アプリ・スマホ

vpnとは?トンネル・認証・暗号化って?iphoneに設定するデメリットは?メリットやアプリの設定方法まで!

 

「vpnを使うと安全だよって聞くけど、新しいセキュリティーソフトかな?」なんて思っていませんか?

 

vpnは、インターネットを使うときに、安全に利用するための仕組みのことです。

 

私はネットショッピングなどで、クレジットカード決済を使います。

 

クレジットカード情報をやり取りすることになるんですけど、これがもしハッカーや、悪用する人達が勝手に見てたら困りますよね?

 

その時に、vpnを使うことで個人情報の漏えいを防ぐことができる、というわけです。

 

今回はvpnについての

 

・vpnとは?

・Iphoneに設定するメリット・デメリット

・Iphoneで使えるvpn無料アプリ

・設定方法は?

・勝手に接続ができない!切れる!対処方法

 

お話ししたいと思います!

 

 

vpnとは?トンネル・認証・暗号化って?iphoneに設定するデメリットは?

vpnとは?トンネル・認証・暗号化って?iphoneに設定するデメリットは?

 

vpnは、データ通信を安全におこなうための仕組みのことをいいます。

 

こうして今、この記事を読んでくれている状態も、データ通信をしている状況ですね。

 

特に重要なデータ(個人情報とか)を、ネット上でやりとりするうえで、vpnが必要になってきます。

 

ちなみに、正式名称を“Vitual Private Network”。

 

日本語訳だと『仮想プライベートネットワーク』といい、英語の頭文字をとって“VPN”と省略して呼ばれています。

 

 

vpn用の『トンネル』をインターネット回線上に作って、その中を『暗号化』されたデータが通り、相手に届くときは、正しい宛先か確認するために『認証』させるんです。

 

「トンネル?暗号化?認証??」って思いますよね。

 

わかります!

 

トンネルといっても、家とかオフィスにあるインターネット回線に、実際に筒をくっつけてトンネルを作るわけではないですよ?

 

インターネット回線という道をイメージします。

 

普段この道は、いろいろなところに繋がっていて、いろんな人が使っているんですけど、その道に「わたし」と「相手」までのトンネルを作るイメージです。

 

このトンネルは特別製で、暗号化された特別なデータだけを通します。

 

暗号化されてるってことは、「他人がみても、何が書いてあるかわからない状態」ってことです。

 

そこで、認証することで「私がデータをもらう正しい相手です」と確認できれば、この暗号化は解けて、本来のデータがみれるようになります。

 

この一連の流れをする仕組みがvpnです。

 

すごーく簡単に言っているので、詳しく知りたい方は調べてみてくださいね。

 

 

vpnのデメリット3つ

 

「安全に通信してくれるなんで便利~」って思いますけど、良いことがあるなら悪いこともあります。

 

その1)バッテリー消費が増える

 

データ通信にvpnっていう仕組みを挟みます。

 

その分、全体でみると通信量が増えて、バッテリーもちょっと消費が増えちゃう感じ。

 

パソコンでもスマホでも、そこまで急激には減らないので、安心してくださいね。

 

その2)見れないwebサイトがある

 

vpnを使うと、送信元の情報(サーバー情報、IPアドレスなど)を隠してくれるメリットがあります。

 

けど最近webサイト側では、「送信元を隠す相手はそもそも危ない」と判断して、ベシッってはじかれて、webサイトがみれないこともあるんです。

 

ちなみに、vpnによっては、ネットフリックスなどのストリーミングもできない場合があります。

 

その3)絶対安全なわけではない

 

たしかに、データ通信を安全にしてくれる仕組みですが、なにごとにも絶対はない!ということです。

 

無料vpnだとその分コストを削減しているので、セキュリティは低性能になります。

 

仕事などでよく使うとかであれば、有料のvpnの方が高性能なので、おすすめですよ。

 

 

 

iphoneに設定するメリットは?セキュリティ強化になるの?

iphoneに設定するメリットは?セキュリティ強化になるの?

 

「スマートフォンはiPhoneだけど、VPNをいれるメリットってあるの?iPhoneは安全って聞いたことあるけど…」

 

結論から言うと、メリットはあります。

 

入れていて損はないです。

 

たとえば、

・ネットショッピングをよくするからクレジットカード情報を登録する

・ネットバンキングにアクセスする

・仕事でスマートフォンも使っていて、重要な情報をやりとりする

というときは、VPNをいれてデータ通信をすると安心なのでメリットがあります。

 

保険みたいなものですね。

 

「絶対入れたほうがいいですよ!」とはゴリ押しはしません。

 

なぜかというと、iPhoneはセキュリティレベルが高いからです。

 

iPhoneは製品ができあがるまで、いろいろな人(会社)の手が入りません。

 

スマホを動かすためのOSの作成も、スマートフォン本体制作も、すべてiPhoneという会社の中で完結しているからです。

 

androidスマートフォンの場合、スマホを動かすOSはGoogle。

 

スマートフォン本体の製作や初期設定で入っているアプリなどは、各メーカーです。

 

いろいろな人の手が入るということは、『製作段階でトラップを入れやすくなる』ということなんです。

 

(たとえば、アプリのプログラムを組む段階で、勝手に個人情報を送信するようなプログラムを組み込まれてしまうとか…)

 

iPhoneの設定を変更したり、モバイル用のセキュリティアプリをインストールして防御力を上げる手段もあるけど、データ通信自体となると、無防備になります。

 

なので、「VPNを使ってデータ通信の仕組み自体の防御力を強化しちゃおう!」という感じですね。

 

データ通信のセキュリティ強化という点で、VPNはメリットがあります。

 

 

 

iphoneで使えるおすすめのvpn無料アプリは?

iphoneで使えるおすすめのvpn無料アプリは?

 

実はiPhoneで使えるVPNアプリって少ないんです。

 

そこで今回は、そんな少ないVPNアプリのなかでおススメを3つご紹介しますね。

 

その1) Express VPN

 

こちらのアプリは、有料版の配信アプリになります。

 

無料というのは、30日返金保証制度があり実質無料という点。

 

なので、1回試しにVPNを使ってみたいという方におススメです。

 

その2)HIDE me

 

iOS専用のVPNアプリです。

 

使い方もシンプルで、無料版でもセキュリティのプロトコル(種類みたいなもの)が選べます。

 

ただし、毎月無料でできるデータ通信量は2GBまで。

 

どれくらいかっていうと、好きなドラマ1本は余裕で観られるくらいで、書類とかのデータをやり取りするくらいなら十分だと思います。

 

その3)Tunnel Bear

 

無料プランだと、アクセスできるサーバは23か国ほどです。

 

残念ながら、データ通信量は毎月50MBまで。

 

映画1本全部観るには足りないくらい。

 

なので、ストリーミングは不向きなVPN無料アプリですね。

 

外出中にメールを返したり、データのやり取りくらいならできます。

 

 

iOS対応のVPN無料アプリは少ないです。

 

選ぶ時は、データ通信量、サーバ数など参考にしみてくださいね。

 

 

 

vpnアプリの設定方法は?

vpnアプリの設定方法は?

 

VPNアプリは一度設定をすれば、再設定の必要はありません。

 

設定方法のステップは3つ

Step1 アプリ準備

Step2 設定

Step3 接続テスト

 

手間なのは『②設定』です。

 

1つずつ説明していきますね。

 

step1 アプリ準備

 

・VPNアプリをダウンロード

 

・VPNアプリから使いたいサーバを3つくらい選ぶ

 

選ぶとき① 国内か近隣国のサーバを選ぶと通信速度が安定します。

 

選ぶとき② 種別は「L2TP/IPsec」で統一すると楽。(step2の設定でわかります)

 

POINT :選んだサーバの名前とIPアドレスをメモしておく(コピペ)

 

 

step2 設定

 

iPhoneの設定から「一般」をタップ

「VPN」をタップ

「VPNの構成を追加...」をタップ

追加するための設定画面がでてきます

左側に「タイプ」と書かれている欄があります。それをタップ

タイプを「L2TP」を選択して、戻る

次に選んだサーバ情報を打ち込んでいきます。

 

「説明」:どこのサーバがわかれば、大丈夫です。

(例)アメリカのVPNなら『米VPN』とか

 

「サーバ」:半角英数小文字でvpn

 

「アカウント」:半角英数小文字でvpn

 

「パスワード」:半角英数小文字でvpn

 

「シークレット」:半角英数小文字でvpn

 

注意!)サーバ・アカウント・パスワード・シークレットはすべて半角英数小文字で『vpn』じゃないと動作してくれないです。

 

POINT:他のサーバ登録も一緒にやっておきましょう。

 

設定完了!

 

 

Step3 接続テスト

 

接続テストは必ずやっておきましょう!

 

VPNリストにあるものをタップ(どれでもいいですよ。)

選んだVPNに✓マークがついたことを確認

画面上部にある「接続」をONにする

エラーが出なければ接続テストも無事終了です

 

設定お疲れさまでした!!

 

エラーメッセージで「応答しませんでした」という言葉が入っていた場合。

 

サーバが混んでいたり、動いていなかったりして接続できないということかもしれないのです。

 

そういうときは、別のVPNを選んでやり直してみてくださいね。

 

 

 

vpnが接続できない!勝手にオフになる!そんな時は?

vpnが接続できない!勝手にオフになる!そんな時は?

 

「vpnに接続できない…」「使いたいのに勝手にオフになってる」

 

そんなことありませんか?

 

  • 回線が不安定
  • iPhoneの設定上の問題

が原因かもしれません。

 

それぞれ詳しくお話ししますね。

 

回線が不安定

 

VPNは、使用できるサーバを経由して、インターネットで通信をしています。

 

なので、サーバの環境の影響をすごい受けます。

 

・サーバの機能が不安定

・サーバに過剰な負荷がかかっている

 

このような場合、通信速度が低下してVPNの接続がオフになってしまうことがあるんです。

 

そういうときは、サーバを変えてリトライしてみてくださいね。

 

 

iPhoneの設定上の問題

iPhoneの設定上の問題ではいくつかの原因があります。

 

その1)位置情報サービスをオフにする

 

VPNは、他のサーバを一度経由することで、通信元を隠すという特徴があります。

 

そうなると、せっかく通信元を隠そうとしているのに、位置情報サービスによって邪魔をされてしまってVPNの接続が切れてしまうことがあります。

 

位置情報サービスを一度オフにして、VPN接続に接続できるか試す方法があるのでやってみてください。

 

その2)ネットワークを切り替える

 

Wi-FiでVPNを使おうとして接続がオフになってしまう場合は、「LET/4G」に切り替えて再トライすると接続できることがあります。

 

その3)iPhoneを再起動してみる

 

一番古典的なやり方ですね。

 

パソコンでもそうなんですけど、システムが動作をしようとしているときに、何かが引っかかる(イメージのお話です)ことがあります。

 

その引っ掛かりは、再起動で治ることがあって、私もスマホやパソコンで不具合が出たときにやってみる方法の1つです。

 

もしVPNの接続が勝手に切れることがあれば、再起動してみてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

今回はvpnとは?iPhoneに設定するメリット・デメリットなどについてお話をしました。

 

・vpnは、インターネット回線にトンネルを作って安全にデータ通信をするための仕組みです。

 

vpnを入れて通信の安全対策をとるメリットがあります。

 

・デメリットは、『バッテリー消費が少し増える』『見れないwebサイトがある』『絶対安全なわけではない』です。

 

・vpnが勝手にオフになるときは、『サーバを切り替えてみる』『位置情報サービスをオフ』『Wi-Fi→LET/4Gへ切り替え』『再起動してみる』を試してみてくださいね

 

 

最近はカフェでも無料Wi-Fiが完備されていて、インターネットバンキングで振込だったり、外回りの合間に書類を作成して送るなんてことが、当たり前にできるようになりましたよね。

 

良いことがある分、オープンな通信回線は、通信の覗き見が多いのも事実です。

 

自分のスマホに入られない防御も大切なんですけど、『データ通信自体を見られないようにするvpn』も一度使ってみるのはどうでしょうか?

 

「vpnが何かわからない」「メリット・デメリットは?」と、お困りの方の参考になったら嬉しいです。

 

お読みいただきありがとうございました!

 

-アプリ・スマホ

Copyright© いどばた , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.