料理

レンコンの穴が黒い理由と洗い方|食べても大丈夫ですよー

 

レンコンをスーパーなどで購入するときに、レンコンの穴が黒くなっていて腐っているように見えたことがありませんか?

 

見た目があまりよくないですが、実はレンコンの穴が黒くても食べて大丈夫です。

 

食べてもいいとは言え、あの黒いのなんなの?という気持ちもわかります。

 

こちらでは、レンコンの穴が黒くなる理由や、黒いレンコンの洗い方などを紹介していきます。

 

最後にちょっとしたレンコンの豆知識編もありますので、最後まで読んでみてください。

 

 

レンコンの穴が黒い理由

 

レンコンの穴が黒い理由

 

レンコンの穴が黒い理由として、考えられることは以下の2つです。

 

・レンコン中のポリフェノールが空気に触れて変色している

 

・泥がついている

 

ポリフェノールは、空気に触れると酸化して茶色く変色します。

 

りんごを切ってしばらくすると、茶色くなってきますよね?

 

それと同じ現象がレンコンでも起こっています。

 

決して腐っているわけではないので、食べても問題ありません。

 

また、レンコンを水でゆすいだときに黒い部分が落ちる場合は、酸化ではなく単に泥がついているということもあります。

 

いずれも流水できれいにすれば、とっても安全なレンコンです!

 

 茶色い部分は皮?

 

レンコンの外側が中身より薄茶になっているのは、ポリフェノールや泥ではなく、レンコンの皮です。

 

レンコンの皮は皮むきピーラーむいてから料理するのが一般的だと思いますが、実は食べることができます。

 

むしろ皮のほうが栄養価が高いなんて言われています。

 

レンコンステーキなど、レンコンを丸ごと食べるレシピもあるので、抵抗が無い人は食べてみてくださいね。

 

 

土や泥が入っているのはなぜ?

 

土や泥が入っているのはなぜ?

 

レンコンは蓮(ハス)という水生植物の地下茎で、水田の泥の中で生息しています。

 

水田の中で生息しているので、収穫した時点では泥がついています。

 

その泥を洗浄して出荷する場合と、泥をそのままにして出荷する場合があります。

 

泥を落とさずに出荷するのは理由があり、泥を洗浄するとレンコンの穴が空気にさらされ、酸化が進みやすくなります。

 

そのため、あえて洗浄せずに出荷されることがあるのです。

 

なので泥付きのレンコンは汚いというよりも、化学的な漂白はされていないので安全と思ってよいでしょう。

 

 

黒い部分の洗い方

 

黒い部分の洗い方

 

レンコンの外側についている黒い泥汚れは、丸めたアルミホイルを使って流水の中でこすると程よく皮も剥げてきれいになります。

 

また、れんこんの穴の中が黒くなっている場合は貯め水の中で、割ってない割りばしにキッチンペーパーを挟んで穴に入れると洗いやすいです。

 

レンコンの穴が小さい場合は、綿棒などできれいに取り除くことができます。

 

基本的に黒いものは毒ではないので、そこまで神経質に取り除かなくても大丈夫です。

 

レンコンを白くしたい場合

 

レンコンは、”見通しが良い”と縁起物の食べ物として有名です。

 

酢蓮など、お祝い御前などにも使われるレンコンは、見た目が重視される場合があります。

 

見た目重視の場合は、あまり割りばしやアルミホイルなどでレンコンをこするのは、傷つくので向いていません。

 

白くきれいにしたい場合は、酢水につけると良いです。

 

ボウルにスライスしたレンコンを入れ、ひたひたの水を入れます。

 

その中にお酢を大さじ一杯程度入れ、数分放置します。

 

すると、きれいに発色します。

 

ただ、そのまま酢水につけすぎると逆にまた変色してしまうようなので、すぐに使わない場合は普通の水につけておきましょう。

 

豆知識・れんこんの穴の数は決まってる?

 

豆知識・れんこんの穴の数は決まってる?

 

これはちょっとした豆知識となりますが、レンコンの穴の数は決まっているかどうかです。

 

答えはNOです。

 

レンコンの穴は、真ん中に1個でその周りを7~10個程度で囲っています。

 

穴の数は、8個がスタンダードといわれていますが、作られている品種によっては9個、大型なものだと11個空いていることもあります。

 

レンコンってなんで穴があいているの?

 

レンコンの穴には意味があります。

 

先述したように、レンコンは水田の泥の中に生息しています。

 

泥の中は酸素が少ないので、レンコンは呼吸ができません。

 

そこで空気中から、泥の中に酸素を取り入れるため穴が開いています。

 

れんこんが生息するためには、重要な穴なのです。

 

 

まとめ

 

最後に内容をまとめます。

 

・レンコンの穴が黒い理由は、ポリフェノールが変色したせいか、泥がついているため

 

・レンコンの穴が黒くても、食べても大丈夫

 

・レンコンは蓮の水中の茎なので、泥の中で生息している

 

・穴の泥は割りばしなどの棒を駆使して洗う

 

・【豆知識】レンコンの穴の数は8~11個!

 

・【豆知識】レンコンの穴は、空気中の酸素を泥の中でも取り入れるために空いている

 

レンコンは、ポリフェノールやビタミンC、食物繊維などが豊富で美容にも良い食材と言われています。

 

特に、穴の黒いレンコンはポリフェノールたっぷりで、抗がん作用やコレステロールを減少させる効果があります。

 

見た目が悪いからと、敬遠せずにぜひ積極的に選びましょう!

スポンサーリンク

-料理

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.