ゆうパック 着払い伝票はどこでもらえる?コンビニ・郵便局でのもらい方と書き方

ゆうパックの着払い伝票は、ローソン、ミニストップ、セイコーマートの3つのコンビニまたは、郵便局でもらうことができます。

また、ゆうパックの集荷サービスを利用する際にも、もらうことができますよ。

しかし、コンビニや郵便局では、着払い伝票はどこでもらうことができるのでしょうか?

こちらでは、着払い伝票のもらい方や、書き方、アプリの活用方法なども詳しくお伝えしていきたいと思います。

ゆうパックの着払い伝票がもらえるコンビニ

ゆうパックの着払い伝票がもらえるコンビニ

ゆうパックの着払い伝票がもらえるコンビニは

  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート

の3つのコンビニになります。

置き場所はレジの横になります。

ゆうパックの伝票は青色の元払い伝票などもありますが、着払い伝票はピンク色になっています。

また、左上にも「着払い」と書いてあるので確認してみてくださいね。い方

郵便局は営業時間が限られていますが、コンビニは24時間開いているので、いつでももらうことができて、とても便利ですね。

郵便局での着払い伝票のもらい方

郵便局での着払い伝票のもらい方

郵便局には着払い伝票が郵便窓口の横に置いてあります。

もしもわからない時は、窓口で「着払い伝票が欲しい」と伝えればもらうことができますよ。

郵便局の規模の大小にもよりますが、平日のみやっているところや、土曜日のみ、または土日でやっているところもあります。

一度最寄りの郵便局の営業時間など調べておくと良いですね。

もしも郵便局の営業時間外で伝票を入手したい場合は、先ほどもご紹介したように、コンビニで入手することができます。

近くに郵便局がない場合や、お急ぎの方はコンビニに行った方が早いかもしれませんね。

着払い伝票の書き方

着払い伝票の書き方

着払い伝票は下記の手順で進めてみてください。

  1. お届け先を書く
  2. ご依頼主を書く
  3. 配達希望日を書く
  4. 配達希望時間帯を書く
  5. 品名(内容)を書く
  6. 取扱い指定を書く
  7. 個数/個口を書く

お届け先を書く時に、郵便番号を正しく書くように注意してください。

郵便番号を間違えてしまうと、間違った配達局に送られてしまい、余計に日数がかかってしまいます。

郵便番号がわからない場合は、日本郵便のHPの「送る」→「郵便番号を調べる」から郵便番号を検索することができますよ。

ご依頼主の記入欄も、万が一相手の住所に届かなかった場合には返送されることになるので、正しく書いておきましょう。

配達希望日は、配達予定日から10日以内なら指定することができます。

配達希望時間は、希望があれば指定することも可能です。

品名は正しく書く必要があり、下記のような物はゆうパックでは送ることができません。

  • 爆発性、発火性、その他危険性のあるもの
  • 毒薬、劇薬、毒物および劇物
  • 現金
  • 複数の個人情報

など、その他にもいくつかあり、一枚目の伝票の裏面にも記載があるので確認してみてくださいね。

アプリで印刷ができる?

アプリで印刷ができる?

「日本郵便アプリ」を使って、あて名ラベルを作成することができます。

このアプリを使うメリットは、

  • あて名ラベルの手書き不要
  • いつでも配送状況の確認ができる
  • ラベルの作成履歴も保存可能

あて名ラベルをアプリから作成することで、あて名ラベル一覧から、荷物の配送状況をいつでも確認することができます。

その際、お問い合わせ番号の入力は不要です。

一度作成したあて名ラベルは「未発送」と「発送済み」と、それぞれ10件ずつ履歴として保存することができます。

利用方法は以下の手順になります。

  1. お届け先などのあて名ラベルの情報を入力し、二次元コードを作成しておく。
  2. 郵便窓口または専用プリンタ「ゆうプリタッチ」であて名ラベルを印字
  3. 自分でラベルを貼り付けて発送する

専用プリンタの「ゆうプリタッチ」が設置されていない郵便局では、窓口で二次元コードを提示すると担当窓口の方が読み取ってくれます。

アプリを使って作成したあて名ラベルについて、いくつか注意点もありますので、ご紹介します。

  • あて名ラベルは、印字を行った郵便局でしか使うことができない。
  • 着払、チルド、代金引換、セキュリティ等の付加サービスとすることはできない。
  • アプリを削除してしまうと保存されたデータも全て消えてしまう。

以上の注意点も理解したうえで利用すれば、とても便利な機能なので、是非活用してみてくださいね。

伝票に使用期限ってあるの?

伝票に使用期限ってあるの?

ゆうパックの伝票の使用期限は100日間となっています。

使用期限が切れてしまった場合、遅延や誤配送の原因になってしまいます。

その為、使用期限が切れてしまった伝票は使うことができません。

その時はまた新しく送り状を発行する必要があります。

あらかじめまとめて用意する場合は、使用期限と実際に必要な量をある程度見込んだ上で用意しておく方が安心ですね。

まとめ

  • ゆうパックの着払い伝票はローソン、ミニストップ、セイコーマートの3つのコンビニのレジ横に置いてある
  • 郵便局では郵便窓口の横に置いてある
  • あて名ラベルは「日本郵便アプリ」で作成することができる
  • 伝票の使用期限は100日間

これから荷物を発送する場合は、上記を参考に発送手続きを進めてみてくださいね。