アプリ・スマホ

youtubeの低評価表示を見る方法(iphone・アンドロイド)いつから表示されなくなった?

Youtubeの低評価表示は拡張機能であるReturn YouTube Dislike」をインストールすればみられるようになります。

 

いつの間に低評価表示が非公開となったの?と思われた方もいるのではありませんか?

 

ここでは低評価表示を見る方法や、どうして低評価表示が非公開となったのか、経緯についてもご説明しますね。

 

youtubeの低評価表示が見れないなら拡張機能を入れる

GoogleClomeの場合

 

YouTubeの「低評価数」表示を復活させるブラウザ拡張機能「Return YouTube Dislike」をインストールします。

 

面倒な手順は必要なく、1分くらいで導入できます。

 

「Return YouTube Dislike」はChromeウェブストアから追加することができます。

 

拡張機能の導入が完了したら、後は特に設定等は不要です。

 

導入後にGoogle ChromeでYouTubeで動画を閲覧すると、低評価数と高評価・低評価の比率のグラフが表示されるようになっています。

 

ただし、Googleはハラスメント対策としてYoutubeの低評価数を非表示にする仕様としました。

 

「Return YouTube Dislike」はいつ配信停止となってもおかしくありません。

 

iOSの場合

iOS版のブラウザでは「Return YouTube Dislike」をインストールするだけでは使えません。

 

使うためには「脱獄アプリ」と言うものが必要となります。

 

「脱獄アプリ」とは非公式なアプリであり、動作が不安定でAppleの保証外なので、インストールするときは慎重に検討してください。

 

また、脱獄アプリを使用することでセキュリティ面が心配になることもあります。

 

個人の判断にはなりますが、基本的にはiOS版ブラウザでは使わない方が良いでしょう。

 

youtubeの低評価を見る方法(iphone・アンドロイド)

低評価用のアプリが存在しますが、これらはAndroidのみ使用することができます。

 

iPhoneではこのようなアプリは存在しないことになっているので使用することはできません。

 

無料のアプリは下記の3つです。

 

Dislike Checker
Show Dislike
Dislike Viewer

 

私のおすすめは「Dislike Checker」です。

 

理由として、広告が流れることもなく、一番手軽に使用することができるからです。

 

ちなみにアプリの使い方は3つともほぼ同じです。

 

自分が低評価か確認したいYoutubeの動画を開いて、「共有」から低評価アプリを選択するだけ。

 

「Show Dislike」と「Dislike Viewer」は広告が流れるので、使い勝手は少しよくありません。

 

低評価表示はいつから見れなくなった?

Youtubeの低評価表示は2021年11月から非公開とされました。

 

YouTubeの公式ブログは2021年11月10日、動画の「低評価(dislike)」の数を非公開にすると発表しています。

 

非公開の理由については「クリエーターを嫌がらせから保護するため」としています。

 

ちなみにこの低評価表示を正式に非公開にする前に公開テストが行われていました。

 

その公開テストでは低評価表示を非公開とすることでクリエーターへの攻撃が減ったことを確認できたと言われています。

 

結果、低評価の非公開は2021年11月10日から段階的に導入されました。

 

ただし、低評価ボタンは残っていますし、クリエーター自身は自らの動画の低評価数を見ることができます。

 

低評価を非公開にしたことで、面白半分に低評価ボタンが押されることはなくなったのではないでしょうか。

 

自分の動画の低評価数を表示させるには

自分の投稿した動画の低評価数は実は簡単に確認することができます。

 

YouTube Studio のパソコンサイトを開き、コンテンツの画面の一番右側の「高評価率(低評価比)」の列にマウスカーソルを持っていくだけ。

 

たったこれだけで低評価数がポップアップ表示されます。

 

実に簡単に確認できるのでクリエイターの方にとっては高評価に繋げるための材料になりますよね。

 

YouTube Studioでは自分の動画が、どの世代のどんな人に見てもらえているかデータ化できます。

 

クリエイターによってはこのデータを基にマーケット分析などを行なって、高評価を狙って次の投稿動画作成に活かしているようですよ。

 

return youtube dislikeが使えないときはどうする?

低評価表示を可能とする、GoogleClomeの拡張機能「return youtube dislike」が使用できない場合はGoogleClomeを使用して低評価数を確認することはできません。

 

その場合は、Androidで低評価用アプリを使用して確認するという方法が手っ取り早くできそうですね。

 

ただし、「return youtube dislike」やAndroidの低評価アプリもですが、規制が厳しくなっていつ廃止されてもおかしくない状況です。

 

まとめ

 

Youtubeの低評価表示は拡張機能である「return youtube dislike」を使用すれば見ることが出来る様になります。

 

ただし、クリエイターが自身の投稿動画に対する低評価は拡張機能がなくても確認できる仕様となってます。

 

低評価表示を非公開にすることで、悪戯半分の低評価は少なくなりました。

 

クリエイターを守る措置としてこれが継続されていくと良いですね。

 

-アプリ・スマホ

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.