LINEの送信取り消しは出来ない?削除との違い

LINEの送信取り消しが出来ないのは、メッセージを送ってから24時間以上経ってしまった場合。

24時間以内であれば送信取り消しボタンで簡単に消すことが出来ますよ。

またLINEには送信取り消しと削除の2種類あります。

送信取り消しは相手のトークルームからメッセージが消えますが、削除ボタンだと相手のトークルームにメッセージが残ってしまうんです。

相手に見られたくない場合は24時間以内に送信取り消しボタンを押すようにしましょう。

この記事ではLINEを快適に利用できるよう、送信取り消しのやり方や削除ボタンとの違いを詳しく解説していきますね。

送信取り消しが出来ない原因 

送信取り消しが出来ない原因

LINEで送信したメッセージを取り消し出来ない原因は主に2点あります。

  • 24時間以上経っているから
  • メッセージを削除してしまったから

では詳しく見ていきましょう。

送信から24時間以上経っている

送ってしまったメッセージをやっぱり取り消したい!となった時、メッセージを長押しすると『送信取消』というボタンが表示されます。

これをタップすれば簡単にメッセージを取り消すことが出来ます。

ただしこれができるのは送信から24時間以内で、それ以上時間が経ってしまうと取消ボタンは表示されないんです。

メッセージを削除してしまった

送信したメッセージ長押しで表示されるボックスには『削除』というボタンもあります。

削除をタップすると、自分のトークルームでのみ送信したメッセージを消すことが出来ます。

いったん削除してしまうと当然メッセージが表示されないので、送信取消ボタンを表示させることができません。

上記以外では、稀に通信環境による問題やLINEの不具合により取消できないこともあります。

ただ多くの場合では、24時間以上経っている・削除してしまったといったケースが多いので、時間やボタン押し間違えには注意してくださいね。

送信取り消しができるのはいつまで?

送信取り消しができるのはいつまで?

メッセージの送信取り消しができるのは24時間以内です。

それ以上時間が経ってしまうと取り消しできなくなるので覚えておきましょう。

24時間以内であればメッセージだけでなく、スタンプや画像・動画・ボイスメッセージなども取り消すことができるんですよ。

さらに、既読がついてしまっても取り消し可能なんです。

ただしこの操作を行うと『メッセージの送信を取り消しました』とトークルームに表示されてしまいます。

この表示はずっと残るため、相手にとってはとても気になりますよね。

ただの誤字なのか、すでに解決したのか、はたまた良くないことが書かれていたのか…

いすれにしてもあまり印象は良くないので、頻繁に使わないように気をつけた方が良さそうですが、取り消す場合は送信後24時間以内に行いましょう。

24時間以内なら取消できるもの

24時間以内なら取消できるもの

送信後、24時間以内なら取消可能なLINEのメッセージ。

誤った内容のメッセージを送ったことにすぐに気づけば、簡単に取り消しすることができます。

取り消したいトークルームのメッセージを長押しするとボックスが表示されるので、その中から『送信取消』を選んでタップしましょう。

24時間以内であればいくらでも取消可能ですが、時間を過ぎると送信取消のボタンは消えてしまいます。

ただ、何らかの事情により取り消しできないと困る!という場合もあるかもしれません。

実は24時間以上経ったあとでも取り消しできる裏技があるんです。

それは、端末の時間と日付を手動で変更すること。

LINEの送受信で認識される日時は、使用している端末の日時となります。

つまり取り消し可能な24時間以内となるように、送信メッセージから遡って端末の日付と時間を変えれば良いんです。

無事に取り消しできたあとは、正しい時間に戻すのを忘れないでくださいね。

手間がかからないように、取り消す場合はできるだけ24時間以内にすることをオススメします。

送信取り消しと削除の違い

送信取り消しと削除の違い

メッセージの送信取り消しと削除の違いは、相手にトークルームにメッセージが残るか残らないかということです。

送信取り消しは24時間以内であれば相手のトークルームからも消えるのでメッセージは残りません。

一方、削除の場合は自分側のトークルームからのみ消えて、相手のトークルームにメッセージが残ります。

ここが大きな違いですね。

削除ボタンを押したからといって相手には何の変化も起こらないんです。

なので、誤った内容を送ってしまったり、うっかり別の人にメッセージを送ってしまった場合には、すぐに『送信取消』を押しましょう。

相手のトークルームに『メッセージの送信を取り消しました』と表示されてしまうものの、未読のうちに取り消ししてしまえば内容を読まれることはありません。

また、送信取消ボタンは同じアカウントでログインした別の端末と同期されます。

つまりスマホで送信したメッセージを取り消しすれば、iPadやパソコン版LINEで開いてもメッセージはちゃんと消えるんです。

削除ボタンだと使った端末のみに適用されるため、別の端末ではメッセージが残ったままになります。

この違いも知っておくと良いですよ。

削除と取消ボタンの押し間違いには十分気をつけましょうね。

送信取り消しできない相手がいる?

送信取り消しできない相手がいる?

メッセージの送信取り消しができない相手は公式アカウントですが、新しいバージョンでは取り消しできるようになっています。

以前までは公式アカウントに送ったメッセージを取り消ししたくても、『送信取消』ボタンが表示されませんでした。

そのため、一度送ったら消す手段が無かったのです。

でも現時点(2022年11月)での最新のバージョン12.19.0だと、送信取消ボタンが表示されてタップすることが可能。

実際に試してみたところ、通常のトークルーム同様に消すことができました!

ただ、こちらで取り消しできても『公式アカウントの利用環境によっては、公式アカウント側にメッセージが残ることがあります』と表示されます。

残念ながら確認することはできませんが、気になる方はアプリを最新バージョンにアップデートしておくと安心ですよ。