iPhoneのカメラが勝手に起動するのはウイルスのせい?緑マークがつくのは監視されてる?など詳しく紹介

  • URLをコピーしました!

iPhoneのカメラが勝手に起動する原因がウイルスによる可能性は低く、大抵の場合は誤動作によるものです。

iPhoneをふと見ると、なぜかカメラが起動していてびっくりしたこと、ありませんか?

何も操作した覚えがないのに・・・もしかしてウイルスか何かのせい?たくさんアプリを入れていたり、いろんなサイトやSNS、WEBに常時接続していたら、何かあってもおかしくないかも・・と、心配になりますよね。

はたしてウイルスによる可能性はあるのかないのか?勝手に起動する原因は?そして画面に緑マークがつくのは誰かから監視されてる?など、不安になる現象について詳しくご紹介します。

iPhoneのカメラが勝手に起動するのはウイルスのせい?

ふと気づくとiPhoneのカメラが勝手に起動していた!いつのまにか画面がカメラになっていた、ということがあると 驚きますよね。

ロックしていたのになぜ??もしかしたらウイルスにやられたかも・・・なんて心配になるかもしれません。

でもほとんどの場合、それはウイルスではなく誤動作によるものです。

iPhoneに限りませんが、スマホ・スマートフォンなどのカメラは「撮りたいときにすぐ使える」ことが求められるため、簡単に起動するよう設計設定されています。

そのため、ロック画面のカメラアイコン表示や、スワイプ(指で画面をなでる、こする動作)設定があるのです。

ただ簡単に起動できるが故に・・・

  • 意図せず自分の手が触れてスワイプした状態になってしまった
  • バッグなどの中に入れていて他の何かがiPhoneの画面に当たりカメラアイコンやコントロールセンターをタップする形になってしまった

ということになるようです。

相性というのか、バッグの中にこれを入れていると接触して誤動作しやすいというものがあって、カメラだけでなくいつのまにか電話をかけていた・・ということもあります。

頻繁に起きて困る、という場合は画面がカバーされるタイプのケースを使うなどすると防げるかもしれませんね。

iPhoneのカメラが乗っ取りされる可能性は?

誤動作じゃなく、iPhoneのカメラには乗っ取りの可能性、危険性もあるんじゃないの?ということも気になりますよね。

本体・機器においてiPhoneは、Androidと比較してセキュリティが高いと言われてます。

インストールするアプリもappstoreからであれば厳正な審査を通っているから安心、なのですが、appstoreにはないアプリや機能(カメラのシャッター音を消すなど)を使いたいから、とJailbreak(脱獄)と呼ばれる制限解除(改造)をするとそのセキュリティが機能しなくなります。

さらに危険なアプリをインストールしてしまい、結果iPhone本体を乗っ取られる可能性があります。

また、iPhoneの使用にはAppleIDが必要ですが、これが何らかの理由で他者の手に落ちてしまうと AppleID・パスワードを使われてデバイスが遠隔操作されることになるかもしれません。

そうなるとカメラの乗っ取りも可能になってしまいます。

上記の2点、脱獄をしたか直近「Apple ID サインインが要求されました」通知が来ていなかったか、などに思い当たることがなければ乗っ取りの可能性は高くないと考えられます。

ロック画面でカメラを起動させない設定方法

ロック画面からすぐにはカメラを起動させない設定にすることは不可能ではないのですが、ロック画面からだけでなくカメラの起動すべてにその設定が適用されてしまいます。

写真をよく撮る、シャッターチャンスは逃したくない!という方にはおすすめできませんが、「カメラを全く使わない」か「ワンアクションでカメラが起動しなくても問題ない」という方には可能な設定です。

スクリーンタイムで「カメラ」アプリの許可を外す

  • iPhoneの「設定」から「スクリーンタイム」を開きます
  • スクリーンタイムをオンにします
  • コンテンツとプライバシーの制限、で設定します(続けるをタップ)
  • 常に許可 メニューから「カメラ」の選択を外します(許可されたアプリではない状態にします)

以上で設定完了です。

iPhoneの電源ボタンを一度押し、ロック画面を表示させてカメラが起動しないことを確認してください。

コントロールセンターにもカメラアイコンは表示されず、ロック解除して画面を確認してもカメラアイコンは見つかりません。

カメラを使わない、以外にロック画面からカメラを起動させない方法はない

結局のところ、現時点では日常的にカメラを使う人に「ロック画面からカメラを起動させない方法」はない、ということになります。

自分が使いたいとき、すぐに簡単に使えるという点ではとても便利なのですが、簡単すぎてもそれはそれで困るカメラ問題。

コントロールできるような仕様にしてほしいものですね。

カメラに監視されてる?勝手に緑マークがつく理由

iPhone のステータスバーに表示される緑マークは AppleのHPによると「iPhoneのカメラが起動中であることを表示するインジケータ」ですが、カメラを使っていないのに表示されていることがあります。

すぐに消えてしまうので気づかないこともありますが、遠隔操作?監視されてる?など気になってしまいますよね。

もしそれがサインイン、ログインやアプリを開いたときのことなら、ご安心ください。

FaceIDを使用していると、認証時にFaceIDのためのカメラが起動したことで表示されるインジケータです。

もしかしたら別のアプリが動いているかもしれないので、念のために起動中のアプリを確認しておいてもよいかもしれませんが、すぐに消えていれば心配しなくても大丈夫です。

カメラが勝手に動く「ゴーストタッチ」とは

iPhoneには何もさわっていないのにカメラが勝手に動いたり、電話をかけたり、または操作がなにもできなくなるなどの不具合が起こることがあります。

「ゴーストタッチ」と呼ばれる不具合なのですが、使いたいときに使えないのはもちろん誤作動によってメッセージが送信されたり電話がかけられたりすると他の人にも影響するし、本当に困りますよね。

このゴーストタッチが起こる原因は

  • バッテリーの劣化、発熱
  • ディスプレイの傷や汚れ
  • iPhoneの不具合

などと言われています。

iPhoneなどスマホ内蔵の電池はリチウムイオン電池ですが、リチウムイオン電池はそれまでの充電池より安全性が高く電池容量が大きいのですが、熱に弱いのが特徴です。

長時間の使用や高い温度環境での使用が原因で発熱し、機器の動作停止や、バッテリーの膨張による他の部品の圧迫で本体故障、ゴーストタッチにつながることがあるそうです。

発熱していたら熱を下げるのが先決!適温になることでば不具合が解消する可能性があります。

バッテリーが経年劣化していたら早めの交換、そして充電しながらの使用もバッテリーを傷めるので避けたほうがよいでしょう。

ディスプレイの傷や汚れは、それによって画面が反応して操作状態になることがあります。

ゴーストタッチが起こったらまず画面に傷や汚れがないか確認して、汚れなどあればきれいにします。

傷もそのために動作不良となる場合があるのでやはり早めに修理することをおすすめします。

iPhoneの一時的な不具合は、再起動で解消する場合が多いのですが、ゴーストタッチが起こった時の対処法としても、基本的に再起動させることが有効です。

それでもだめなら、iPhone本体の不具合が考えられますが、修理が必要かどうか、という点のほかに、iPhoneもモデルやiosのバージョンで対処法が異なる場合があるので、再起動してもダメな場合は、Appleサポートに問い合わせてみると早く解決するかもしれません。

ちょっと繋がりにくいときもありますが、事例や解決法を丁寧に教えてくれるので、よろしければ一度お試しください。