料理

手作りプリンの賞味期限は何日?日持ちさせる保存方法や材料を紹介

 

手作りプリンの賞味期限は、冷蔵保存でおよそ2~3日と言われています。

 

なるべく早く食べきりたいけれど、「その都度作るのは面倒だし、まとめて作って保存しておきたい!」という時もありますよね。

 

今回は、手作りプリンを日持ちさせる方法について詳しくご紹介します!

 

手作りプリンをプレゼントやお弁当用に持ち運ぶ時の注意点も取り上げますので、ぜひご覧ください。

 

手作りプリンの賞味期限は?どのくらいもつ?

手作りプリンの賞味期限は?どのくらいもつ?

 

手作りプリンは、卵や牛乳などの傷みやすい材料を使っているため、作ってから2~3日を目安に食べきるのが良いとされています。

 

市販のプリンのように「徹底した衛生管理や品質管理のもとに作られていないこと」、「保存料が入っていないこと」から、どうしても日持ちが短くなってしまうのです。

 

作りたてのプリンは風味豊かでとても美味しいですし、作ってから日を置くことなく、できるだけ早めに食べきりましょう。

 

 

手作りプリンの保存方法は「冷蔵」で、常温で置いておくのは、出来上がって粗熱を冷ましている間の1~2時間のみとしましょう。

 

そして、その後は速やかに冷蔵庫へ入れると良いでしょう。

 

しかし、プリンの粗熱が取りきれておらず、まだ熱い状態のまま冷蔵庫へ入れてしまうと逆効果です。

 

容器の中に熱がこもり、かえって傷みが早くなってしまうので、その点は注意してください。

 

冷蔵庫から取り出して食べる際も、食べる直前に出して時間を置かずに食べてしまいましょう。

 

冷蔵保存の注意点

 

「2~3日」というのは、しっかりとした保存方法で保管した場合の賞味期限です。

 

また、冷蔵庫の中でプリンが乾燥してしまうと、味や食感が損なわれてしまうので、美味しく食べられなくなってしまいます。

 

手作りプリンを冷蔵保存する場合は、プリンをきちんと密閉した状態で保管することが大切です。

 

小さい容器に分けて入れている場合は、それぞれの容器にしっかりとフタをして、更にタッパーの中に入れるのが良いでしょう。

 

ジップロックなどのジッパー付きの袋で包むのもおすすめです。

 

とにかく密閉して保管することが大切で、きちんと密閉すれば冷蔵庫に入っている他の食品からの匂い移りも防げますよ。

 

また、プリンに入っている「卵」は匂いを吸収しやすいので、冷蔵庫の中に匂いの強い食材を入れないようにしましょう。

 

腐ったプリンの見極め方

 

手作りプリンが以下のような状態になっていたら、腐っているサインです。

 

◆異臭がする

 

◆酸っぱい匂いがする

 

◆カビが生えて見た目が変化している

 

また、目に見えておかしく感じなくても、常温で長時間放置してしまったものは念のため口に入れない方が良いでしょう。

 

特に夏場、温かいところで置きっぱなしにしてしまうと、目に見えていなくても菌が繁殖している場合があります。

 

手作りプリンだけでなく、ケーキ屋さんなどで購入したプリンも「市販品より手作りプリンに近い」ので、保存方法には十分注意してください。

 

ゼラチンを使えば冷凍保存できる

ゼラチンを使えば冷凍保存できる

 

プリンを日持ちさせるには、冷凍保存がおすすめです。

 

冷凍保存すれば、なんとおよそ一カ月程度は日持ちすると言われています。

 

※冷凍保存でも、時間の経過とともに風味の劣化は避けられませんので注意してください。

 

その際は、プリンを固める工程で「ゼラチンを入れること」が重要です。

 

ゼラチンには材料を固めて安定させる働きがありますので、解凍しても美味しく食べられますよ。

 

半解凍状態にすれば、アイスのような感覚で味わうこともできます。

 

冷蔵庫の中でゆっくり解凍するのがおすすめで、常温で解凍する場合そのまま放置してしまうと、菌の繁殖に繋がってしまいますので注意してください。

 

特にゼラチンを使ったプリンは火を使わずに作るため「常温の環境だと傷みやすい」ので、注意しましょう。

 

また、蒸しプリンや、焼きプリンなどの手作りプリンは、冷凍保存に不向きですので注意しましょう。

 

というのも、解凍する時にプリンの中の水分が出てしまうので、スポンジのような状態になってしまうのです。

 

 

大量のプリンを作ってしまった…という時は、プリンを使ったアレンジレシピもおすすめです。

 

例えば、「プリントースト」なんていかがでしょうか。

 

【プリントーストの作り方】

 

◆プリンを食パンにしっかりと塗る

 

◆トースターで焼き目が付くまでこんがりと焼く

 

◆仕上げにメープルシロップをかける

 

朝からハッピーな気分で一日をスタートできますよ。

 

手作りプリンに使う材料で違いは?

手作りプリンに使う材料で違いは?

 

手作りプリンは、基本的にはどの材料を使うにしても、早めに食べきることが大切です。

 

保存方法も「冷蔵保存」で、2~3日程度で食べきってしまうのが良いでしょう。

 

日持ちさせたい時には、ゼラチンを使ったレシピで作ってみてください。

 

ゼラチンを使うと冷蔵庫に入れるだけで固まってくれるので、とっても楽ですよね。

 

食感もとってもプルプルになるので、ゼラチンを使って牛乳プリンを作るのもおすすめです。

 

素材を工夫すれば、より濃厚な味わいになりますよ。

 

 

また、手作りプリンに欠かせないカラメルソースですが、カラメルソース単体であれば冷蔵保存で一週間程度保存可能です。

 

カラメルソースだけ作っておいて保存しておくこともできるので便利ですね。

 

持ち運びのとき気をつけること

持ち運びのとき気をつけること

 

手作りプリンを持ち運ぶ際には、密閉容器に入れ、保冷剤などを入れてしっかり冷やすことが大切です。

 

100円ショップでフタ付きの容器が販売されていますし、保冷バックも有効活用すると良いですね。

 

プリンをおしゃれな瓶に入れてフタをするのも、お店のプリンみたいで可愛いですよね。

 

 

また、プリンに菌が繁殖する原因になりますので、温度の高いところに長時間放置しないようにしましょう。

 

プリンが倒れたり、傾かないように水平に持ち運ぶことも大切です。

 

プリンが一つ一つ安定するように、保冷剤とアルミホイルを活用して並べるのもおすすめですよ。

 

まとめ

 

今回は、手作りプリンを日持ちさせる方法についてご紹介しました。

 

手作りプリンの賞味期限はおよそ2~3日で、作ったらなるべく早めに食べきってしまうのが良いでしょう。

 

そして、常温の状態で長時間放置しないようにしましょう。

 

 

手作りプリンは「冷蔵保存」で保管することが大切です。

 

冷蔵庫に入れる際は、フタつきの容器やタッパー、フリーザーパックを有効活用して、空気が入らないようにしっかりと密閉しておきましょう。

 

ネギなどの匂いの強い食材が冷蔵庫の中に入っていると、プリンに匂い移りしてしまう可能性がありますので、匂いの強いものと同じ空間で保存するのはおすすめしません。

 

 

見た目に大きな変化が無くても、常温で長時間放置したプリンは危険ですので注意してください。

 

「知らないうちに食べて食中毒になってしまった…」ということもありますので、念のため口に入れないほうが良いでしょう。

 

 

冷凍保存での賞味期限はおよそ1ヶ月と言われていますが、時間の経過とともに風味は損なわれてしまいますので、冷凍保存の場合でも早めに食べきることを意識すると良いでしょう。

 

冷凍保存の場合はゼラチンを入れて固めるようにして、解凍する際は冷蔵庫の中で解凍するのが良いでしょう。

 

アイスのように、半解凍状態で食べるのもおすすめです。

 

また、プリンを持ち運ぶ際には、しっかりと保冷、密閉を心がけ、水平な状態で持ち運ぶようにすると美味しく食べられますよ。

 

 

簡単な材料で作れて、お家のおやつの時間にぴったりの手作りプリン。

 

保管方法や賞味期限に気を付ければ、より美味しく食べられますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-料理

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.