佐川急便 北陸中継センターからの配達日数|輸送中から届く日数は?動かないときは確認できる?

  • URLをコピーしました!

佐川急便、北陸中継センターからの配達日数は、本州なら1〜2日・北海道や沖縄だと3日以上かかります。

また、ステータスが「輸送中」になってから届くまでは1〜2日くらいです。

道路状況や天候などでさらに日数がかかることも。

もし輸送中からステータスが変わらない時は、配達営業所に確認しましょう。

配達営業所は「お荷物問い合わせサービス」に送り状番号を入力するだけで簡単にわかっちゃいます。

便利でオススメですよ。

佐川急便 北陸中継センターから各地域に届く日数

佐川急便 北陸中継センターから各地域に届く日数

佐川急便の北陸中継センターから各地域に届く日数を紹介していきますね。

※飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便の場合の日数となります。

北海道地方 3日以上

東北地方 2日

北陸地方 1日

関東地方 1日

東海地方 1日

近畿地方 1日

中国地方 1日 ※山口県は2日

四国地方 2日

九州地方 2日

沖縄地方 3日以上

となっています。

北海道や沖縄は離島も含まれているので、場所によって3日以上かかることがありますよ。

また、日数はあくまでも目安です。

道路状況や天候によって前後することがあるので覚えておきましょうね。

送り状番号がわかれば、佐川急便公式サイトで荷物の配送状況を確認できるので、利用することをオススメします。

北陸中継センターはどこにある 住所や電話番号は?

北陸中継センターはどこにある 住所や電話番号は?

佐川急便では「北陸中継センターの住所と電話番号はこれ!」といった公表はされていないんです。

公式サイトで営業所検索をすると、北陸近辺の「中継センター」がいくつか出てきます。

紹介しますね。

  • 金沢営業所
  • 福井営業所
  • 小杉営業所
  • 新潟営業所
  • 長岡営業所
  • 長野営業所
  • 上田営業所

最寄りの営業所の当日発送受付時間が過ぎてしまった時、中継センターに持ち込むことができちゃうんですよ。

各中継センターの住所と電話番号は、佐川急便公式サイトに載ってますよ。

そもそも「営業所」と「中継センター」って何が違うんでしょう?

簡単に言うと、

◎営業所・・・荷物の持ち込みや受け取りができる

◎中継センター・・・荷物を仕分けしている場所

といった感じでしょうか。

地域ごとの中継センターを限定して公表してしまうと、問い合わせが増えて仕分け作業に支障が出てしまいますよね。

荷物の問い合わせは、公式サイト内の「輸送状況を調べる」を利用しましょう。

北陸中継センターから動かないときは確認できる?

北陸中継センターから動かないときは確認できる?

佐川急便の公式サイト内では、輸送状況が確認できる便利な「お荷物問い合わせサービス」があります。

送り状番号を入れるとステータスが確認できちゃいます。

もし北陸中継センターから動かないときは、「配達営業所」に確認してみましょう。

電話番号も載っています。

送り状番号を伝えて荷物がどうなっているか確認してもらってくださいね。

実際荷物がまだ配達営業所に届いていないこともあるし、荷物が動いているのにステータスが更新されていない、なんてこともあるんですよ。

忙しい時は更新が遅れてしまうのかもしれませんね…。

いずれにしても、北陸中継センターからしばらく動かないようであれば、記載の配達営業所に確認してみましょう。

北陸中継センターは連絡先が公表されていません。

直接確認ができないことも合わせて覚えておいてくださいね。

輸送中になった荷物が届く日数は?

輸送中になった荷物が届く日数は?

荷物のステータスが「輸送中」の場合、およそ1〜2日で届くことが多いです。

もちろん道路状況や天候で変わることも。

また、沖縄や北海道などの離島はさらに日数がかかるんです。

「輸送中」とは、荷物の集荷から配達までということになるので、『集荷した営業所〜中継センター〜配達営業所』の区間ですね。

状況が気になるなら、佐川急便のサイトで調査可能。

送り状番号を入力するとステータスがわかる、「お荷物問い合わせサービス」が便利ですよ。

ただ、輸送中から数日経っても届かない場合は何らかのトラブルかもしれませんね。

配達営業所に聞いてみましょう。

また、荷物の配達指定日がない場合は後回しになる可能性もあります。

急ぎでない時は良いですが、どうしても必要な荷物がある場合は注文時に日時指定したほうが良さそうですね。

北陸中継センターで遠回りする理由

北陸中継センターで遠回りする理由

佐川急便の北陸中継センターで遠回りする理由は、各営業所からの荷物をいったん集めるから。

中継センターは、集荷した荷物を集めて仕分けするところです。

『集荷の営業所から一番近い中継センター、そして配達営業所』といったルートがもちろん早いでしょう。

でも、荷物は全国各地から集まります。

それぞれの最短ルートで配達するには、トラックも人手も足りません。

そのため、遠回りになったとしても輸送効率が一番良い方法で、仕分けから配達まで行っているんですよ。

もう一つ考えられるパターンがあります。

それは、誤ったトラックに荷物を積んでしまった場合。

中継センターでは多くの荷物が集まるため、稀に仕分けを誤ってしまうことが考えられます。

そうなってしまっても事実を確認するのはなかなか難しいですよね…

ステータスが輸送中のまま動かなくて心配になったら、配達営業所に確認してみてくださいね。