厄年の女性に喜ばれるネックレスまとめ|ティファニーほかおすすめブランド

  • URLをコピーしました!

厄年の女性にはネックレスを贈りましょう。

厄年の人へは昔から『長い物』を贈ると良いとされているんです。

長い物を贈ることで長寿を願う気持ちを表すのですよ。

女性へ贈る長い物と言えば、やはりネックレスが人気!

今回は厄年の方へ贈るのにピッタリなネックレスをまとめてみました。

大切な方への贈り物の参考にしてくださいね!

厄年のネックレスにティファニーがおすすめな理由

厄年のネックレスにティファニーがおすすめな理由

ティファニーが厄年の女性への贈り物におすすめな理由は、どの年代の女性のも対応できるからです。

女性の厄年は数え年で19歳が最初です。

(子供の厄年、前厄・後厄は省きます。)

娘さんにご両親から厄年の贈り物としてネックレスをプレゼントすることが多いようです。

18歳と言えば大人の女性の入り口ですよね。

素敵な女性になるように、ハイブランドのネックレスを一生物として贈るご両親も多いのです。

そこでおすすめなのがティファニーなんです。

ティファニーはハイブランドの中でも比較的リーズナブルなアクセサリーも揃っています。


デザインも若い女性に似合う物がたくさんありますよ。

もちろん20代や30代、それ以上の年代の女性にもピッタリなデザインや価格帯のアクセサリーもありますからね。

贈り物におすすめのブランドと特徴

贈り物におすすめのブランドと特徴

ティファニーの他にも素敵なブランドはたくさんありますよ。

ここでは比較的リーズナブルなブランドから女性の憧れのあのハイブランドまで、4つの人気ブランドの特徴などをまとめてみました。

AHKAH   (アーカー)


若い女性に人気が高いのがアーカーです。

デザインは繊細な物が多く、手持ちのネックレスと重ね着けするのもおすすめ。

普段遣いしやすいデザインが多いのも特徴です。

1万円台から手に入るので若いカップルでも手が出しやすいですね。

4℃   (ヨンドシー)



毎日身に着けられるシンプルで洗練されたデザインがコンセプトの4℃のネックレス。

その言葉の通りどんな服装にも似合うデザインのネックレスが揃っていますよ。

価格帯やデザインによって幅広い年代の方への贈り物に対応できます。

Cartier   (カルティエ)



皆さんご存知の憧れハイブランド、カルティエ。

ポップなデザインからゴージャスなものまで様々ですが、カルティエと言えばCハートを挙げる方が多いのでは?

カルティエの頭文字Cで作ったハートのデザインです。

お値段はやはりお高めですが、一生に一度だけでもプレゼントされたいと願う女性は多いですよ。

MIKIMOTO   (ミキモト)



ミキモトといえば真珠。

実は厄年の贈り物は長い物の他に七色の物も良いとされているんです。

真珠は七色の干渉色を放つので、真珠のネックレスは厄年の贈り物にピッタリなんですよ。

せっかく真珠をプレゼントするなら人気の高いミキモトで!

きっと喜ばれることでしょう。

厄年のネックレスはいつ買う・いつ贈る?

厄年のネックレスはいつ買う・いつ贈る?

厄年の贈り物としてのネックレス、いつ買っていつ贈るのが良いと決まっているわけではないんです。

ですが神社での厄払いは元旦から節分までの間に済ますと良いとされています。

なのでその期間にプレゼントするのが良いのではないでしょうか。

もちろんその期間が過ぎてしまっても気持ちのこもったプレゼントなら贈られた方はいつでも喜んでくれることでしょう。

自分で買うのはどうなの?

自分で買うのも有りですよ!

厄年だと気づいたら自分好みのネックレスを探して自分にプレゼントしちゃいましょう!

お気に入りのアクセサリーで厄除けができるなんて、ちょっと得した気分になりそう!

今さら聞けない「長いものを」と言われる理由

長い物には長寿と健康を願う気持ちが込められています。

昔の人は今よりずっと短命でしたよね。

厄年は男女ともに人生の節目の時期で体調を崩すことも多いんですよ。

そんな時に長寿を願って長い物を贈っていたのです。

昔は帯を贈ることが多かったのですが、現代では女性にはネックレス、男性にはネクタイやベルトを贈るのが一般的になりました。

まとめ

厄年にネックレスを贈るのは長寿と健康を願う昔からの習慣です。

大切な人の健康を祈る気持ちは昔も現代も変わらないですよね。

せっかくプレゼントをするなら相手に喜んでもらえる物がいいですよね。

憧れブランドのネックレスで厄除けができたら最高!

でもプレゼント値段ではなく気持ちです。

どんな物を贈ったら喜んでもらえるか、よく考えてみてくださいね。

リサーチも大切ですよ。

プレゼントされた方は自分の健康を祈ってくれている方への感謝の気持ちを忘れないでくださいね。