調べる

0570とはどこの市外局番?何県でもなくナビダイヤルでした。

0570から始まる電話番号は市外局番ではありません。

 

0570の電話番号から電話がかかってくると「0570?どこからだろう。」と不安に思う方も多いかと思われます。

 

そこで、今回は『0570』から始まる電話番号は一体何なのか、市外局番との違いや何に使われているのか、どこからかかってきたのか調べる方法等についてご紹介します。

 

 

0570とは市外局番ではなかった

0570とは市外局番ではなかった

コールセンター等でよく利用されている『0570』から始まる電話番号は、実は市外局番ではなく、NTTコミュニケーションズの『ナビダイヤル』と呼ばれる電話番号サービスだそう。

 

ナビダイヤルは条件によって自動で接続窓口を振り分けることができる電話サービスで、企業側は着信先が全国各地に点在していたとしてもひとつの電話番号で受けることができるメリットがあります。

 

フリーダイヤルの『0120』や『0800』も良く使われていますが、フリーダイヤルは電話を受けた側が料金を負担しなければならないのに比べて、ナビダイヤルは利用者が通話料金を負担しなければならないという違いがあります。

 

そのため、お客様からの注文受付窓口としてフリーダイヤルが良く使われており、苦情や返品処理手続き・再配達等にナビダイヤルが使われています。

 

ナビダイヤルを使うことでクレーム等の言いがかりをつけてくる迷惑電話の防止に効果的なのだとか。

 

また基本的には、『0570』の電話番号はPHSやIP電話からはかけられません。

 

携帯電話でも、企業によってはかからない場合があるので、基本的には一般電話から電話をかけるようにしましょう。

 

 

0570からの着信に折り返しかけると通話料がかかる?

0570からの着信に折り返しかけると通話料がかかる?

『0570』からの着信に折り返し電話を掛けると通話料がかかってしまいます。

 

ナビダイヤルの通話料は、一般電話から電話をかけると1分10円、スマホから電話をかけると1分間で30円と、かなり高いです。

 

注意しなければいけないのは、ナビダイヤルに電話をかけると相手に繋がっていないアナウンスの間にも通話料が発生してしまうということです。

 

短時間で済む通話の際はあまり気にする必要はないかもしれませんが、コールセンターが混みあっていると、オペレーターに繋がるまでかなりの時間がかかってしまうため、お勧めしません。

 

また、「通話料が気になりすぎてゆっくり相談することもできない!という方はオペレーターに折り返し電話をかけてもらうようにお願いすると良いでしょう。

 

また、企業へのお問い合わせ等は、ホームページから相談できるチャット機能が付いていることもあるので確認してみましょう。

 

荷物の再配達などは電話すると通話料が取られてしまうところ、QRコードからネット予約することで、無料で依頼ができてとても便利です。

 

 

迷惑電話の可能性は?

迷惑電話の可能性は?

非常に少ないですが、『0570』で始まる電話番号でも迷惑電話であるケースがあるようです。

 

詐欺や迷惑電話の場合、基本的にはユーザーを油断させるためにフリーダイヤルの『0120』や『0800』を使用する手口が多いようですが、『0570』であっても可能性はゼロではないので気をつけなければなりませんね。

 

とはいっても、『0570』から始まる電話番号の大体は、年金窓口やコールセンター等の身近なものなので、不在着信があった場合はかけ直す前に一度調べてみると良いでしょう。

 

インターネットで電話番号を検索すれば、その電話番号が何に使われているものであるのかおおよそ検討をつけることができます。

 

電話番号検索をすると口コミが表示され、危険性があるのかどうか分かります。

 

また、専用のアプリもあるので、心配な方はアプリを使ってなんの電話番号であるのか表示してくれるようにすると良いでしょう。

 

迷惑電話がしつこくかかってくる場合は着信拒否するように設定すると良いです。

 

 

0570に無料でかける方法はある?

0570に無料でかける方法はある?

『0570』に無料でかける方法はありません。

 

ドコモやau、ソフトバンク等のかけ放題プランであってもナビダイヤルの場合は通話料をとられてしまいますので注意しましょう。

 

無料でなくともなるべくなら安く済ませたいですよね。

 

そんな方にお勧めなのが『050plus』という通話アプリです。

 

このアプリを使えば昼夜関係無く通話料が全国一律で3分で8円だそうなので、『0570』から始まる電話番号にスマホから電話をかけるよりもかなり安く済ませることができます。

 

しかし、050plusはナビダイヤルでしか使用できないので注意が必要です。

 

また、このアプリはNTTコミュニケーションズの提供しているものですが、ナビダイヤルであったとしてもIP電話の着信を拒否するように設定されている際には電話がかからないので気をつけなければなりません。

 

『050plus』でかけてもかからない時や、スマホのかけ放題プランを契約している方は、お問い合わせ先に0570以外の電話番号が併記されている場合にそちらにかけるようにするとお得です。

 

他にも通常は固定電話からかける方が安く済みますが、ナビダイヤルはコールセンターのある場所が自身の家から遠くなればなるほど通話料が高くなってしまうので覚えておきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

・0570から始まる電話番号は市外局番ではなくナビダイヤルであること。

 

・PHSやIP電話からはかけられないため、基本的には固定電話からかけるとよいこと。

 

・0570からの電話であっても迷惑電話がかかってくることがあること。

 

・0570の電話番号に電話をかけるとアナウンス中であっても通話料がとられてしまうこと。

 

・無料でかける方法はないが、『050plus』等の通話アプリからかけると安く済ませられること。等

 

『0570』から始まる電話番号から電話がかかってくることの不安解消や通話料についての疑問が解決できたかと思います。

 

アプリを使ってなるべく安く済ませたり、無料でできる他の手段がないかその都度調べたりするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

-調べる

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.