料理

イナダはブリの子?出世魚の順番とおいしい食べ方・捌き方などまるっと紹介

 

船釣りで釣れるものの定番、「イナダ」。

 

あまりスーパーで「イナダ」という名目で並んでいるのを見るのは少ないですが、イナダはブリの幼魚で出世魚の一つです。

 

そもそも出世魚とはなに?という人のためにも、”出世魚について”からイナダ→ブリへの成長順番を解説していきます。

 

イナダの捌き方の順番やレシピなども、動画を交えて解説していきますので、最後まで読んでイナダマスターになりましょう!

 

イナダは出世魚・順番と大きさ

 

イナダは出世魚・順番と大きさ

 

イナダはブリの出世魚です。

 

出世魚とは、同じ魚でも成長段階で名前が変わる魚のことを言い、”出世”という言葉から縁起のいい魚とされています。

 

イナダの他には、カンパチも出世魚の一つです。

 

ちなみにイナダは、成長段階による呼び名の違いが5段階中で分けられていて、5段階中の3段階めでちょうど真ん中です。

 

イナダの最大サイズが、だれもが聞いたことのあるおいしい魚、”ブリ”となります!

 

最大のブリ(80cm以上)から、ワラサ(60cm~80cm)→イナダ(35~60cm)→ワカシ(35cm以下)→モジャコ(稚魚)という順番で小さくなっていくみたいですね。

 

 

「イナダ」と「ハマチ」の違い

 

「イナダ」と「ハマチ」の違い

 

 

「イナダ」と「ハマチ」はお寿司ででてくると、ほとんど違いが分からないと思います。

 

それもそのはずです。

 

イナダとハマチは個体としては同じものを指します。

 

地域での呼び方が異なるだけです。

 

「イナダ」は関東や東北の呼び方で、「ハマチ」は関西や山陰での呼び方と言われています。

 

イナダ・カンパチ・ヒラマサ似ているけど味の違いは?

 

寿司屋で出てくると、イナダとカンパチとヒラマサの違いが案外分かりにくいです。

 

味の特徴としては、イナダはブリの幼魚ということもあり、一番脂がのっています。

 

そしてイナダ特有の香りがあります。

 

この香りが好きな人と、生臭く感じて苦手な人がいますね。

 

対してヒラマサは、イナダよりも収穫量が少なくて高級魚とされていて脂がすっきりしています。

 

歯ごたえがあるのも特徴です。

 

そしてカンパチは、イナダとヒラマサの間くらいの脂の乗りと歯ごたえですね。

 

 

イナダ・漢字で書くと?覚えられたらすごいかも

 

イナダ・漢字で書くと?覚えられたらすごいかも

 

カタカナ表記が多いイナダですが、漢字で表記することもできます。

 

漢字で表すと、「鰍」と書きます。

 

多分「イナダ」で検索すると出てこないのではないでしょうか?

 

「鰍」の訓読みが「イナダ」で、音読みにすると「シュウ」となるので、「シュウ」と検索しないと出てきません。

 

これがあまり「鰍」=「イナダ」と浸透しないのかもしれませんね。

 

イナダの旬とおいしい食べ方・捌き方

 

イナダの旬とおいしい食べ方・捌き方

 

イナダは魚に秋と書くくらいなので、旬は秋ごろです。

 

正確には夏から秋の始まりごろといわれています。

 

旬のイナダの美味しい食べ方は、やっぱりお刺身やお寿司などの生食がおすすめです。

 

とはいえ、ブリの幼魚ということもあり調理方法はオールマイティーです。

 

塩をかけてシンプルに塩焼き、甘辛に味付けをして照り煮にしたり、ニンニクしょうゆで衣をまぶして竜田揚げにしてもおいしいです。

 

火を通すと少し身が締まるので、鍋物で火を通しすぎると固く感じるかもしれません。

 

イナダの漬け丼は最高においしいので、ぜひ試してほしいレシピです!

 

 

イナダの捌き方

 

美味しくイナダを食べるためには、イナダをさばけるといいですよね。

 

ということで、イナダの捌き方を動画を交えて紹介します。

 

1.包丁を頭からしっぽ側に向かって滑らせて、鱗をとる

 

2.胸びれと腹びれが頭側につくように、斜めに包丁を入れて中骨を切る

 

3.イナダを裏返して、反対側も同じように切る

 

4.尻から頭に向かって包丁を入れて、頭と内臓を一緒に取り出す

 

5.血合いに包丁を入れ、かきとる

 

6.流水で血合い部分をよく洗い、キッチンペーパーなどでイナダの水気をとる

 

7.尾を左にして腹から中骨に沿って包丁を入れる

 

8.半回転させて背中側も中骨に沿って包丁を入れる

 

9.再度半回転させて腹から中骨に沿って包丁を入れ、片身をはがす

 

10.骨に身がついているほうも、7と8の手順で骨から身をはがす

 

11.2枚の身についている腹骨をすく

 

以上が、イナダの3枚おろしの手順です。

 

最初は少しコツが入りますが、何度かチャレンジするときれいに身がとれるようになりますよ。

 

言葉だとなかなかイメージがつきにくいので、動画を参考にするのがおすすめです。

 

 

 

まとめ

 

最後に、今回の内容をまとめます。

 

・イナダはブリの出世魚で、同じ種類の魚を指し、成長段階で呼び名が変わる

 

・呼び名は大きい順で、ブリ(80cm以上)から、ワラサ(60cm~80cm)→イナダ(35~60cm)→ワカシ(35cm以下)→モジャコ(稚魚)

 

・イナダとハマチは同じ種類で同じサイズだけど、地域によって呼び名が異なる

 

・イナダは「鰍」と書き、旬は夏から秋のはじめごろ

 

・お刺身が一番おいしいけど、調理方法は焼く・煮る・揚げるなどオールマイティ!

 

せっかくイナダマスターになったので、旬を迎えたらぜひ自分でさばいて、いろいろな食べ方でたべてくださいね。

 

スポンサーリンク

-料理

Copyright© いどばた , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.