食べ物・グルメ

ウインナーの賞味期限切れっていつまで大丈夫?2日、3日ならいける?

ウインナーは、冷蔵庫だと賞味期限切れ後2、3日くらいは食べることができます。

 

未開封の場合は、冷蔵保存で期限後1週間くらいは大丈夫だともいわれています。

 

冷凍保存であれば、賞味期限切れ後1ヵ月でも食べれるということですが、風味や食感が変わることがあるため注意が必要です。

 

以下の文章では、ウインナーの保存方法や傷んだときにどんなことが起こるのか、大量消費方法などをお伝えしますね。

 

ウインナーの賞味期限切れ・2日、3日、1週間、1ヶ月・・はどう?

ウインナーの賞味期限切れ・2日、3日、1週間、1ヶ月・・はどう?

もしウインナーの賞味期限が切れた場合、どのくらいなら食べられるのでしょうか?

 

 

① 賞味期限より2、3日過ぎてしまった場合

 

賞味期限は消費期限と違い、そもそも賞味期限を過ぎてすぐに品質が悪くなり、体調に影響を及ぼす可能性が少ない食品とされています。

 

そのため、賞味期限よりも2、3日過ぎた場合であれば食べても大丈夫である可能性が高いです。

 

ただし、そもそもの保存状態が保たれているか、食べるときに火を通しているかなど気を付けながら食べる必要がありそうです。

 

 

② 賞味期限より1週間過ぎてしまった場合

 

大袋のウインナーだと賞味期限より1週間経ってしまったけど、あと少し残っている…なんてこともありますよね。

 

市販のウインナーだと加熱処理をされているので大丈夫なのでは?と思うかもしれません。

 

しかし、開封済みのウインナーの場合やちょっとお高めな手作りのウインナーの場合は食べない方が良いといわれています。

 

 

③ 賞味期限より1ヵ月過ぎてしまった場合

 

冷蔵保存のものは、基本的には食べない方がよいとされています。

 

しかし、冷凍保存をした場合に限り1ヵ月を目安に食べきるようにしておくと良いでしょう。

 

1ヵ月以上になると冷蔵保存、冷凍保存に限らず安全に食べられる可能性が低いため、余っていてもったいなくても食べるのは控えた方がよいでしょう。

 

賞味期限切れで痛むとどうなる?

賞味期限が切れ、ウインナーが痛んでくると見た目やにおいが変わってきます。

 

どんな変化があるかをお伝えします。

 

 

① 白くねばねばしたものが付いている

 

② 袋の中の水滴の色が白濁している

 

③ 酸っぱいにおいがする

 

④ 腐ったようなにおいがする

 

これらの変化は、細菌が増えたり、カビが生えたりするため起こるものです。

 

食べてもいいか迷うときは、先ほどの賞味期限からどのくらい過ぎているかということと、この見た目やにおいの変化を一緒にみてみてください。

 

お腹を壊さないように気を付けないといけませんね。

 

賞味期限と消費期限の違い

賞味期限と消費期限は、その商品の性質によって違いがあるのです。

 

その違いについてみていきましょう。

 

 

【賞味期限】

 

袋や容器を開けないままで、保存方法を守って保存していた場合、「決められた日まで品質が変わらずおいしく食べられる期限」のことです。

 

商品としては、スナック菓子、カップ麺、チーズ、缶詰、ペットボトル飲料など、傷みにくい食品に表示されています。

 

製造されてから3か月以上もつ食品は、「日」の表示はなく「年月」で表示することもあります。

 

しかし、開封してしまった場合は、賞味期限に関係なく食べるようにしましょう。

 

 

【消費期限】

 

袋や容器を開けないままで、保存方法を守って保存していた場合、「決められた日まで安全に食べられる期間」のことです。

 

商品としては、お弁当、サンドイッチ、生めん、ケーキなどの傷みやすい食品に表示されています。

 

商品によってはとても短い期限のものもあるため、表示されている日を確認して食べるようにしてください。

 

 

他にも注目したいマーク!

JASマークというものがあります。

 

これは、国が定めた基準以上の品質があることを示すものです。

 

JASマークにはいろいろな種類があり、JASマーク・有機JASマーク・特定JASマーク・生産情報公表JASマークがあります。

 

さらにウインナーには標準・上級・特級と特定のJASマークの種類があります。

 

標準→上級→特級に上がるにしたがって、結着材料とよばれる混ざりものが少ない商品だそうです。

 

ウインナーを買うときにこのマークを探してみてください。

 

開封後の保存方法

ウインナーは常温保存はやめておいてください。

 

未開封の状態であっても、早く傷む原因となります。

 

適切な保存方法は、冷蔵保存または冷凍保存です。

 

 

【冷蔵保存の場合】

 

開封していないものは、そのままの状態で冷蔵庫へ入れてください。

 

開封しているものは、なるべく空気に触れないようにして、できたら密閉して保存をしておくとよいといわれています。

 

 

【冷凍保存の場合】

 

小分けにして、少量ずつラップに包んで保存をします。

 

長持ちして便利な方法なのですが、冷蔵保存の時に比べて風味や味が落ちることがあるのを覚えておいてください。

 

また、解凍後はあまり期間を開けずに食べる方がよいでしょう。

 

便利な方法としては、自分が良く使う大きさに切った状態で小分けにして冷凍をしておくと使いやすいです。

 

 

【冷凍したウインナーの解凍方法】

 

冷凍したウインナーは、常温ではなく冷蔵庫で解凍をしましょう。

 

その他、炒め物や汁物にそのまま解凍せずに入れて使用するという方法もあります。

 

冷凍してたウインナーの賞味期限切れは関係ない?

冷凍保存をしていると、冷蔵保存に比べて安全に食べられる期間が延びます。

 

しかし、あまり長く冷凍していると風味が変わったり、食感が変わる可能性が高くなります。

 

そのため、冷凍保存の場合は賞味期限から1ヵ月くらいを目安に食べ切るのがよいでしょう。

 

 

大量のウインナーはこうやって食べてみよう

賞味期限が近くなったウインナーが大量にある場合、このように調理してみてはいかがでしょうか。

 

① 炒め物

 

お肉の代わりに炒め物として使用してみましょう。

 

野菜はもちろん、卵と炒めたり、チャーハンとして炒めてもおいしそうですね。

 

 

② 汁物

 

汁物に使ってみましょう。

 

スープ類はもちろん合いますが、みそ汁や鍋などの和風の味付けとも相性はいいですよ!

 

 

③ その他の料理

 

焼き鳥の肉の代わりに串刺しにして使ったり、ピザやグラタンなどのトッピング、ポテトサラダなどに混ぜるなど様々な料理に使用することができます。

 

まとめ

ウインナーは、保存方法によって長く使用することができます。

 

大量に買ってしまった場合でも、保存方法や調理方法をうまく工夫しておいしい料理に使いましょう!

 

-食べ物・グルメ

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.