おでかけ

手塚治虫記念館は外観だけでも楽しめる

宝塚の、手塚治虫記念館に行ってきました。

 

とはいっても、散歩がてら、中には入らず、外側だけ見たのですが、結構楽しめます。

 

手塚治虫は、5歳から24歳まで宝塚で過ごしたそうです。

 

私も子供のころ、「リボンの騎士」や「ジャングル大帝」を夢中になって見ていたので、いくつになっても懐かしいです。

 

館内では、アニメ制作体験などもできるそうですが、中に入らなくても、外壁や敷石を眺めるだけでも、わくわくしてきます。

手塚治虫記念館の入り口では、「火の鳥」のモニュメントが出迎えてくれます。テンションが上がります。

 

建物の外壁には、「リボンの騎士」のサファイヤが。男装の麗人ですね。

 

 

正面玄関前の敷石には、おなじみキャラクターの手形、足型が、たくさんあります。これは、お茶の水博士。

 

 

柱に埋め込まれているサファイヤのレリーフ。こんなに近くで見られるのが。うれしいです。

 

入り口近くにある、ブラックジャックのレリーフです。貫禄あります。素敵。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-おでかけ

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.