調べる

104の番号案内が出ない・つながらないけど廃止された?個人を調べる使い方や、逆に案内を停止する方法

104の番号案内は廃止されていません。

 

ではなぜ104の番号案内が出ない・つながらないといったことが起こるのでしょうか。

 

実は、104で番号案内してもらえる電話番号にはいくつかの条件があります。

 

今回は、104にかけても出ない・つながらない原因や104の番号案内が廃止されたと言われる理由、利用時の料金について、他の電話番号を調べる方法等をご紹介します。

 

 

104にかけても出ない・つながらない時があるのはなぜ?

104にかけても出ない・つながらない時があるのはなぜ?

104の番号案内は電話帳に記載されているものだけに限られているため、住所と氏名(フルネーム)が分かっているからと言っても確実につながるわけではないそう。

 

そのため104の番号案内が出ない・つながらないといった事態が起こりうるようです。

 

また、番号案内は「116」にかけることで案内を停止してもらったり、逆に電話帳に登録していなくても案内可能にしたりしてもらうことができます。

 

116の受付時間は午前9時~午後5時までとなっているので、申し込む場合にはその時間帯にかけるようにしましょう。

 

近年は個人情報を開示したくない人が増加していることから、登録は減少傾向にあるようで、今後104の番号案内で電話番号を調べるのはなかなか難しくなるでしょう。

 

 

携帯からの料金は?

携帯からの料金は?

104の番号案内は固定電話からかけるのと携帯からかけるのとでは料金が異なります。

 

NTTの現在の104の番号案内料金は、以下のようになっています。

 

・午前8時~午後11時までの場合(固定電話)

 

月に一件60円(税抜)、二件目以降は一件当たり90円(税抜)

 

・午後11時~午前8時までの場合(固定電話)

 

一件当たり150円(税抜)

 

 

また、公衆電話からの場合は100円(税抜)、携帯から104の番号案内は『ドコモ、ソフトバンク、au』のどのキャリアでも200円(税抜)とかなり高くなっています。

 

しかし、そんなにお金をかけなくても電話番号を調べられる方法があります。

 

会社やお店を調べたいときはインターネットのホームページから調べることができますし、『iタウンページ』では無料で幅広い分野から検索することが可能です。

 

他にも個人の電話番号を知りたい場合には『ANGEL LINE』を利用すれば、パソコンから直接アクセスして全国の電話番号を調べることができます。

 

料金も昼夜3分10円、深夜4分10円と安くなっているため、複数の電話番号を知りたい場合にお勧めです。

 

 

104が廃止されたというのは本当?

104が廃止されたというのは本当?

104の番号案内が廃止されたという話を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、実は番号案内は廃止されておらず、現在も利用できます。

 

実際に廃止されたのは、案内してもらった番号にそのまま繋いでくれる転送サービスです。

 

現在は転送サービスが廃止され、番号の案内だけされています。

 

ただ、電話帳「ハローページ」については、2020年10月に廃止され、発行・配布がされなくなることが公表されました。

 

廃止の理由としては、携帯電話やインターネットが固定電話にとって代わって普及したことやLINEやDiscord等SNSの通信手段の多様化などが挙げられます。

 

加えて、固定電話が広く使われていた時代は現代に比べて個人情報の保護意識が低かったことから今では固定電話の番号はほとんどネットに流出してしまっている状態です。

 

そのため、セールス電話やオレオレ詐欺等の被害の多くは固定電話にかかってくることが多く危険性が高いので注意が必要です。

 

 

案内される個人は登録してある人だけ?個人情報だけどいいの?

案内される個人は登録してある人だけ?

先ほどもご紹介したように、住所と氏名(フルネーム)さえ分かっていれば個人でも案内できますが、案内されるのは電話帳に記載されている人か、116に電話して登録してもらった人に限られています。

 

個人情報保護、と言われますが電話帳にのっているということは「一般に公開している」という扱いになるんですね。

 

近年は固定電話の登録をする人もかなり減少していることから、ゆくゆくは104の番号案内サービスもいらなくなってしまうことでしょう。

 

このことから、特に個人の電話番号を知りたいときには104の番号案内を利用することは非効率でお金を浪費してしまうことに繋がりかねません。

 

知りたい電話番号が企業やお店のものであるのか個人のものであるのか、目的等に応じて『iタウンページ』や『ANGEL LINE』を上手く活用して調べるようにしましょう。

 

より安価で効率的に知りたい電話番号を入手することができます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

・104は「電話帳に記載されている」又は「116から登録手続きがされている」場合に限り番号案内をしてもらえること。

 

・104の番号案内料金は携帯電話からだとかなり高額になっていること。

 

・転送サービスは廃止されたが104の番号案内自体は現在も残っていること。

 

・お金を節約しながら効率よく電話番号を知りたい場合は104ではなく『iタウンページ』や『ANGEL LINE』を利用すること。等

 

104の番号案内以外のサービスを知らなかったという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今やスマホやパソコンで何でもできる時代に移り変わってきていることから、固定電話を置いている家庭も少なくなってきているため、近い将来104の番号案内が廃止されてしまう可能性もあります。

 

しかし、だからと言って電話番号を調べる手段がなくなってしまったというわけではなく、インターネット等を用いればお金をかけずに簡単に調べることができるのは非常に便利ですね。

 

スポンサーリンク

-調べる

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.