レターパックはどこで出す?コンビニや窓口での出し方

レターパックは、「郵便局の郵便窓口」・「ポストへ投函」・「集荷サービス」(レターパックプラス赤のみ)で差し出すことができます。

「どこで出すかは分かったけど、コンビニでは?」と思いますよね。

実は、コンビニで店員にレターパックを渡すことはできません

コンビニ店内外に設置されているポストに投函できるのみです。

そして、コンビニの店舗によってはポストのない場所もあるのですが、なんと!全店舗にポストが店内設置されているコンビニもあるんですよ。

今回は、「レターパックはどこで出す?」の疑問について、詳しく紹介していこうと思います。

レターパックはどこで出す?出せる場所まとめ

レターパックはどこで出す?出せる場所まとめ

レターパックを出せる場所は3つあります。

  • 郵便局の郵便窓口
  • ポストへ投函
  • 集荷サービス(レターパックプラス赤のみ)

郵便局の郵便窓口は場所によって異なりますが、平日は17:00まで、土日・祝日は営業していない支店が多い為、ポストに投函できるのはとても便利ですよね。

なるべく早く取集してもらいたい場合は、一日に何度も取集している郵便局敷地内のポストがおすすめです。

様々な事情で気軽に外出できない場合は、集荷サービスの付いたレターパックプラス(赤)を利用すると良いですよ。

レターパックプラス(赤)は、無料で集荷してもらえます。

ちなみにライト(青)は、集荷してもらえません。

集荷依頼の方法はこちら。

  • 集荷専用電話番号0800-0800-111(固定電話・携帯電話ともに無料)
  • Web集荷サービス
  • 郵便局公式LINE

集荷を依頼できる日は、平日だけでなく、土曜日・日曜日・祝日も可能なので助かりますね。

窓口で出すときはお渡しでOK

窓口で出すときはお渡しでOK

レターパックを郵便局の郵便窓口で出すときに、必要な手続きはありません

窓口担当者に渡すだけでOKですが、何点か確認作業があります。

  • 「ご依頼主様保管用シール」をはがしてあるか
  • 表面のお届け先住所などに記入漏れがないか
  • ガイドラインが完全に隠れるように封がしてあるか
  • 重量が4㎏以内か
  • 品名の内容
  • 厚さ3㎝以内か(レターパックライト)
  • 封筒の一部を切り取ったり、形を加工していないか(レターパックプラス)

規定に反している場合は、受け付けてもらえません。

4㎏を超えている場合はゆうパックへ変更、厚さ3㎝を超えている場合はライト(青)からプラス(赤)へ変更となり、二度手間となってしまいます。

今は100円ショップにも、計測口に通すだけでサイズの確認ができる「厚さ測定定規」が販売されているので、計量器と併せて1つ持っていると、便利かもしれませんね。

コンビニでの出し方は?

コンビニでの出し方は?

「コンビニでも出せるよ。」と聞くと、店員が預かってくれるイメージですが、そうではありません。

コンビニ店内外に設置されているポストに投函できる、という意味です。

コンビニの店舗によっては、ポストのない場所もあるので悩んでしまいますが、「ローソン」と「ミニストップ」は全店舗にポストが店内設置されてあります。

確実にポストのある店舗を覚えておくと、いざ利用したいときに便利ですよね。

ポストが設置されているコンビニをまとめました。

  • ローソン全店舗(店内)
  • ミニストップ全店舗(店内)
  • その他コンビニ 各店舗により異なる(店外)

店員に手渡して預かってもらうことはできないので、覚えておきましょう。

ポストに直接投函してもいい?ポストに入らないときはどうする

ポストに直接投函してもいい?ポストに入らないときはどうする

レターパックは、ポストに直接投函してOKです。

ただし、窓口での確認作業を自分で行う必要があります。

  • 「ご依頼主様保管用シール」をはがしてあるか
  • 表面のお届け先住所などに記入漏れがないか
  • ガイドラインが完全に隠れるように封がしてあるか
  • 重量が4㎏以内か
  • 品名の内容
  • 厚さ3㎝以内か(レターパックライト)
  • 封筒の一部を切り取ったり、形を加工していないか(レターパックプラス)

ポストに入らない場合は、郵便窓口へ出すようになります。

ただし、郵便ポストは何代にも渡ってモデルチェンジされていて、全てのポストが同じ投函口のサイズではありません。

2014年以降に登場した郵便ポストは、厚さ4㎝以内が投函可能。

2021年からは、厚さ7㎝以内が投函可能な、大型投函口郵便ポスト(全国で15カ所)が順次登場しています。

レターパックプラス(赤)で、厚みが気になる場合は、新しいタイプの郵便ポストだと入る可能性が高いですよ。

レターパックで到着日の指定は可能?

レターパックで到着日の指定は可能?

レターパックはプラス(赤)・ライト(青)どちらも、到着日と配達時間帯の指定はできません。

しかし、レターパックはどちらも、土曜日・日曜日・祝日も毎日配達されているので、翌日か翌々日には到着する可能性の高いサービスです。

なので、逆算して到着日を予測することは可能です。

スムーズに受け取れる方法として、

  • 受取人と事前に日にちの相談をする
  • 発送時に、お問い合わせ番号を伝えておく

などが考えられそうですね。

レターパックは、ポストに投函もでき、窓口でも手続き不要な、手軽で便利なサービスです。

発送前のチェック作業に、是非お役立てください。