料理

オーブントースター1000Wだと温度は何度?温度調節ありってどんな仕組み?

オーブントースター1000Wだと温度は約80度〜230度くらいです。

 

1000Wは一般家庭で使われているオーブントースターの目安なんですよ。

 

温度調節ありのオーブントースターは、ボタンを押すだけで簡単に温度を調節できたり、少量の水を入れて焼くスチーム調理機能付きのオーブントースターなどがあります。

 

まだまだ色々な仕組みを持ったオーブントースターがあるので、購入する時は細かい仕組みを確認した方がいいですね。

 

今日は、「オーブントースター1000Wだと温度は何度?温度調節ありってどんな仕組み?」についてご紹介致します。

1000Wのオーブントースターだと温度は何度?

1000Wのオーブントースターだと温度は何度?

1000Wのオーブントースターだと、温度は「約80度〜230度」くらいです。

 

一般家庭で使われているのは大体1000Wのオーブントースターですね。

 

ちなみにW「ワット」というのは「温度」ではなく、目安の温度になるまでの「時間」を指しています。

 

W数が高ければ高いほど、温度の上昇が早いということです。

1000Wと1200Wでどれくらい違う

1000Wと1200Wでどれくらい違う

1000Wと1200Wで温度の差は約30度くらい違います。

 

1200Wだと温度は「約100度〜260度」なので、1200Wのほうが温度の上昇が早いです。

 

1000Wと1200Wのオーブントースターでトーストを同時に焼くと、1000Wでは約2分、1200Wでは約1分以内に焼き上がります。

 

1200Wのオーブントースターは短時間で焼けるので、使う時は焼き上がりをこまめに確認した方がいいですね。

温度調節ありのオーブントースター・仕組みは?

温度調節ありのオーブントースターの仕組みは、最近だと扉が取り外せて丸洗いできたり、希望の数字に回して簡単に温度を調節できるようです。

 

ほとんどのオーブントースターが約90度〜230度まで調節ができ、大きさは約30cmが多いです。

 

有名なメーカーですと、遠赤グラファイトを搭載したことで0.2秒で発熱できるオーブントースターもあるので、購入の際には細かくチェックした方が良さそうです。

 

また、少量の水を入れて焼くスチーム調理機能付きの温度調節あるオーブントースターもあります。

 

温度調節ができれば、調理の幅も広がりますね!

オーブントースターでオーブンの代用はできる?

オーブントースターでオーブンの代用はできる?

オーブントースターでオーブンの代用はできます。

 

ポイントは、食材に火を通してから使うこと。

 

なぜならば、オーブントースターは中に熱を通すのではなく、焼き色をつけることが得意だからです。

 

火を通さずに使ってしまうと、外が焦げて中が冷たいことになってしまいます。

 

また、ずっと加熱し続けるとオーブントースターの中が高温になるので、途中で切れてしまうことがあります。

 

オーブントースターでオーブンの代用をする時は、目を離さないようにしましょう。

まとめ

今日は、「オーブントースター1000Wだと温度は何度?温度調節ありってどんな仕組み?」についてご紹介致しました。

 

まとめます。

 

・1000Wのオーブントースターだと、温度は「約80度〜230度」くらい。

 

・1000Wと1200Wで温度の差は約30度くらい違う。(1000Wと1200Wのオーブントースターでトーストを同時に焼くと、1000Wでは約2分、1200Wでは約1分以内に焼き上がる。)

 

・温度調節ありのオーブントースターの仕組みは、最近だと扉が取り外せて丸洗いできたり、希望の数字に回して簡単に温度を調節できる。

 

・オーブントースターでオーブンの代用はできる。

 

スチーム機能のオーブントースターは、私もとても興味深かったです。

 

温度調節ありのオーブントースターの購入をご検討されていたら、結構細かく調べた方がいいですよ。

 

それでは皆様、良いオーブントースターライフを!

スポンサーリンク

-料理

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.