ワイパーゴムの交換方法や交換時期は?オートバックスやイエローハットに頼むと価格は?

 

車の窓に付着した雨や雪、汚れを取り除いてくれるワイパー。

 

長く使っていると、拭き取りが悪くなって前が見えづらくなったり、ワイパーから異音がしてきますよね。

 

フロントガラスを綺麗に保つためにも、そのような症状が出る前にワイパーゴムの交換を検討するのがおすすめです。

 

今回は、ワイパーゴムの交換方法や交換時期、その費用についてご紹介します。

 

ワイパーのメンテナンスをお考えの際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ワイパーゴムの交換時期は?どれくらいで変えるのもの?

ワイパーゴムの交換時期は?どれくらいで変えるのもの?

 

ワイパーゴムの交換は、「一年に一回」が目安と言われています。

 

常に雨風や紫外線にさらされているワイパーゴムは、およそ半年ほどで劣化し始めることが多いです。

 

 

【劣化の目安となる症状】

 

◆ガラスにスジ状の線が残る

 

◆拭き取りの際にガタガタとビビる

 

◆水がにじむ

 

◆拭き取りにムラがある

 

◆ガラスとの摩擦で異音がする

 

 

上記のような症状が出てきたら、ワイパーゴムの交換のサインです。

 

また、ワイパーブレード本体のサビや劣化が原因となっている場合もあります。

 

ワイパーゴムが変形したり固くなったりすると、フロントガラスにぴったりと密着出来なくなるため、ガラスに付いた汚れを完全に取り除けなくなります。

 

汚れや砂が残ったままワイパーで拭き取ってしまうと、知らないうちにガラスに細かなキズがついてしまうことも…。

 

フロントガラスのキズは修繕しにくいため、キズをつけないように定期的に交換することが大切です。

 

また、ワイパーの劣化により水分が上手く拭き取れなくなると、運転中に視界が見えづらくなってしまいます。

 

気持ちよく安全に運転するためにも、ワイパーゴムの交換は重要と言えますね。

 

特に異常が見られなくても、ワイパーを使用して半年ほど経過したら点検してもらうことをおすすめします。

 

ワイパーゴムの価格は、タイプによりますが1000円前後で購入できるものが多いです。

 

DIYでもできる?ワイパーゴムの交換方法

DIYでもできる?ワイパーゴムの交換方法

 

ワイパーゴムの交換は、カーディーラーなどでお願いできますが、自分で交換すれば費用を減らせるので助かりますよね。

 

ワイパーブレードやワイパーゴムにはそれぞれ種類がありますので、車や性能に適したものを選びましょう。

 

まずは、ワイパーの構造についてご紹介します。

 

 

【ワイパーの部品について】

 

・ワイパーアーム⇒ワイパーを左右に動かすパーツ

 

・ワイパーブレード⇒ゴムがフロントガラスに沿うように抑えるパーツ

 

・ワイパーゴム⇒水や汚れを拭き取るパーツ

 

※それぞれに役割があるので、どの部分の交換が必要か確認しましょう。

 

 

【ワイパーブレードの種類】

 

・トーナメントワイパー⇒多くの車に取り付けられているワイパーで、強度・拭き取りともに高い性能を持ちます。

 

・フラットワイパー⇒ワイパーブレードとゴムが一つになっているデザインのワイパーで、スマートなので高速走行に向いています。

 

・デザインワイパー⇒トーナメントタイプとフラットタイプの良いところを掛け合わせたようなワイパーで、デザイン性も高い人気のタイプです。

 

 

【ワイパーゴムの種類】

 

・スタンダードタイプ⇒ノーマルなワイパーで、購入時に取り付けられているワイパーのほとんどがこちらです。

 

・グラファイトタイプ⇒グラファイト加工により、ガラスとの摩擦を軽減してくれます。

 

・撥水タイプ⇒撥水効果が高いので、ガラスコーティングの回数を減らせます。

 

・雪用⇒寒さや雪に強いタイプのワイパーなので、降雪が多い地域の冬場に活躍します。

 

 

ワイパーブレードとゴムは、物によっては組み合わせられないことがありますので、確認が必要です。

 

また、交換したい車に取り付け可能なワイパーの種類を確認することも大切です。

 

地域や状況に合わせてワイパーの種類、性能を使い分けることで、車の運転がより快適になりますね。

 

デザインタイプのワイパーは見た目も美しいのでおすすめです。

 

 

【ワイパーの交換方法】

 

※トーナメントワイパーの場合

 

・ワイパーのアームを起こします

 

・ワイパーブレードを取り外します(ストッパーを押しながら斜め下にずらすようにします)

 

・アームを下げる際は、アームの下にタオルなどをしき、ガラスを保護します

 

・ワイパーのゴムを交換します

 

・再度ワイパーのアームを起こし、ワイパーブレードを取り付けます(アーム部分にストッパーが引っかかるようにスライドします)

 

※この時、カチッと音が鳴り、軽く揺らしても落ちないかどうかを確認してください。

 

きちんと取り付けられていないと、走行時に外れてフロントガラスなどを傷つける可能性があります。

 

 

【ワイパーゴムの交換方法】

 

ワイパーゴムの取り外しは、ブレードからスライドすれば簡単に行えます。

 

その際に、ストッパーの位置や接続の仕方に注意してください。

 

取り付け位置が反対になっていると、部品が外れてしまう恐れがありますので、作業前に写真を撮っておくと便利です。

 

※種類によって取り付け方が異なりますので、取り付けるワイパーやゴムの種類に適した方法で行います。

 

オートバックスやイエローハットでの価格は?

オートバックスやイエローハットでの価格は?

 

車の点検などの際にササッと直してもらいたい!という場合は、オートバックスやイエローハットなどの店舗で交換するのも便利です。

 

 

◆ワイパーゴム交換の工賃目安:300円程度 ※交換時間5~10分程

 

⇒イエローハット、オートバックスともにおおよそ上記の価格、時間で交換できます。

 

ワイパーゴムは、オートバックス・イエローハットともに1000円前後となっていますが、交換するものがブレードなのか、ゴムなのか、どのタイプを選ぶかなどによってトータルの費用が変わってきます。

 

交換前に費用を問い合わせてみるのがおすすめです。

 

また、交換の際には車種や型式といった情報が必要になりますので、車検証を持っていかれると良いです。

 

車種に合わせてワイパーを選ぶ必要があるので、対応するものを探す手間が省けて便利ですよね。

 

まとめ

 

今回は、ワイパーゴムの交換方法や交換時期についてご紹介しました。

 

普段意識せずに使用していたという方も、これを機会に定期的にワイパーブレードやゴムの交換を検討してみるのはいかがでしょうか。

 

車の状態を綺麗に安全に保つためにも、半年に一回、一年に一回程度の交換・点検をおすすめします。

 

 

ご自身で交換される際には、取り付けるワイパーの種類が、お車にきちんと対応しているかを確認してください。

 

カー用品店の売り場では「適合一覧表」という、車とワイパーの対応表がありますので、そちらを参考にしてみてください。

 

そして、正しい方法で車に取り付けることが大切です。

 

部品の正しい向きを確認したり、安全に取り付けられているかを確認することで、走行中の破損等を防げます。

 

一度カー用品で取り替えてしまえば、後は同じ物を購入して取り付けるだけなので、手順に慣れれば経費削減になりますね。

 

 

対応するワイパーの種類が分かりづらかったり、交換が面倒な場合は、オートバックスやイエローハット等の店舗で交換するのもおすすめです。

 

ワイパーゴムは1000円前後で購入できますし、交換費用も300円程度ですので、車の点検に合わせてお願いするのも便利ですね。

 

 

異音や拭き取りの異常といった症状が出る前に取り替えることで、車を綺麗に保ち、視界が広がって安全に運転ができます。

 

小さな心がけを積み重ねて、これから暖かくなる季節の快適なドライブを楽しみたいですね。

スポンサーリンク

-

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.