マックデリバリーの値段まとめ・店舗とちがう?最低金額はいくらから?クーポンは使えないのかなど一挙紹介

マックデリバリーの値段は、店舗で購入するより20〜60円ほど高くなっています。

さらに配送料300円かかりますよ。

デリバリーの最低金額は1500円からなので、注文の際によく確認しましょうね。

また、マックデリバリーで使えるクーポンがあるんです。

マックの公式アプリからゲットできちゃうので、まだアプリをダウンロードしていない方はぜひ利用してみましょう。

マックデリバリーの値段・店舗とは違うの?

マックデリバリーの値段、実は店舗で購入するよりも高いんです。

主なメニューの値段を比較してみましょう。

  • ハンバーガー

マックデリバリー 150円

店舗 130円

  • ビッグマック

マックデリバリー 430円

店舗 390円

  • マックフライポテトMサイズ

マックデリバリー 340円

店舗 280円

  • チキンマックナゲット5ピース

マックデリバリー 250円

店舗 200円

  • コカ・コーラMサイズ

マックデリバリー 270円

店舗 220円

  • チーズバーガーハッピーセット

マックデリバリー 550円

店舗 500円

ざっと比べてみたところ、20〜60円の差があります。

デリバリーは自宅まで届けてくれるので、忙しい時や外出できない時に便利なサービスですよね。

そのため、店舗に買いに行くよりも高くなるのは当然かもしれません。

さらにマックデリバリーは配送料もかかるんです。

次で詳しく説明しますね。

配送料はいくら?

配送料はいくら?

マックデリバリーの配送料は一律300円かかります。

デリバリーだと商品が高くなる上に配送料が別途かかるため、「高い!」と言われても致し方ないですよね。

それでも自宅の玄関まで届けてくれる便利さには勝てません。

一歩も外に出ないでマックが食べられるんですから。

一人でマックデリバリーすると配送料300円は高く感じるかもしれませんが、何人か集まってまとめてオーダーするとどうでしょう。

2人ならひとり150円、3人ならひとり100円、5人ならひとり60円…

大勢で利用すれば、配送料は割安ですよね。

しかもデリバリー限定で、「デリ得3人用セット」や「おもいっきりポテナゲ+選べる2品」といったお得なメニューがあるんです!

デリ得3人用は最大700円、ポテナゲ+選べる2品は最大1100円もお得になることも。

配送料300円かかっても、お得になる可能性アリです。

ちなみにデリバリーサービスは宅配エリアが限定されています。

マクドナルド公式サイトの「マックデリバリー」から、都道府県・市町村を入力して宅配可能エリアを検索しましょう。

「宅配エリアは見つかりませんでした」と出たら残念ながらNG。

宅配可能エリアなら「○丁目」が表示されるので選んでくださいね。

会員登録すると注文画面に移ります。

では次に、最低注文料金はどうなっているのか?見ていきましょう。

最低金額はいくらから?

最低金額はいくらから?

マックデリバリーの注文最低金額は1500円からとなっています。

朝マックは1000円からデリバリーOK。

受付時間は通常メニューは朝7時〜夜23時、朝マックの最終受付時間は10時20分となっています。

朝マックは通常、10時30分に通常メニューに切り替わりますね。

切り替え時間を見込んでの最終受付ということでしょう。

また、注文最低金額に対して、なんと注文最高金額があることを知っていますか?

マックデリバリー公式サイトには「12,000円を超えるご注文は承ることはできません。」と注意書きがあるんですよ。

マックで12,000円の注文はなかなか見ない金額ですよね…

でもデリバリーだから大人数で頼んじゃおう!となったら、そのくらいの金額になってしまうかもしれませんね。

例えてみましょう。

デリバリー用ハンバーガーハッピーセット520円だと24人分。

マックデリバリーセット1500円だと8人分。

イメージできたでしょうか?

大人数だと注文可能最高金額を超えてしまう可能性もありますが、2〜3人で食べ切れる一般的な量であれば、収まりそうですね。

マックでデリバリーできる最低・最高金額。

いざという時に覚えておくと、スムーズに注文できますよ。

クーポンは使える?使えない?

クーポンは使える?使えない?

マックデリバリーでは「KODO」というクーポンが利用可能。

KODOはマクドナルド公式アプリで取得できますよ。

マックの公式アプリを開いてホーム画面を下の方にスクロールしていくと、KODOの文字が見えてきます。

KODOはお客様アンケートになっているんです。

タップすると「お客様の声をお聞かせください。」と表示されます。

アンケートを開始しましょう。

利用した店舗を選択または入力して、接客や品質についての質問に答えていきます。

今後のサービスのためにも、正直に答えるのが良いでしょう。

KODOのアンケートに答えると数時間でクーポン配信と記載されていますが、早ければ回答送信後すぐに発行されることも。

クーポンは店舗購入でも利用可能です。

店舗とデリバリーではクーポン特典が異なるので、よく確認することをオススメします。

一例として、店舗購入では「ドリンクSまたはポテトSまたはソフトツイスト」が、マックデリバリーでは「ホットアップルパイ」がゲットできちゃいます。

ただし有効期限があるので注意です。

デリバリーで使うときは、クーポンコード欄に番号を入れるだけでOKです。

KODOアンケートで簡単にクーポンをゲットできるので、ぜひ利用してみてくださいね。

高い?出前館やウーバーイーツと比較してみる

高い?出前館やウーバーイーツと比較してみる

マックをデリバリーできるのは、

  • マックデリバリー
  • Uber Eats
  • 出前館
  • Wolt

の4種類です。

マックデリバリーは商品の金額や配送料がマクドナルド公式サイトで確認できます。

出前館やUber Eats、Woltでマックを注文する場合は、アプリをダウンロードする必要があるんです。

事前にダウンロードと会員登録を済ませておくとスムーズですよ。

マックデリバリー・Uber Eats・出前館・Woltは全て同じ商品金額となっています。

異なるのは配送料。

比較したものを見てみましょう。

マックデリバリー▷一律300円

Uber Eats▷距離・地域によって異なり、さらに手数料もかかる。

出前館▷1500円未満の注文で420円、1500円以上の注文で380円。さらに800円以下だと手数料が330円かかる。

Wolt▷距離・地域によって異なり、さらに手数料もかかる。

マックデリバリーと出前館は明確に金額表示されていますが、Uber EatsやWoltはその時によって異なります。

商品をカートに入れて初めて金額がわかるので、ちょっと不安に感じるかもしれません。

ただ、Uber EatsやWoltではお得なクーポンを発行することがあります。

こまめにチェックして、お得に注文できるチャンスをゲットしちゃいましょう!