生活

コインランドリーでぬいぐるみが禁止されてる理由は?

コインランドリーでぬいぐるみが禁止されてる理由は?

コインランドリーでぬいぐるみが禁止されている理由は、ぬいぐるみの縫い目が切れて中綿が出たり、洗濯機が壊れる事があるからです。

 

大切なぬいぐるみをキレイにしたい。

でも、手洗いでは中まできちんとキレイに洗えるか心配。

洗った後も、中までしっかり乾かすにはかなり時間もかかりそう。

 

今回は、コインランドリーでぬいぐるみが禁止されている理由についてお伝えしていきます。

 

洗う時の方法や乾燥のさせ方についても触れていきます。

 

コインランドリーでぬいぐるみが禁止されてる理由は?

コインランドリーでぬいぐるみが禁止されてる理由は?

コインランドリーでぬいぐるみ洗濯を禁止しているのには理由があります。

 

洗濯機のたたき洗いでぬいぐるみの縫い目部分がパツン!と切れて、中綿が出てしまう事があるためです。

 

中綿が出てしまうことで、洗濯機が故障する可能性もあります。

 

また、ぬいぐるみの洗濯機洗いは中綿が偏りやすいので、ぬいぐるみが思わぬ形に変形して戻らない、という事もあります。

 

大事なぬいぐるみがダメになってしまったり、洗濯機を壊してしまって自己責任……なんて事になったらとっても悲しいですよね。

 

 

ですので、まずはぬいぐるみが

・水洗い可能か

・色落ちしないか

・洗濯機洗い可能か

を確認しましょう。

 

その上で問題がなければ、自宅の洗濯機で洗いましょう。

 

 

ぬいぐるみを洗濯機で洗うときの注意点。

いくつかポイントがありますので見ていきましょう。

①洗濯ネットは必ず使う

ぬいぐるみは、タオルで包んでから洗濯ネットに入れましょう。

タオルで包む事で衝撃を和らげて、優しく洗えます。

 

②デリケート洗いなど、優しく洗えるコースを選ぶ

ぬいぐるみは、優しく洗ってあげることが大切。

 

本当は、水に浸けて何度も行う押し洗いがぬいぐるみにとって一番良いのです。

 

洗濯機なら、一番優しい洗い方のコースを選びましょう。

 

 

③小さめの複数のぬいぐるみを同時に洗う

ぬいぐるみのように大きいものを一つだけ洗濯機に入れて洗うと、洗濯機はエラーが起きやすくなります。

大きいぬいぐるみは、吸収する水の量も大量。

更にたたき洗いすると、中綿が崩れて型崩れ必至です。

大きいぬいぐるみを、洗濯機で洗う事は避けましょう。

 

小さめなら複数のぬいぐるみを同時に洗濯機に入れて、バランスの偏りを防ぐのが良いでしょう。

そしてその場合も、ぬいぐるみはそれぞれ、洗濯ネットに入れましょう。

 

 

ぬいぐるみ専用のコインランドリーってある?

ぬいぐるみ専用のコインランドリーは現状なさそうです。

 

但し、ぬいぐるみのクリーニングの依頼を受け付けている業者はあるようです。

 

高額かかるところも少なくないので要注意です。HPや電話などで事前に詳細はしっかり確認しましょう。

 

安心できて納得いく料金で頼める業者が見つかれば、クリーニングをお願いするというのもアリかも知れませんね。

 

 

乾燥機だけ使うのは?

水をたくさん含んだぬいぐるみはとても重たくなっています。

 

ですから、乾燥機の中でも重量感により叩きつけられやすくなっているので、ぬいぐるみが型崩れする事はあります。

 

また、機械を故障させる可能性も洗濯機同様に、もちろん起こり得ます。

 

ですから、コインランドリーでは乾燥機のみだとしても使用しない方が良さそうです。

 

でもどうしても乾燥機を使いたい場合の注意点と、キレイに乾燥させるコツもお伝えしましょう。

 

 

①乾燥機でも洗濯ネットは必ず使う

乾燥機を使う場合でも、ぬいぐるみをタオルで包んでから洗濯ネットに入れます。

そして、乾燥時間は長くても30分で済ませるようにしましょう。

高温によってもぬいぐるみが痛んでしまうからです。

乾燥機で乾き切らない分は自然乾燥で仕上げましょう。

 

②形を整える

洗濯したぬいぐるみは中綿が崩れたり、形にヨレが出来てしまいます。

を入れすぎずに優しく、しっかりと形を整えましょう。

 

③風通しが良いところで陰干しをする

乾燥機を掛けたとしても、残りの水分をしっかりと乾かすには数日かかる事もあります。

キレイに乾かすために、風通しの良いところで陰干しをしましょう。

乾かす際の型崩れを起こさないためにも、ピンチなどで挟んだり吊るしたりせず、台の上に置くなどの平置きで乾かしましょう。

 

浴室乾燥があればベストです!

自然乾燥の半分くらいの時間で乾きます。

 

布団乾燥機の風やアイロンのスチームを当ててあげると、ダニ対策にもなってオススメです。

それらでなくても送風機などで風を当て、しっかりと乾かしましょう。

 

④乾き切る前にブラッシングする

まだちょっとだけ濡れていると感じる状態の時に、表面を丁寧にブラッシングしておきましょう。

ふわふわでキレイな毛並に整えることができますよ。

 

 

まとめ

そもそも、ぬいぐるみ自体に洗濯機の洗濯に向いていないもの、水洗い不可のものもあります。

前もって洗濯表示や素材、色落ちするかどうかなどを調べておきましょう。

 

どうしても洗濯機や乾燥機を使う場合は、

  • デリケート洗いなど、優しい洗い方のコースを選択する
  • 必ず洗濯ネットに入れる
  • 小さめの複数のぬいぐるみをそれぞれ洗濯ネットに入れて同時に洗濯して、偏りのエラーを起こさない
  • 乾燥機を使うときも必ず洗濯ネットを使う
  • 乾かす際も優しく取り扱う

ようにしましょうね。

 

洗濯機や乾燥機を故障させてしまった時は自己責任ですから、心配な方はぜひ手で押し洗いしましょう。

 

水の中で何度も押し洗いする方法、それがぬいぐるみにとって一番優しい洗い方。

型崩れもなく、傷みませんからオススメです。

手洗いでも、丁寧に洗ってあげる事で十分キレイになりますよ♪

 

 

大切なぬいぐるみであればあるほど、優しく洗ってあげたいですよね。

 

いつもいつまでも愛らしくキレイなぬいぐるみと共に、毎日の生活をほのぼのと暖かい気持ちで過ごしましょう。

スポンサーリンク

-生活

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.