TwitterのDM送信取り消しする方法|ブロックやアカウント削除したら消える?

TwitterのDMを送信取り消ししたいというとき、実は方法がないんです。

送信取り消しといえば、今やLINEであたりまえに使えますし、InstagramのDMにもある機能ですから、Twitterにないのはちょっと意外ですよね。

でもTwitterには、ブロックとかアカウント削除とか、表示される情報を制限したり消したりする機能がありますよね。

TwitterのDMには「削除」という機能もあります。

今回は、ブロックやアカウント削除を行った場合もDMは送信取り消しできないのか、「削除」と「送信取り消し」はどう違うのか、について紹介していこうと思います。

TwitterのDMを送信取り消しする方法はない?

TwitterのDMを送信取り消しする方法はない?

TwitterのDMには、送信取り消しという機能がありません。

一度送ったメッセージは、会話をしている相手やグループの他のアカウントに届き、送った側からはそれを編集したり消去したりできません。

なので、間違って送ってしまったり、やっぱり送らなきゃよかったと後から思ったりした場合も、相手が見る前にこっそり消す方法はないんです。

他のSNSでは可能なだけに少しまぎらわしいですが、2022年現在、TwitterのDMを取り消しする方法はありません。

TwitterでDMを送るときは、よく確認しましょう!

ブロックしたらDMはどうなる?

ブロックしたらDMはどうなる?

相手のアカウントをブロックしても、DMのやりとりは消えません。

DMについてブロックが影響するのは、お互いに新しいメッセージを送れなくなるという点だけ。

DM画面には「今後、この方にダイレクトメッセージを送ることはできません」と表示されます。

しかし、ブロック前の会話はそのまま残っているので、過去のDMはお互いに見ることができてしまうんです。

ちなみにブロックは、相手に通知こそされませんが、DMのトーク画面等から気づかれてしまう可能性があります。

またブロックを解除しても、フォローの状態等、そのまま元通りになる訳ではありません。

ブロックをしても、今後のやりとりができなくなるだけで、送信済みのDMは何も変わらないことを覚えておきましょう!

Twitterのアカウント削除すればDMも消える?

Twitterのアカウント削除すればDMも消える?

アカウント自体を消した場合も、送信したメッセージをすぐに取り消しできる訳ではありません。

Twitterでアカウントを削除する場合、その瞬間にアカウントのすべてが消去されるのではなく、30日間のアカウント停止状態になるからです。

アカウント削除を行っても、30日の間に再度ログインすると、アカウントを復元できるシステムになっています。

この期間中、プロフィールやツイートはTwitter上に表示されず、他のアカウントから新しいDMが送信できなくなります。

ただし、DMの履歴は残っていて、会話していた相手からは送信済みのメッセージが見える状態です。(ブロックの場合と少し似ていますね!)

Twitterのヘルプページによると、「アカウント停止期間が終了してアカウントが削除されると、送信していたダイレクトメッセージも削除されます」となっています。

削除を実行してから30日が過ぎ、完全にアカウントが消去されると、DMも消えるということですね。

と言っても、消去までに1カ月ほどかかってしまうので、アカウントを削除しても、DMの送信取り消しはできません。

また、アカウントが完全に削除されると復元できないので、注意が必要です!

DMを削除する方法(iPhone・Android)

DMを削除する方法(iPhone・Android)

DMは送信取り消しできませんが、単純に削除することはできます。

ログインしているアカウントのDM画面からのみ、送り主に関係なく、メッセージや画像を消すことができます。

特定の相手やグループとのDMを、まとめて消すこともできます。

Twitterのスマホアプリから簡単に行えるので、それぞれのDM削除方法を見ていきましょう。

DMを一つずつ削除する方法

iPhoneもAndroidも同じ手順です。

  1. DMの個別トーク画面から、削除したいメッセージや画像を長押し
  2. 「自分の受信トレイからメッセージを削除」をタップ
  3. 「メッセージを削除しますか?」と出るので、「削除」をタップ

DMをまとめて削除する方法

iPhoneの場合は

  1. DMの一覧から、削除したい相手やグループの会話を左にスワイプ
  2. ゴミ箱マークの赤いボタンをタップ
  3. 「会話を削除しますか?」と出るので、「削除」をタップ
  • Androidの場合は
  1. DMの一覧から、削除したい相手やグループの会話を長押し
  2. 「会話を削除」をタップ
  3. 「会話を削除しますか?」と出るので、「削除」をタップ

自分が見たくない、履歴に残したくないDM等は、この方法ですぐに消去できます。

削除したら相手側からはどう見える?

削除したら相手側からはどう見える?

こうしてDMを削除した後ですが、会話を共有しているアカウントからは、何も変わって見えません。

DMを消せるのは自分のトーク画面からのみで、他のアカウントのDM画面はこちらから操作できないからです。

DMでメッセージや会話を削除するとき、最後の確認画面にも、「会話に参加している他のアカウントはこのメッセージ(会話)を引き続き表示できます」と出てきます。

削除が相手に通知されたり、気付かれてしまうような表示が出たりもしませんが、自分のDM画面で削除したメッセージも相手には表示され続けます。

一度削除したDMは復元もできないので気をましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、

  • TwitterのDMは送信取り消しできない
  • ブロックしてもDMの履歴は消えない
  • アカウントが完全に消えるとDMも消えるがそれまでに30日はかかる
  • 自分のトーク画面でDMを削除しても相手からは見える

ということをまとめてみました。

気軽にコミュニケーションが取れて便利なDMですが、一つ一つが相手に届き、履歴に残るものだということは意識して使いたいですね。