郵便・宅配

レターパックをポスト投函する時、左右どっちに入れるの?厚さがあって入らない時、押し込むのはNG?お届け日数、追跡の方法まで!

レターパックをポスト投函する時、「あれ、左右どっちだっけ?」と迷うことがありませんか。

 

そんな時は「ポストの右側」に入れてみてください。

 

投函する場所が左右2個ついているポストの場合は、左右それぞれに入れる郵便物の種類が書いてあります。

 

間違えて、左側にいれても大丈夫。

 

集荷後、ちゃんと仕訳けてくれるからです。

 

今回の記事では、レターパックをポスト投函する時、左右どっちに入れるのか、厚さがあって入らない時の対処法、お届け日数、追跡の方法なども取り上げて詳しく紹介していきます。

 

 

レターパックをポスト投函する時、左右どっちに入れるの?

レターパックをポスト投函する時、左右どっちに入れるの?

 

レターパックをポスト投函する時は、「レターパック」と書いてある右側に入れてください。

 

大きめのポストは、だいたい左右2個の投函口があります。

 

左側は、「手紙・はがき」、<お願い>として注意書きがあり、「往復はがき・不在通知書・厚みのあるものは右側に入れてください」と書かれています。

 

右側は、「その他郵便物・大型郵便・速達郵便・レターパック・国際郵便 等」と書かれています。

 

ちょっと特殊で、しかも厚みのある郵便物は、「右側」と覚えておくとよいですね。

 

もしも、投函口が1個しかないポストの場合は、そのまま入れても大丈夫です。

 

まとめて集荷したあとに、手紙、はがき、などの様々な郵便物を分別してくれるからです。

 

まとめ

 

レターパックをポスト投函する時は、「レターパック」と書いてある、「右側」に入れましょう。

 

さらに、仕分けする人たちのことを考えて、できるだけ「レターパック」と書いてある側に入れると親切かなって思います。

 

 

 

厚さがあって入らない時、押し込むのはNG?レターパックプラスとレターパックライトで違うの?

厚さがあって入らない時、押し込むのはNG?レターパックプラスとレターパックライトで違うの?

厚みがあって入らない時は、無理に押し込むのは良くありません。

 

厚みがある場合は、レターパックプラスに郵送物を入れて、郵便局の窓口に行くか、集荷の依頼をして郵送をします。

 

レターパックプラスとレターパックライト、それぞれ決まった郵送方法があるのでみていきましょう。

 

レターパックプラス

レターパックプラスの最大の特長は、「厚み制限がない」ことで、日本全国一律520円で郵送ができることではないでしょうか。

 

「厚み制限がない」といっても、発送方法は、ポスト投函・郵便局の窓口・集荷の3種類あるので、ポストに投函できない厚みのときは、郵便局の窓口で発送するか、または集荷の依頼をする必要があります。

 

窓口で発送し、集荷の依頼をするので、郵便局の営業時間内に手続きが必要です。

 

レターパックプラスは、重さは合計4kgまでなら郵送でき、大きさはA4サイズで、赤字でレターパックプラスと記載されています。

 

ここで注意してもらいたいことがあります。

 

レターパックが著しく破れたものは、損害賠償は行ってくれないということです。

 

無理に押し込んだ場合、レターパックが破れて中身が破損する可能があります。

 

無理に押し込んで投函できたとしても、万一配送途中に破れた場合は、損害賠償が無いということを覚えておきましょう。

 

郵便局のホームページには、お引き受けできない場合の条件が詳しく載っていますので、ぜひ確認してみてください。

 

レターパックライト

レターパックライトは、厚み制限が3cm以内で、日本全国一律370円で郵送ができる商品です。

 

「厚み制限が3cm以内」だから、発送方法はポスト投函するだけで、配達方法は郵便受けなので、発送する側も受け取る側も、非常に楽です。

 

大きさはA4サイズで、青字でレターパックライトと記載されています。

 

レターパックライトも同様に損害賠償がありません。

 

 

まとめ

 

・厚さがあって入らない時、押し込むのはやめましょう。

 

・厚みが3cmを超えるものは、赤字で印字されている「レターパックプラス」を使い郵送してください。

 

・「レターパックプラス」の発送方法は、ポスト投函、郵便局の窓口、集荷の3種類あるので、郵便局の営業時間内に窓口や集荷の依頼をしてください。

 

・レターパックライト、レターパックプラス共に、損害賠償はないので、無理に押し込んで封筒を破損させないように注意しましょう。

 

・大きさはA4ファイルサイズ、重量4kgまでに収まるようにします。

 

土日にポスト投函しても集荷してくれる?

レターパックは、土日にポスト投函しても集荷してくれます。

 

郵便局は休みで閉まっていても、外にあるポストに投函することができるからです。

 

ポスト投函するときの注意点を下記にまとめておきます。

 

・地域の「平日と土日の集荷時間・集荷回数」を確認

 

・レターパックプラスで投函する場合、対面での配達なので受領印または署名が必要

 

地域の「平日と土日の集荷時間・集荷回数」を確認するのは、例えば土曜日の12時が最終集荷時間の場合、13時にポスト投函しても翌日の日曜日の集荷扱いになるからです。

 

レターパックプラスで投函する場合、対面での配達なので、例えば土曜日にポスト投函して翌日の日曜日届いたとしても、受取人が不在の場合はすぐに手渡しできないということです。

 

不在通知書を置いていくので、再配達の依頼はできますが、受取人が配達当日いるかいないか、事前に確認しておいたほうがよいですね。

 

 

まとめ

 

レターパックは、土日にポスト投函しても集荷してくれます。

 

「翌日扱い」にならないように、地域の「平日と土日の集荷時間・集荷回数」を確認しましょう。

 

レターパックプラスで投函する場合、対面での配達なので、受取人が配達当日いるかいないか、事前に確認しておきましょう。

 

ポスト投函後、いつ届く?日数は?

 

レターパックプラスでポスト投函した場合、1日、遅くても2日で届きます。

 

つまり、投函した翌日、遅くても翌々日に届きます。

 

レターパックライトでポスト投函した場合は、ほとんど同じくらいにか、またはプラス一日かかるくらいです。

 

郵便局のHPでお届け日数を調べることができます。

 

郵便局のHPで「検索」ボタンを押し、「お届け日数を調べる」画面をひらきます。

 

差出人の郵便番号とあて先の郵便番号を入力して検索すると、さまざまな郵便物が表示され、それぞれ何日かかって届くかが、一覧でみることができます。

 

レターパックは、はがき・手紙など通常の郵便物に比べて比較的早く届けられるのがわかるかと思います。

 

追跡したい!方法は?いつ反映する?

追跡方法

レターパックを出したけど、「もう届いたかな? いつ届くかな?」と心配になることもありますよね。

 

そんな時は、郵便局のHPにある追跡サービスという機能をつかって追跡できます。

 

まず、郵便局のHPトップ画面を開き、「検索」ボタンを押して「追跡サービス」と入力して「検索を実行」ボタンを押します。

 

次に、検索結果に表示された、おすすめのページより「追跡サービス(荷物等お問合せ)」をクリックします。

 

「お問合せ番号」の箇所に、レターパックに記載されていた12桁の番号を入力して、「追跡スタート」ボタンを押すと、配達状況を確認することができます。

 

このときに注意してほしのは、検索結果を正しく表示するために、12桁の番号を間違いなく入力することです。

 

いつ反映するの?

さらに、「お問い合わせの番号が見つかりません」と表示された場合は、とりあえず時間をあけてまちましょう。

 

まだ集荷担当者が集荷の処理をしていない可能性があるか、または、当日の集荷時間に間に合わなかったためだと考えられるからです。

 

時間をあけて、翌日になっても「「お問い合わせの番号が見つかりません」と表示された場合は、近くの郵便局に確認してみてください。

 

追跡番号を紛失してしまったら?

シールの剥がし忘れ、シールの紛失、ということは誰でもあるかもしれません。

 

追跡番号シールを紛失したときは

・郵便局へ直接問い合わせる

・受取人に事前に連絡する

・郵便局に取り戻し請求をしてみる

 

さらに、追跡番号シールを紛失しない方法は?

 

詳しく解説していきましょう。

 

郵便局へ直接問い合わせるのは、郵便物がまだ近くにありそうなときに有効な手段です。

 

管理郵便局に探し出してもらい、追跡番号を教えてもらえる可能があります。

 

受取人に事前に連絡するのは、できることなら避けたいけど、一番シンプルでおすすめな方法です。

 

理由は、受取人に「報連相(ホウレンソウ)」することで、お互いの信頼関係を構築するという意味があるからです。

 

報連相というのは、報告・連絡・相談という意味で、よくビジネスの現場で使われます。

 

たとえ個人相手にしても、すぐに連絡するという行動が必要だと思います。

 

おっちょこちょいだけど、正直な人だな、クレームをつけるのはやめておこう、と思ってくれるかもしれません。

 

郵便局に取り戻し請求をしてみるのは、サービス自体のキャンセルができないのと、別途料金がかかる方法です。

 

郵便物の配達前が条件で、近くの郵便局や取扱局で取り戻し請求をして、配達の取りやめをしてもらいます。

 

レターパック自体の料金の返金はできないことと、取り戻し請求をする手数料が別途かかり、さらに直接郵便局へ行かなくてはならないという、お金と時間の損失につながります。

 

追跡番号シールを紛失しない方法は、おすすめは追跡シールを剥がし取る前に、スマホで画像保存することです。

 

あとで、スマホで画像保存した番号を、受取人に知らせることができます。

 

まとめ

 

・追跡方法は、郵便局ホームページの「追跡サービス」を利用してください。

 

・いつ反映するかは、集荷の処理をするまでに時間がかかるので、しばらく時間をおくか、翌日確認してみてください。

 

・もしも追跡番号を紛失してしまったら、受取人に事前に連絡してみることをお勧めします。

 

・今後、「追跡番号紛失事件」を起こさないために、追跡シールをスマホ保存しましょう。

 

 

-郵便・宅配

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.