アプリ・スマホ

youtubeでチャンネル登録すると相手にわかる?(iphone・アンドロイド)

YouTubeでチャンネル登録をした時、設定の項目にある「すべての登録チャンネルを非表示にする」をオンに設定していれば、相手に通知が行くことも無く、管理画面でわかることもありません。

 

このチャンネル登録非表示の設定は、基本的には最初から非表示の設定となっているため、誤って触らない限り変更はされません。

 

 

チャンネル登録非表示の設定をせずに気に入った動画のチャンネルを登録をすると、そのチャンネルの管理者へメールで通知が届き、登録した人のアカウントも確認できます。

 

管理者へ届いたメールには、チャンネル登録をした人のアカウント名の記載があり、その人がチャンネルを持っている場合、そのチャンネルに飛ぶことができるようになっているので認識しておきましょう。

 

相手にチャンネル登録した事を知られたくない場合は、あらかじめ設定が「すべての登録チャンネルを非表示にする」がオンになっているか事前に確認しておくのが必須です。

 

 

今回は、YouTubeでチャンネル登録すると相手にわかるのか、iPhoneやアンドロイドで設定方法は違うのか、詳しく解説していきます。

YouTubeでチャンネル登録すると相手にわかる?

YouTubeでチャンネル登録をした時、自分のアカウントの設定で「すべての登録チャンネルを非表示にする」がオンになっている場合は、相手に通知メールが届くこともなく、管理画面で確認することもできません。

 

基本的に、YouTubeを使い始めてから特に設定を変えていない場合、「すべての登録チャンネルを非表示にする」が自動的にオンになっています。

 

 

自分のアカウントの設定を確認するには、YouTubeアプリではなくsafariやchromeなどのブラウザからYouTubeにログインする必要があります。

 

 

ブラウザからログインし、設定画面に移行すると、「履歴とプライバシー」という項目があるので、その中の「すべての登録チャンネルを非表示にする」がオンになっているか確認してみてください。

YouTubeのチャンネル登録で個人情報がばれることは?

チャンネル登録をした時、「すべての登録チャンネルを非表示にする」がオンの設定になっていないと、相手に一部の個人情報がばれてしまう場合があります。

 

チャンネル登録非表示の設定がされていない状態でチャンネル登録をした時に、ばれる可能性がある個人情報として

 

・登録した人のアカウント名

・登録した人のチャンネルのチャンネル登録数や投稿動画

 

が挙げられます。

 

 

もし、アカウント名を本名に設定していた場合には、相手に本名が公開されてしましますし、チャンネルを持っている場合には、投稿している動画が見られてしまいます。

 

相手に自分の情報を見られたくない場合には、必ず「すべての登録チャンネルを非表示にする」がオンに設定されていることを確認しておきましょう。

 

 

また、アカウント名も特に理由が無ければ、本名ではなくニックネーム等で登録しておくことをおすすめします。

 

 

アカウント名の変更手順は、YouTubeのホーム画面右上の丸いマークをタップし、次の画面で「Googleアカウントを管理」をタップします。

 

そうするとGoogleアカウントの管理画面へ移行しますので、個人情報のタブをタップし、基本情報の中の「名前」をタップして名前を変更して完了です。

 

アカウント名の変更は、ブラウザからでなくYouTubeアプリからも変更することができますので、比較的手軽に変更ができます。

 

チャンネル登録を解除したら相手に通知がいく?

チャンネル登録を解除した時、登録時と同じように「すべての登録チャンネルを非表示にする」がオンの設定になっていれば、相手に通知がいくことはありません。

 

チャンネル登録や解除をしたことを、相手に知られたくないという時には、必ず設定を確認してください。

 

 

 

登録チャンネルを非公開にする方法

登録チャンネルを非公開に設定・確認するには、YouTubeアプリでなくSafariやChromeなどのブラウザからYouTubeにアクセスする必要があります。

 

アプリでは「すべての登録チャンネルを非表示にする」の項目が無く、設定や確認ができませんのでご注意ください。

 

 

手順としては、以下のような流れとなります。

 

・safariやchromeなどのブラウザで、自身のYouTubeアカウントにログイン

・右上の丸いアイコンをタップ

・設定をタップ

・履歴とプライバシーをタップ

・「すべての登録チャンネルを非表示にする」をオン

 

以上の手順で進めると、設定が完了します。

 

 

safariやchromeでYouTubeを開くときに、そのまま開くと自動的にYouTubeアプリに移行してYouTubeにログインする場合があります。

 

その場合には、YouTubeの検索結果またはURLを長押しすると出てくるメニューの中から「新規タブで開く」や「新しいタブで開く」、「新しいタブをグループで開く」のいずれかを選び、YouTubeを開くと、ブラウザでYouTubeにログインすることができます。

 

また、iPhoneでもアンドロイドでも操作方法は一緒ですので、上記の方法を試してみてくださいね。

チャンネル登録する意味は•デメリットはある?

チャンネル登録をするメリットやデメリットは以下のようになります。

 

メリット①:お気に入りのチャンネルを毎回検索せずに見ることができる

メリット②:新しい動画が投稿された時に通知を受けとることができる

 

デメリット:たくさんチャンネル登録してしまうとチャンネルが埋もれてしまい、逆に見づらくなってしまう

 

 

チャンネル登録は、お気に入りのチャンネルがある場合、とても便利な機能と言えます。

 

最新の動画も通知が届くことによって、見逃す心配もなくなりますし、検索をしなくて良くなるため、好きなチャンネルをすぐに見ることができますね。

 

デメリットとして、たくさんチャンネル登録をしてしまうと、埋もれてしまって見づらくなってしまう点が挙げられますが、定期的に登録しているチャンネルの整理を行い、見る頻度が減ったものは解除するなどの対応をしてみてください。

 

 

 

いかがでしたか?

 

今回は、YouTubeでチャンネル登録すると相手にわかるのか、iPhoneやアンドロイドで設定方法は違うのか、詳しく解説してきました。

 

YouTubeでチャンネル登録や解除をした時は、「すべてのチャンネル登録を非表示にする」がオンの設定になっていれば、相手(管理者)に通知が行くことはありません。

 

また、iPhoneでもアンドロイドでも、基本的な操作方法は同じですので、アカウント名の変更はYouTubeアプリまたはブラウザから、チャンネル登録非表示の設定はブラウザから、設定してみてくださいね。

-アプリ・スマホ

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.