マフィンの冷まし方と時間を解説!焼いた後はラップをするのかなど詳しく紹介

マフィンは粗熱が取れるまでは型に入れたまま自然に冷めるのを待ちましょう。

粗熱が取れたら、ラップなどで乾燥しないように包んでからさらに冷ましておくと美味しく食べれます。

マフィンは比較的初心者の方にも作りやすいお菓子ではありますが、冷まし方や焼いた後保存のポイントを抑えることが重要です。

今回はマフィンの冷まし方や冷ます時間・焼いた後の保管方法や保存できる期間などを詳しく紹介していきます。

マフィンの冷まし方

マフィンの冷まし方

マフィンは焼き上がり後は型から抜かずに、そのまま自然に冷めるのを待ちましょう。

型に入れたまま冷ますことで、生地が落ち着いて取り出しやすくなりますし、形もキレイに仕上がります。

金属型で焼いた場合は、下に鍋敷きなどを置いておくことで下からも熱が逃げやすくなるので早く冷ましてあげることが出来ます。

100均などで売っている紙型で1個ずつバラバラに焼けるタイプのものは、画像のように網に乗せて冷ましてあげましょう。

火傷しないように必ずミトンなどで持ち上げてるなどして気を付けてください。

網がなければお皿の上などに置いて冷ましても大丈夫です。

※ただし、天板の上に置きっぱなしにはしないようにしましょう。

熱い状態で早く冷まそうと扇風機などの風に当てていると、水分が飛んでパサパサになりやすいので自然に冷めるまで待つのがベストです。

冷ます時間はどれくらい?型から外すタイミング

冷ます時間はどれくらい?型から外すタイミング

マフィンを型から外す時は粗熱(触れるくらいになったら)が取れてから外しましょう。

冷ます時間は気温や状況にもよりますので、あくまで触れる位を目安にしてあげるといいです。

ただ、時間的な目安でいうと、筆者の体感では5分~10分くらいで粗熱は取れると思います。

ちなみに粗熱が取れたら、早めに型から外してあげる方がよりはやくに冷めることができるので外しておきましょう。(紙カップで作った場合などはそのままでOK)

焼いた後はラップする?

焼いた後はラップする?

マフィンは粗熱が取れた後はラップやジップロックに入れておきましょう。

包んだ時に多少温かくて、ラップなどに薄っすら白く曇る状態でも大丈夫です。

そうすることで冷めてる間も水分が飛ばずにしっとりとしたマフィンに仕上がります。

すぐに食べない場合はラップや、ジップロックに水滴がついたまま冷蔵庫にいれてしまうとべちゃべちゃになったり、そのままにして放置すると最悪カビが生える原因になるので、新しいラップに変えて包み直して下さい。

また、冷蔵庫に入れる場合は完全に冷めてから保管するようにしましょう。

マフィンをしっとりさせるにはココがポイント

マフィンをしっとりさせるにはココがポイント

マフィンをしっとりさせるポイントは以下の通りです。

  • 1.バターに卵と砂糖を混ぜるときは数回に分けてまぜること
  • 2.オーブンは必ず予熱しておくこと
  • 3.薄力粉を入れたら粉っぽさが無くなる位まで混ぜればOK(混ぜすぎないこと)

マフィンを作る時は必ず卵・バターなど冷蔵庫で普段冷やして保管しているものは必ず常温に戻してから作るようにしましょう。
そうすることで生地が均一に混ざりやすくなります。
※この時バターは溶かしすぎないようにしましょう!柔らかくなっていればOKです。

マフィンをしっとりさせるポイントについて詳しく解説していきます。

ポイント1:バターに卵と砂糖を混ぜるときは数回に分けてまぜること

数回に分けて混ぜることで、均一に混ぜることが出来るので必ず分けて入れましょう。(一気に入れて混ぜてしまうと分離してまう為)

2:オーブンは必ず予熱しておくこと

オーブンを予熱せずに焼いてしまうと、火の通りが悪くなる上に水分が蒸発しやすくなるため、生地がぱさぱさになりやすいです。

4:薄力粉を入れたら粉っぽさが無くなる位まで混ぜればOK(混ぜすぎないこと)

薄力粉を入れてから混ぜすぎると生地が固くなる原因になります。最初はホイッパーなどで混ぜますが、最後に混ぜるときは必ず木べらのようなへらで切るようにさっくりとまぜましょう。

(薄力粉も混ぜるときは数回に分けていれてください)

9割くらい混ざっていたら大丈夫です。

マフィンの保存方法、常温・冷凍どれくらいもつ?

マフィンの保存方法、常温・冷凍どれくらいもつ?

マフィンの保存期間は常温で2~3日、冷凍でおよそ1か月ほど持つことが出来ます。

ただし、常温の場合は夏場などの高温多湿の時期は傷みやすいので次の日には食べきった方が安全です。

(冬場でも暖房がずっと効いてる場所であれば基本冷蔵庫に保存しましょう)

また、冷蔵庫の中か直射日光が当たらない所でラップして保管か、タッパーなどで空気がなるべく触れない状態で保存しておくことでより美味しさを保てます。

保存状態が悪いと乾燥してぱさぱさになったり、風味が落ちたりしてせっかく作ったマフィンの味が悪くなってしまうので、保存はきちんとしておきましょう。

次にマフィンの冷凍保存と解答のやり方です。

マフィンを冷凍する際は冷めた後すぐに冷凍庫に入れるようにしましょう。

この時1つずラップで包んで冷凍しておくと、食べたい分だけ解凍することが出来るのでオススメです。

ちなみにマフィンは冷凍保存の期間が比較的長く出来るお菓子なので、作り置きのお菓子としても最適です。

この時出来れば、急速冷凍してくれる機能がある方の引き出しで保管する方が、より美味しい状態で保管することができます。

そして意外と重要なのが、解凍するときは冷凍する際とは逆で、必ずゆっくり解凍するようにしてください

冷蔵庫に移す→常温(室温)に戻す のようにしてあげることで、生地が解凍時にべちゃべちゃになりにくくなります。

ちなみにこの冷凍と解凍の仕方は基本的には全ての食品に当てはまる方法なので、覚えておきましょう。

解凍したマフィンを食べるときは、レンジで少し温めたり、オーブンで軽く焼いてあげると美味しく食べれます。

いかがでしたでしょうか。マフィンは作り方や冷まし方・保存の仕方で美味しさや風味に差が出てしまうので、マフィン作りの際はぜひ参考にしてくださいね。