生活

ノートパソコン バッテリー無しで使える?【DELL・hp・NEC】バッテリーを外して使う方法

ノートパソコンのバッテリーが無くなっても、ACアダプタに接続していれば使えるものがあります。

 

バッテリー無しでも、動作に問題なければそのまま使っていても問題ないのでしょうか?

 

DELLや、hp、NECなど機種によって異なるのでしょうか?

 

結論から言うと、故障の原因となり得るのであまりおすすめはできません。

 

なぜ推奨されないのか、DELL・hp・NECのサポートページを参考に紹介していきます。

 

 

ノートパソコンをバッテリー無しで使っても大丈夫?

 

ノートパソコンをバッテリー無しで使っても大丈夫?

 

ノートパソコンはACアダプタを外して、バッテリーから電源を確保すれば、コードレスでも使用できるのが良いところですよね。

 

それが良いところでもあるのですが、バッテリーが寿命で使えなくなってもACアダプタで直接電源を確保していれば、通常通り稼働するものが多く存在します。

 

そして稼働するから、使えないバッテリーはそのままにして使っちゃえ!という方も多いと思います。

 

ただ、使えなくなったバッテリーをそのままにして使用するのは、基本的に推奨されていません。

 

代表メーカーのサポートページで、それぞれの理由を確認していきましょう。

 

DELLの場合

 

DELLに限りませんが、多くのノートパソコンは、リチウムイオンバッテリーを採用しています。

 

リチウムイオンバッテリーは特融の障害として、バッテリーの膨張があげられます。

 

膨張してしまったバッテリーをそのまま使い続けると、デバイス エンクロージャまたは内部コンポーネントが損傷して故障の原因となります。

 

膨張したバッテリーは使用せず、ACアダプタも抜いてノートパソコン本体を放電させてください。

 

→参考:DELLサポートページ

 

 

hpの場合

 

hpも時間の経過とともに、バッテリーが多少変形または膨張する場合があることを明記しています。

 

膨張の程度によっては、タッチパッド・キーボード・シャーシなど、システムの他のコンポーネントにまで影響を及ぼすので、使用を続けないよう、注意喚起をしています。

 

ハードウェアの見えないところでの損傷を防ぐために、新しいバッテリーに交換するまでは、ノートパソコンの使用を中止するのが最善でしょう。

→参考:hpサポートページ

NECの場合

 

DELLや、hpでは、正常に使えるバッテリーを内蔵した上で使用する旨が、明確に言われています。

 

しかし、NECの場合はACアダプタのみでノートパソコンを稼働することを中止するようには言われていません。

 

ただ、正常なバッテリーをあえて使用せず、ACアダプタのみで使用すると、正常なバッテリーが過放電して故障の原因となるようです。

 

ノートパソコン本体というより、バッテリーの故障を考慮して、内蔵して使用することが推奨されています。

→参考:NECサポートページ

バッテリーなしでacアダプターのみだと起動しないメーカーのものもあります。

 

続けてみてみましょう。

常に外して使うのはダメなの?

バッテリーが寿命を迎えたとか、劣化させないようにといった理由で「バッテリー外して使う」というという選択もありますよね。

 

ただそのときは、少し注意が必要です。

 

抜けただけで電源が落ちる

家族の誰かが引っ掛けたとか、移動させようとしてピンと貼ってしまった。そのときにもしacアダプターが抜けた場合、そのまま電源が落ちます。

 

当然、バックアップしていないデータは消えてしまします。

 

雷や停電でも落ちる

雷で瞬間的に停電したら、同じように電源が落ちてしまいます。

 

バッテリを外して使うときは「バックアップを常に確保する」という状態を作っておく必要がありますね。

 

 

富士通はバッテリー無しだと起動しない?ダメなケース

 

 

富士通のLIFEBOOKなど、ノートパソコンの種類によっては、バッテリーが内臓されてないと起動できないようなものもあります。

 

パソコンを起動するための電源を確保する回路が、バッテリーとつながっているタイプのノートパソコンです。

 

つまりバッテリーが内臓されていないと電源が確保できないので、正常に使用できるバッテリーが必須となります。

 

この手のタイプで、電力供給が十分に確保できなくなるほど劣化したバッテリーを内蔵すると、ACアダプタをつないでも使用できなくなることがあるので、注意しましょう。

 

 

バッテリーレスのノートパソコンってあるの?

 

 

バッテリーの劣化だの交換だの・・・。

 

気に掛けるのが面倒だからいっそバッテリーレスだったらいいのに!と思う人もいると思います。

 

ただ、ノートパソコンはあくまでも持ち運んでコードレスでも使用ができるというのが、最大のメリットとしてできたパソコンです。

 

そのため、バッテリーレスのノートパソコンは意外と需要が低いため、一般的に流通していません。

 

また、パソコンではありませんが、Windowsが搭載されているバッテリーレスのタブレットはあります。

 

コードでつないだまま使用するタイプなので、バッテリーを気にする必要は無くなるので、煩わしく感じていた人にはいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

ノートパソコンはバッテリーが内臓されているので、コードレスで使用できる+コンパクトな設計で持ち運びができる!というのがメリットの商品です。

 

そのため、基本的にはバッテリーを内蔵しない状態や、故障したバッテリーのままACアダプタのみでの使用は推奨されていません。

 

パソコン本体や、バッテリーの損傷の原因となりますので、控えた方が良いでしょう。

 

バッテリーレスでコンパクトなものが良い時は、Windows搭載のタブレットを使ってみるのも一つの手です。

 

スポンサーリンク

-生活

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.