生活

逆両替できる場所はここ!コンビニやスーパーのセルフレジなら可能?たまった小銭両替の裏技とは

 

逆両替できる場所と言えば、今までは郵便局や銀行が代表的な場所でしたよね。
自販機でも逆両替ができましたが、今は自販機荒らしを防止するためにできなくなりました。

 

2022年1月17日から郵便局での逆両替は有料になってしまいました。各銀行も逆両替をすると有料の手数料がかかるようになりつつあります。

 

しかし、ここ数年で導入されているコンビニやスーパーのセルフレジで、たまった小銭両替をすることができます。

 

そこで今回は、逆両替できる場所と、たまった小銭両替の裏技などについてご紹介していきたいと思います。

 

逆両替できる場所はコンビニやスーパーのセルフレジ

たまった小銭を逆両替するなら、コンビニやスーパーのセルフレジを利用してみましょう。

 

・たまった小銭を減らすことができる
・社会全体で経済をまわすことができる
・個人経営の小さなお店は、小銭両替を金融機関に依頼する手間が減る

 

 

たまった小銭を減らすことができる

 

小銭の管理が面倒だな、苦手だなと感じる人は、スーパーやコンビニで買い物がてら逆両替をしてみてください。

 

あなたが瓶などの容器または財布をパンパンにしている、そのお金の整理が短時間にできて、さらに合計金額がすぐにわかります。

 

 

社会全体の経済をまわすことができる

 

逆両替できたあとのお札と小銭は、是非いろいろなお店やサービスに使ってください。

 

お金をつかうということは、決して悪いことではなく、社会全体の経済をまわすことにもつながります。

 

 

個人経営の小さなお店は、小銭を両替依頼する手間が減る

 

お店は会計の時、支払い金額より大きいお金をだしたお客さんに、お釣りを支払う必要があります。

 

個人経営や比較的小さなお店の場合は、通常はお店側でお釣りとしてつかう準備金という小銭を、有料で金融機関に両替依頼する必要があります。

 

しかし、会計時にお客さんが小銭を出してくれれば、お店はその小銭を別のお客さんのお釣り用として貯めておくことができます。

 

 

セルフレジ利用の注意点 

 

店員がいるレジで会計すると、各金種はそれぞれ20枚までしか使うことができませんが、セルフレジだと例えば1円玉を21枚以上いれても大丈夫です。

 

※お店によっては20枚までとしているところもあるようなので、各お店のセルフレジの利用方法や注意書きを読んでから利用しましょう。

 

セルフレジの機種にもよるようですが、小銭の収容能力には限界があるので、一度に大量の小銭をセルフレジに投入するのはやめましょう。

 

店員さんが来てセルフレジの容器の中の小銭を出して空にする作業が発生するし、その間、待ち時間がかかります。

 

 

まとめ

 

たまった小銭を逆両替するなら、コンビニやスーパーのセルフレジを利用してみましょう。

 

セルフレジを使う時は、機械トラブルや機械エラーが起きないように、一度に大量の小銭をいれないように注意しましょう。

 

逆両替をすると、家に置いてある小銭がギッシリ入った瓶の容器や、小銭でパンパンに膨らんだ財布をスッキリさせることができます。

 

さらに、逆両替した後は、いろんなお店でお金をつかい社会全体の経済をまわしましょう。

 

 

普通の自動販売機で逆両替は可能か

昔は自動販売機で逆両替をできたようですが、最近ではできません。

 

理由は、韓国など外国の変造した硬貨をつかって、それらと似ている旧500円玉硬貨を自動販売機から大量に取り出すという自動販売機荒らしが頻繁に起きたからです。

 

自動販売機荒らしは、自動販売機の設計上の機能を上手く利用した犯罪でした。

 

この自動販売機荒らしを防止する目的で、500円玉硬貨を新たに作り、逆両替をできないように自動販売機の機能をかえました。

 

昔はできた逆両替は、現在では、例えば10円玉15枚を自動販売機に入れたあと、商品ボタンを押さずに返却ボタンを押すと、入れた10円玉15枚が全部返金される仕組みです。

 

この仕組みなら、もし変造硬貨が混ざっていても、全部返金されるので荒らされることはありません。

 

昔は自動販売機で逆両替をできたようですが、自動販売機荒らし防止のために現在はできません。

 

 

銀行で小銭両替すると手数料がかかる?

ある決まった枚数の硬貨なら、各銀行で小銭両替しても手数料がかかりません。

 

この小銭両替というのは、銀行で硬貨を口座に入金した後、お札の状態で引き出すというものです。

 

三井住友銀行:ATMは手数料が無料/窓口は一日に硬貨300枚までなら無料、301枚超えると550円~

 

三菱UFJ銀行:ATMは入金一回あたり硬貨100枚まで無料、101枚超えると550円~

 

みずほ銀行:ATMは手数料が無料/窓口は硬貨100枚まで無料、101枚超えると550円~

 

りそな銀行:ATMは手数料が無料/窓口は一日に硬貨100枚まで無料、101枚超えると660円~

 

ゆうちょ銀行:ATMは手数料が硬貨1枚から有料110円~/窓口は硬貨50枚まで無料、51枚超えると550円~

 

(2021.1.20現在)

 

ATMと言ってもすべてのATMではなくて、窓口併設のもの、銀行の店舗内に設置されたもの、一部のATMの場合もあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

ATMを利用するときは、手数料が無料の時間帯に行きましょう。

 

世界同様に日本でも、キャッシュレス化の方向に進んでいるのは確実なので、いずれ各銀行も現行のルールを改定する可能性はあると思っておいたほうがよいでしょう。

 

 

パチンコ店やゲーセンでもできる?

パチンコ店やゲーセンでは、以前は逆両替機を設置しているお店もあったようですが、現在はほとんど見られなくなったので、逆両替はできない、と思ったほうがよいでしょう。

 

自動販売機と同じように、変造硬貨をつかって機械を荒らされないようするためです。

 

さらに、逆両替機というのは、もともとあまり生産されていなく、需要もあまりなく、多くのお店に設置されていなかったようです。

 

店内のカウンターで、逆両替の依頼をして仮にできたとしても、それは店内で利用するためだけに限定されます。

 

パチンコ業界では法律の壁があるようで難しいようですが、ゲーセンでは電子マネー決済が進んでいるようです。

 

2020年に東京オリンピック開催が決まったこともあり、訪日外国人の旅行者インバウンドに対応するため、ゲーセンでは電子マネー決済の普及がすすんでいます。

 

電子マネー決済が広まると、小銭の使用頻度も少なくなるので、逆両替機がたとえ設置されていたとしても、今後お店から無くなることが考えられます。

 

 

駅の発券機で逆両替はできる?

 

以前は、駅の発券機で逆両替ができたというツイートを確認することができましたが、最近では、逆両替できたというツイートはあまり見られないので、できなくなったようです。

 

やはり、自動販売機やパチンコ、ゲーセンなどと同じように、変造硬貨をつかって機械を荒らされないように発券機の機能を変更したと思われます。

 

さらに、日本銀行法という法律には、紙幣は無制限だけど、貨幣(硬貨)による支払いは、各金種(1円、5円、10円など6種)それぞれ20枚までなら支払いのとき使っていいよ、というルールがあります。

 

貨幣(硬貨)は、普通に使うように枚数が少ないならよいのですが、枚数が多いと保管と計算に時間がかかり、扱いづらくなるからです。

 

駅の発券機は、各金種20枚までという法律を考えて、発券機の機能を変更している可能性があります。

 

公共性のある駅において発券機は、逆両替できないと考えたほうがよさそうです。

 

 

その他の小銭両替の裏技

家族、恋人、信頼できる友人に小銭両替をお願いしてみましょう

 

筆者の実体験談で両替はしなかったけど、高齢の母親が保管していた大量の小銭を、私と母ふたりで各金種ごとに分けて、お礼に少し貰った記憶があります。

 

ちょうどおやつの時間に実家に寄っていたので、母とふたりでゲーム感覚で小銭をジャラジャラさせながら、おしゃべりしてコーヒーを飲んでおやつを食べて、コミュニケーションの一環として過ごすことができました。

 

彼氏の場合は、ポケットが財布代わりになっていたので、小銭を逆両替してあげました。

 

機械だけに頼らなくても、細かいことが好きな人間は意外と身近にいるかもしれませんので、是非聞いてみて下さいね。

 

 

災害時のときの備えとして小銭を用意しておきましょう!

大雨災害や地震が発生したときは、停電により電子マネー決済や店舗内のレジが使えなくなる恐れがあるので、常に小銭を用意しておき、自動販売機や公衆電話、そして店舗の食品などをすぐに買えるようにしておきましょう。

 

みなさん、楽しい小銭ライフを送ってくだいね。

 

-生活

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.