生活

ペットボトルキャップ・蓋が開かない時の対処法はこれ!子供や女性でもできる開け方

ペットボトルのキャップが開かない時は、ゴム手袋を使うといいですよ。

 

他にも、「濡らしたタオルを使う」や「ドアの仕組みを利用する」やり方があるので詳しく説明していきますね。

 

ペットボトルが開かない原因は、ペットボトルの温度に関係があります。

 

ペットボトルのキャップはプラステックで出来ているため、温度により固くなり開けにくくなるのです。

 

女性や子供でも簡単にペットボトルが開けられる方法も紹介していますので、お読みくださいね。

 

ペットボトルのキャップ・蓋が開かないときはこれ

ペットボトルのキャップ・蓋が開かないときはこれ

ペットボトルのキャップが開かないときは次の3つを試してみて下さいね。

 

  • ゴム手袋を使う
  • 濡らしたタオルを使う
  • ドアの仕組みを利用する

 

それぞれ詳しく説明していきます。

 

・ゴム手袋を使う

 

方法は簡単です!

 

ご家庭にあるゴム手袋をつけてそのままキャップを開けるだけです。

 

摩擦の力が強くなるために開けやすくなります。

 

ゴム手袋はキャップ全体を握れるのでさらに開けやすいのでおススメですよ。

 

・濡らしたオルを使う

 

タオルは水でぬらして、しっかりと絞っておきましょう。

 

この湿ったタオルを、ペットボトルのキャップにぐるぐると巻き付けて開けてみて下さい。

 

コツはタオルをかたく絞ることです。

 

しっかり絞らずに水分が多いと、摩擦が弱まってしまうので注意しましょう。

 

・ドアの仕組みを利用する

 

ドアを開けた時にできる隙間を利用します。

 

ペットボトルのキャップをドアの隙間に挟み、ペットボトル側を手で持って回すという方法です。

 

ドアでキャップをしっかりと挟むことがポイントです。

 

注意点は、ペットボトルを斜めにするため開けた時にこぼれてしまう可能性があるので気をつけましょう。

 

握力?老化?ペットボトルが開かない原因

ペットボトルが開かない原因は3つ考えられます。

 

①手やキャップの状態が関係している

 

ペットボトルのキャップは手と蓋の「摩擦」によって開けられます。

 

ペットボトルに水滴がついて濡れている状態だと、摩擦力は低下し思うように力が入らずキャップは開きません。

 

手にもハンドクリームなど油分が多めな状態だと同じで摩擦力は低下します。

 

なかなかキャップが開かない場合は、まず手やキャップの状態を確認するのがおススメです。

 

②ペットボトルの温度

 

アサヒ飲料のお役立ち情報によれば、ペットボトルのキャップは一定の範囲で締める強さを管理しているそうです。

 

そのため、温度などによってプラスチックが固くなり、開けにくさを感じることもあるみたいですね。

 

③握力の低下が原因

 

老化による筋肉や握力の低下が原因とも考えられますね。

 

加齢にともない、全身の筋力が低下するとともに握力も低下していきます。

 

ペットボトルのキャップを開けるために必要な握力は最低15㎏だそうです。

 

高齢者の方は開けにくいのは、握力の低下が原因だと考えられますね。

 

不良品で開かないこともある?

ごくまれにですが、不良品で開かないこともあるみたいですよ。

 

キャップ本体部分とリングが初めからくっついていた為、開かなかったという例があるみたいです。

 

また、何かの強い衝撃によりペットボトルのキャップが歪んでしまって不良品になるケースもあります。

 

その場合には、一度購入したお店で相談してみましょう。

 

そもそもペットボトルはいつから発売されたの?

ペットボトルを使用した炭酸飲料水や果実飲料水は1982年の2月に発売されました。

 

1リットル未満の小さいサイズはその後みたいですね。

 

リサイクルの取り組みが本格化してからの1996年に、今では当たり前に販売されている500mlのサイズが導入されそうです。

 

ちなみに、ペットボトル飲料水の人気商品である「コカ・コーラー飲料水」が日本で生産されるようになったのは昭和31年です。

 

そんな昔からあったなんてびっくりですよね。

 

炭酸のキャップは固い?

炭酸のペットボトルの方が固いと感じる人は多いようです。

 

特に「ウィルキンソン炭酸飲料水」が固いらしいですよ。

 

炭酸のペットボトルは炭酸ガスが入っているため、キャップに圧力がかかってしまい他の種類よりも開けにくいかもしれません。

 

キャップが開かない時の対処法としては、記事前半でお伝えした同じ方法を試してみて下さいね。

 

その他に、ペットボトルについている水滴で手が濡れてしまい力が入らない場合もあるので、よく水滴を拭いてから開けるようにしましょう。

 

ペットボトルのキャップが開く仕組みとは?

そもそもキャップの構成とは、一番上の部分「キャップ本体」とその下にある「リング」そして、それをつないでいる「ブリッジ」から作られています。

 

キャップを回すとブリッジが切れて、開けた時のあの『カチッ』という音が聞こえるのです。

 

キャップが開いたという印としては、下のリングが動くかどうかで判断できますよ。

 

女性や子供でもできる開け方

ゴム手袋や濡れたタオルを使えば、女性や子供でも開けられるので一度試してみて下さいね。

 

他の方法としては、「ペットボトルオープナー」という簡単にペットボトルのキャップを開けられる商品があります。

 

力が入りづらい女性や高齢者の方におススメですよ。

 

最近では100均でも売られているみたいなので、一度探してみてはいかがでしょうか。

 

普段のバッグなどに入れて持っていれば便利ですよ。

 

あと身近な物を使って開ける方法としては、「輪ゴム」ですね。

 

輪ゴムをペットボトルのキャップに数本巻き付けて開ける方法です。

 

輪ゴムを巻き付けることで摩擦が加わり。手も滑りにくくて開きやすいですよ。

 

こちらもバックなどに入れて持ち歩けるので便利ですね。

 

まとめ

今回はペットボトルのキャップ・蓋が開かない時の対処法をを詳しく説明してきました。

 

方法は下記のとおりです。

 

  • ゴム手袋を使う
  • 濡らしたタオルを使う
  • ドアの仕組みを利用する

 

身近にある物を使えば開けれるので、ぜひお試しくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

-生活

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.