生活

窓拭きに新聞紙はよくない?やり方やコツを紹介|傷がつかないポイントや代用できるもの

窓拭きに新聞紙は良くないと言われる理由は、汚れがついたまま拭くことでガラスが傷ついてしまうから。

 

先に目立つ汚れを水拭きでキレイにしておけば、新聞紙で拭いても問題ありません。

 

特に砂埃がついたまま新聞紙でゴシゴシすると、ガラスが傷つく可能性大です。注意しましょうね。

 

この機会に身近にある新聞紙を利用して、節約・エコな掃除をしませんか?

 

やり方や使い方のコツを教えちゃいます。

 

窓拭きに新聞紙はよくない?きれいにならない理由

窓拭きに新聞紙がよくないと言われる原因は、汚れがひどいまま拭くことで、窓に傷がついてしまうから。

 

放置した汚れはこびりついて、なかなか落ちてくれません。

 

きれいにならない理由はこれなんです。

 

新聞紙で窓を拭くときは、あらかじめホコリや汚れを落としておきましょう。

 

ガラス用洗剤を使ってやわらかいスポンジなどで、優しく汚れを落とすようにしてくださいね。

 

そうすることで新聞紙で拭いても、汚れで窓が傷つくこともありません。

 

キレイに仕上がりますよ。

 

また、新聞紙で拭くとインクが窓につかないか、不安ですよね…

 

でも心配いりません。

 

実は新聞紙のインクは油汚れを分解してくれるんですよ。

 

しかもインクが窓をコーティングしてくれて、ワックス仕上げのようになり、汚れもつきにくくなる効果が。

 

お金をかけずに簡単にキレイにできちゃいます。

 

新聞紙を使った窓拭きのやり方

新聞紙を使った窓拭きのやり方を説明しますね。

 

  1. 目立つ汚れは水拭きしておく
  2. 新聞紙をくしゃっとまるめて、水につける
  3. ギザギザを描くように拭いていく
  4. 新たに別の新聞紙をくしゃっとまるめて、乾拭きする
  5. キレイになったら完了!

 

では詳しく見ていきましょう。

 

目立つ汚れは水拭きしておく

 

砂埃などの汚れがたまっている場合、そのまま新聞紙で拭くと窓に傷がついてしまいます。

 

新聞紙で拭く前に、スポンジなどで軽く水拭きしましょう。

 

手垢が目立つときも同じです。

 

軽く汚れを落としておけば、新聞紙でゴシゴシしすぎる必要はありませんよ。

 

新聞紙をくしゃっと丸めて、水につける

 

新聞紙はきれいに折りたたむ必要はありません。

 

くしゃっと丸めるだけで良いんです。

 

丸まっている方が力が入りますし、拭きやすいですよね。

 

水につけたら、さあ窓を拭いてみましょう。

 

ギザギザを描くように拭いていく

 

窓の上の方から、ギザギザを描くようにこすります。

 

汚れが落ちやすくなりますよ。

 

どんどん汚れが落ちていくと、スッキリして気持ち良いですよね。

 

新たに別の新聞紙をくしゃっとまるめて、乾拭きする

 

汚れが落ちたら、仕上げに乾拭きしてくださいね。

 

新しい新聞紙をまたくしゃっと丸めて、跡が残らないように拭いていきましょう。

 

新聞紙のインクはツヤ出しの効果もあるので、仕上げの乾拭きをオススメします。

 

キレイになったら完了です!

 

新聞紙+炭酸水?綺麗にするコツ

シュワシュワの炭酸水、じつは窓拭きの汚れ落としに最適なんです!

 

炭酸水には二酸化炭素が入っていますよね。

 

この二酸化炭素、実は汚れを浮かす効果があるんですよ。

 

さらに炭酸水は速乾性があるので、仕上げの乾拭きをしなくても良いところも◎。

 

水跡が残りにくいのも嬉しいポイントですよね。

 

炭酸水で汚れを浮かす→新聞紙で油分を分解ということで、『新聞紙+炭酸水=最強の組み合わせ』と言えるかもしれません。

 

ちなみに炭酸水は無糖を選びましょう。

 

少しでも糖分が入っていると、ベタベタしてしまって、逆にホコリや汚れがついてしまいます。

 

また、炭酸が残っているようなら、飲みかけでも大丈夫ですよ。

 

ぜひ『新聞紙+炭酸水』を試してみてくださいね。

 

傷がついたりしないの?

新聞紙で窓を拭くと傷がついたりしない?と心配になりますよね。

 

あらかじめ目立つ汚れを取っておけば、新聞紙で拭いても傷はつかないので安心してください。

 

いきなり新聞紙でゴシゴシすると、傷つく可能性大。

 

特に砂埃は傷つきやすいです。

 

ガラスを傷つけないためにも、まず水洗いしましょう。

 

スポンジやぞうきんに水を含ませて軽く絞り、窓の上から拭いていきます。

 

スプレーボトルに水を入れて窓にシュッと吹きかけ、ぞうきんやスポンジで拭いていくのも良いですよ。

 

目立つ汚れや砂埃が取れたら、新聞紙の出番です。

 

くしゃっと丸めてギザギザを描くように、上からゴシゴシしていきましょう。

 

新聞紙で窓拭きするときはガラスを傷つけないよう、前もって水洗いで汚れを落としておきましょうね。

 

新聞紙の代わり・代用できるもの

新聞紙の代わりに窓拭きに代用できるものを紹介しますね。

 

  • マイクロファイバークロス

 

マイクロファイバーとは、合成繊維でできた素材です。

 

特徴はなんといっても、糸の細さと繊維のかたち。

 

凸凹した繊維の表面が、細かいホコリや汚れをしっかり絡め取ってくれます。

 

また糸が細くて柔らかいので、ガラスを傷つけにくいのも、安心して使えるポイントですよね。

 

吸水性が高いマイクロファイバークロスなら、拭きムラもつきにくいですよ。

 

  • スクイージー

 

スクイージーは、先端にゴムがついたT字型の掃除用具です。

 

ダイソーなどの100均でも入手可能です。

 

水を入れたスプレーボトルを窓にシュッとかけて窓を濡らし、先端のゴム部分をガラスに密着させてゆっくり動かしてください。

 

上から下に、力を均一に入れるのがポイント。

 

ガラスとスクイージーが水平になるようにゆっくり動かしましょう。

 

ただ、スクイージーで汚れを落としただけだと、拭きムラが残ってしまうことがあります。

 

最後に布やきれいなぞうきんで乾拭きすることをオススメします。

 

-生活

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.