ゲーム・遊び

多数決ゲームのお題一覧【2021・シンプルで盛り上がる!】

 

『多数決ゲーム』とは、お題に対して『多数』を選んだら勝ち、というシンプルなゲーム。

 

でも実は奥が深く、とっても盛り上がるゲームなのです。

 

ルールが簡単なので、誰でも楽しむことができますよ。

 

ゲームのお題も一覧で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

多数決ゲームのルールを簡単におさらい

 

【多数決ゲームのルールをご紹介】

 

■4人以上の複数人で行う(できるだけ多いほうが◎)

 

■自分がお題に対して多数だと思った選択を選ぶ(周りと相談するのはNG)

 

■少数を選んでしまったら負け

 

■全員答えが一致したらノーカウント、もしくは出題者の負け

 

【準備すること】

 

■あらかじめ、答えを2択から選ぶタイプのお題を多めに用意する

 

もしくは、お題を出す人を交代で行う。

 

 

ルールはこれくらいです。(必要に応じて適宜変更してください)

 

 

多数だと思う方の選択肢を選んでいけば勝ち、というシンプルなこのゲーム。

 

でも、それがとっても難しい。

 

初めて顔を合わせるメンバーならなおさら、何を選ぶか予想がつきません。

 

出題する問題や、その場にいるメンバ―で答えが変わるため、予想できない奥深さを持つゲームです。

 

◎出題する問題や答えから意外な一面や好みが分かるので、知り合ったばかりのメンバーでやるのもおすすめです。

 

盛り上がるポイント

 

■掛け声を入れると盛り上がる!

 

掛け声の部分をオリジナルで考えるのも楽しみの一つ。

 

『~から始まる、○○ゲーム!』、『せーの!』など、掛け声を入れると盛り上がりますよ。

 

 

■質問タイム、駆け引きタイムを入れる!

 

単純に答えを選ぶのではなく、選択するごとに駆け引きを取り入れると盛り上がります。

 

相手の決断を揺さぶる作戦を立ててみると、ゲームが更に盛り上がりますよ。

 

 

■ちょっとした景品を用意する!

 

優勝したらお菓子がもらえる、などポジティブな要素を取り入れるとわくわく感アップ。

 

多数決ゲームのお題一覧

多数決ゲームのお題一覧

 

多数決ゲームのお題をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

■スマホで動画を見る時、横向きで見るか、縦向きで見るか

 

■あんこはこしあん派か、つぶあん派か

 

■和食派か洋食派か

 

■好きなものは先に食べるか、後に食べるか

 

■メールやラインはすぐ返すか、少し待ってから返すか

 

■犬派か、猫派か

 

■旅行の計画は念入りに考える派か、行ってから考える派か

 

…などなど。

 

 

※年齢層や男女など、集まっているメンバーによって出す質問の傾向を変えてみましょう。

 

逆ルール、少数決ゲームのやり方

逆ルール、少数決ゲームのやり方

 

少数決ゲームは、多数決の逆で『少数派』を競うゲーム。

 

やり方は多数決ゲームとほとんど同じですが、途中で少数決に切り替えてみるのも面白いですよ。

 

 

【少数決ゲームのやり方】

 

■4人以上の複数人で行う(できるだけ多いほうが◎)

 

■出題者を決める、又はお題を用意する

 

■そのお題に対して少数だと思う答えを選ぶ

 

■少数派をできるだけ沢山選んだ人の勝ち

 

■全員答えが一致したらノーカウント、もしくは出題者の負け

 

◎こちらも適宜変更して行ってみてください。

 

 

漫画原作作品『ライアー・ゲーム』では、少数決ゲームが取り入れられていましたね。

 

ライアーゲームのように、少数派を選んだ人が勝ち残っていく、勝ち残り形式もあります。

 

脱落するというハラハラ感が、ゲームを盛り上げてくれますよ。

 

◎脱落してしまった人が出題役をするというのも面白そうですね。

 

まとめ

 

シンプルで簡単、且つ盛り上がる多数決ゲーム。

 

持ち物も複雑な準備もいらないので、おうちで手軽に、誰でも気軽に楽しむことができますよ。

 

人数は多いほうが盛り上がるので、ご家族や、リモート飲み会等でぜひ行ってみてください。

 

大人数で遊ぶなら、「意思疎通ゲーム(以心伝心ゲーム)もおすすめ

お題ややり方はこちらにまとめてあります。

以心伝心ゲームのお題・例題【2021】カップルや友達で盛り上がろう|意思疎通ゲーム

 

 

 

スポンサーリンク

-ゲーム・遊び

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.