにデータを預けている事が原因かもしれません。アップデート後のバグ以外でも、クラウドのデータを削除していないと再インストールされる事があるので注意が必要です。

 

また、削除したアプリも、Appライブラリの一覧に表示される仕様になっているので誤って再インストールしてしまう事があります。

 

ホーム画面を左にスワイプしていくとAppライブラリが表示されて、検索ウィンドウをタップすると一覧が開きますよね。

 

 

こんな感じで、右側のクラウドマークを押すと再インストールされるので気をつけましょう。

 

他にも、標準アプリ(購入時にはじめから入っている純正アプリ)は削除しても、アップデートすると再インストールされる場合があります。

 

入れた覚えのないアプリは削除しよう

入れた覚えのないアプリは削除してしまいましょう。

 

個人情報が盗まれたり、フィッシングメールが大量に送られてきたり、悪質な不正アプリの可能性も0ではないので覚えのないアプリは削除した方が安心です。

 

削除の前に、サブスクリプション契約や、会員登録がされていないかの確認をしっかりしておきましょう。

 

アプリを削除しても、サブスクリプション契約の解除をしていないと続けて利用料金が発生することになってしまいます。

 

覚えのないアプリは削除!削除の前にサブスクリプションや会員登録をしていないかしっかり確認してください。

 

まとめ

iPhoneのアプリが勝手にインストールされてる?と思ったら

 

  • 同じAppleIDでログインしている他のデバイスでダウンロードしたアプリがインストールされた
  • 購入時から入っていたアプリ(カメラ、safariなど)
  • バグ等の理由で消したのにアプリが再インストールされた
  • 誤操作などで無意識にダウンロードしていた

 

まずは、当てはまるものがないか確認してみてください。

 

覚えのないアプリがインストールされていると、故障や乗っ取りかも?と心配になってしまいますが、「自動ダウンロード」をオフにすることで解決することが多いです。

 

必要ないアプリは削除しましょう。削除の前にサブスクリプションや会員登録をしていないかしっかり確認した方が安心ですね。

 

スポンサーリンク

-アプリ・スマホ

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.